ドラゴンボール超 スーパーヒーローあらすじ

 劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」は、鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目。新作は、前作「ドラゴンボール超 ブロリー」に続き、原作者の鳥山さんが脚本を手がけることも話題となっている。

 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来の劇場版。鳥山さんが原作、脚本、キャラクターデザインを担当する。2022年公開。

 「ドラゴンボール」はマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1984~95年に連載された鳥山さんの人気マンガが原作。コミックスの全世界累計発行部数は約2億6000万部。テレビアニメは、「ドラゴンボール」が1986年2月~1989年4月、「ドラゴンボールZ」が1989年4月~1996年1月、「ドラゴンボールGT」が1996年2月~1997年11月に放送。鳥山さんが手がけた完全新作のオリジナルストーリー「ドラゴンボール超」が2015年7月~2018年3月に放送された。

 劇場版は、1986年12月に第1作「ドラゴンボール 神龍の伝説」が公開。クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなどの人気キャラクターを生み出してきた。2013年3月に約17年ぶりに公開された「ドラゴンボールZ 神と神」は興行収入が約29億9000万円を記録し、2015年4月公開の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」も興行収入約37億4000万円とヒットした。2018年12月公開の「ドラゴンボール超 ブロリー」が、世界の興行収入が135億円を突破したことも話題になった。

公開日

2022年公開

ニュース

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー

「ドラゴンボール超」新作劇場版アニメは「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」 悟空が“進化”

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメのタイトルが「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」に決定したことが7月24日、分かった。孫悟空のビジュアル、映像も公開され、“進化”した姿を見せた。同日開催されたオンラインイベント「Comic-Con @ Home2021」で発表された。

続きを読む

あらすじ

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー

「ドラゴンボール超」新作劇場版アニメは「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」 悟空が“進化”

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメのタイトルが「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」に決定したことが7月24日、分かった。孫悟空のビジュアル、映像も公開され、“進化”した姿を見せた。同日開催されたオンラインイベント「Comic-Con @ Home2021」で発表された。

続きを読む