世の中にたえて桜のなかりせば あらすじ

世の中にたえて桜のなかりせばあらすじ

 映画「世の中にたえて桜のなかりせば」(三宅伸行監督)は、「終活」をテーマに、“終活アドバイザー”のバイトをしている不登校の女子高生・咲と、同僚の敬三との心温まる物語を描くヒューマンドラマ。アイドルグループ「乃木坂46」の岩本蓮加さんが映画初主演を務める。俳優の宝田明さんが、岩本さんと共にダブル主演を務め、17歳の岩本さんと87歳の宝田さんが、70歳の“年の差コンビ”を組む。

 映画は「終活」をテーマに、“終活アドバイザー”のバイトをしている不登校の女子高生・咲(岩本さん)と、同僚の敬三(宝田さん)との心温まる物語を描くヒューマンドラマ。本作の企画立案を「宝田企画」が担当し、宝田さん自らもエグゼクティブプロデューサーを務める。また、宝田さんの妻役を女優の吉行和子さんが演じる。

 2022年公開。

映画「世の中にたえて桜のなかりせば」のあらすじ