沈黙のパレード あらすじ

沈黙のパレードあらすじ

 映画「沈黙のパレード」(西谷弘監督)は、歌手で俳優の福山雅治さんが主演を務めた人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の劇場版最新作。2022年に公開。映画は、2013年公開の「真夏の方程式」(同)以来、9年ぶりのシリーズ最新作。福山さんが主人公の物理学者・湯川学役を続投するほか、女優の柴咲コウさんが、2007年の連続ドラマや2008年公開の「容疑者xの献身」(同)に登場した刑事・内海薫役で再登場。湯川と内海のタッグがスクリーンで復活する。

 「ガリレオ」シリーズは、東野圭吾さんの同シリーズが原作のミステリー。天才物理学者の湯川が、自然科学の知識を駆使して難事件を解決する姿を描いた。2007年、2013年にフジテレビ系で連続ドラマ化されたほか、「容疑者xの献身」「真夏の方程式」の劇場版2作品や数々のスピンオフが制作された。

 「沈黙のパレード」では、米国帰りの湯川のもとに、警視庁捜査1課の刑事・内海が相談にやってくる。行方不明になっていた町の人気娘が、数年後に遺体となって発見される。だが、容疑者の男は証拠不十分で釈放される。男は娘の住んでいた町に戻り、堂々と遺族たちを挑発。町全体が憎悪の空気に覆われていく。そして町の秋祭りのパレード当日に、男は死亡。男を殺害する動機がある者には全員アリバイがあり、男の死因も不明。湯川らは難事件に挑むことになる……というストーリー。

 また最新作には、福山さん、柴咲さんのほか、シリーズ初期から出演してきた北村一輝さんが出演する。北村さんは引き続き、湯川と大学の同期の刑事・草薙俊平を演じる。最新作で殺害される男は、草薙がかつて担当した少女殺害事件で無罪となった人物という設定になっている。

映画「沈黙のパレード」のあらすじ