土竜の唄 FINAL ニュース

滝沢カレン、「土竜の唄 FINAL」で“謎の美女” “轟烈雄”には鈴木亮平 意気込む助演陣

11月19日公開の映画「土竜の唄 FINAL」に出演する滝沢カレンさん(上段右)と鈴木亮平さん(上段左) (C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
11月19日公開の映画「土竜の唄 FINAL」に出演する滝沢カレンさん(上段右)と鈴木亮平さん(上段左) (C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館

 俳優の生田斗真さん主演の映画「土竜の唄 FINAL」(三池崇史監督、11月19日公開)に、モデルでタレントの滝沢カレンさんと俳優の鈴木亮平さんが出演することが8月20日、分かった。滝沢さんは「謎の美女」になりすまし、「サーモン」と呼ばれている警視庁組織犯罪対策部長の沙門夕磨(さもん・ゆま)を、鈴木さんは、数寄矢会四代目会長・轟周宝(とどろき・しゅうほう、岩城滉一さん)の息子で、世界各国のマフィアから悪の帝王学を学んだ「百獣の王」こと轟烈雄(れお)を、それぞれ演じる。

 「土竜の唄」は、シリーズ累計発行部数947万部を突破している高橋のぼるさんの同名マンガが原作。素行不良を理由に懲戒免職された警察官・菊川玲二(生田さん)が“モグラ”と呼ばれる潜入捜査官として暴力団内部に入り、幹部を逮捕するために活躍する姿を描いている。映画化第1弾は「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」として2014年に公開。さらに2016年には原作でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を描いた第2弾「土竜の唄 香港狂騒曲」が公開され、いずれも人気を博した。

 新作は、玲二が過去最大級の取引、6000億円の麻薬密輸阻止のため奮闘するが、最強にして最凶の敵・烈雄が現れる。そんな中、沙門にハメられ、恋人の若木純奈(仲里依紗さん)との修羅場も……というストーリー。

 出演者のコメントは、以下の通り。

 ◇滝沢カレンさん

 今回、とっておきの作品に仲間入りしました滝沢カレンです。もう、本当にパワーと熱が渦巻きながら進んでいく物語に、さらに、大波が入ってきたかのようなFINALになっています。こんなダイナミックな映画に出場させてもらえたことが2021年の私の1番話したいことになりそうです。

 そしてサーモンさんという、頭の回転が早くてリーダーのような警察官という夢のような役をいただくことで、もちろん毎日緊張していて大変でしたが、一生の思い出と、自分にとって新たなやる気をもらいました。今、私がこんな世界にいることを、タイムスリップして小学生の自分に伝えたらどれだけの驚き顔になるのか想像できます。

 たくさんの方に、思いが詰まった「土竜の唄」を見ていただけたら幸せです。ありがとうございました!

 ◇鈴木亮平さん

 菊川玲二? 誰だそりゃ。土竜のファイナル? 知らねぇな。おれが百獣の王・轟烈雄だ。ライオンの唄の始まりだぜ! レペゼン新生数寄矢会。時代遅れの雑魚どもはサメの餌にして、特製パスタで世界の王座へボンジョルノ。これからはおれの時代だろ?

 11月だぜ分かったな! てめぇら、俺だけを観に来やがれ!! ガルルル!

 ◇生田斗真さん

 ちょっと奥さん聞いて! 土竜の唄ファイナルに鈴木亮平&滝沢カレンが参戦ですってよ! あら、いやだ。私の大好きなお2人じゃない!

 なんでも鈴木さんは玲二の最大のライバル轟烈雄を、カレンちゃんは謎の女サーモンを可憐(かれん)に演じているそうよ!

 あら奥さん! カレンと可憐をかけたのかしら! つまらないギャグはおやめなさいな! 私のギャグはつまらなくても映画は超絶面白いそうよ! 11月の劇場公開が待ち切れないわ!!

“チャイニーズマフィア”菜々緒が続投 アクション&ムチ「パワーアップ」 8年ぶりに岡村隆史が“帰還”

映画「土竜の唄 FINAL」に出演する(上段左から時計回りに)堤真一さん、仲里依紗さん、岡村隆史さん、菜々緒さん、岩城滉一さん、遠藤憲一さん、皆川猿時さん、吹越満さん (C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
映画「土竜の唄 FINAL」に出演する(上段左から時計回りに)堤真一さん、仲里依紗さん、岡村隆史さん、菜々緒さん、岩城滉一さん、遠藤憲一さん、皆川猿時さん、吹越満さん (C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館

 俳優の生田斗真さん主演の映画「土竜の唄 FINAL」(三池崇史監督、11月19日公開)に女優の菜々緒さんがチャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂(フーフォン)役で出演することが7月20日、分かった。2016年に公開された映画第2弾に続き胡蜂役を続投する菜々緒さんは、「胡蝶が復讐(ふくしゅう)のために帰ってきます!」とアピール。「大開脚でトカゲのパンツを披露したり、ズッポンで顔面バキュームされたり、スケスケの衣装で戦ったり、虎に乗ったりとド派手な胡蜂でしたが、ファイナルにふさわしい豪華キャストの皆様とともに、5年ぶりの胡蝶! アクションとムチもパワーアップして大暴れします!」と語っている。

 「土竜の唄 FINAL」には、主人公の潜入捜査官・菊川玲二(生田さん)と義兄弟の契りを交わした「クレイジーパピヨン」こと日浦匡也役の堤真一さん、玲二の恋人・若木純奈役の仲里依紗さん、谷袋警察署の署長・酒見路夫役の吹越満さん、資料整理室整理係と潜入捜査官養成係という二つの顔を持つ赤桐一美役の遠藤憲一さん、潜入捜査に協力する、厚生労働省関東信越厚生局の麻薬取締部課長・福澄独歩(ふくずみ・どっぽ)役の皆川猿時さん、玲二の最終ターゲットである“数寄矢会”四代目会長の轟周宝(とどろき・しゅうほう)役の岩城滉一さんも引き続き出演する。

 また、2014年公開の映画第1弾で猫沢一誠を演じた「ナインティナイン」の岡村隆史さんが、同役で約8年ぶりに“帰還”する。

 堤さんは、第3弾について「今作も台本が面白いですし、ぶっ飛んでいる玲二が全編を通じて大暴れするので楽しんでいただけるはずです」と自信たっぷりのコメント。さらに「僕自身、物語がどう終わるのかが気になっていましたが、今回の台本を読んでそのラストには衝撃を受けました! 任侠の人でとても魅力あるパピヨン。3作目にしてようやくつかめたところもあったので、ちょっとした遊びも入れられるようになりました。FINALということで、後悔することなく、思いっきり演じています!!」と語っている。

 仲さんは、第3弾の撮影について「久しぶりに皆さんとご一緒し、土竜の唄の世界観を楽しみながら撮影することができました。私自身、こんなにも長く同じ役を演じたことがなかったので、とても感慨深いです」と振り返っている。さらに「FINALということで、終わってしまうのがさみしくもありますが、期待を裏切らない作品になっていますので、公開を楽しみにお待ちいただけるとうれしいです」と語っている。

 岡村さんは、第2弾の出演を逃した当時について「生田斗真君に直接連絡をして『出してほしい』とお願いするも断られました」と冗談めかしつつ、第3弾に出演することについては「何とかすべり込みました。暴れ回る猫沢を楽しみに。ニャー」とコメントしている。

生田斗真主演の「土竜の唄」実写映画版が完結へ 5年ぶり第3作「土竜の唄 FINAL」11月19日公開

「土竜の唄 FINAL」のビジュアル(C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
「土竜の唄 FINAL」のビジュアル(C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館

 俳優の生田斗真さんが破天荒な潜入捜査官を体当たりで演じ人気を博した映画「土竜の唄」の完結作となるシリーズ第3作「土竜の唄 FINAL」が11月19日に公開されることが明らかになった。スタッフ陣は、監督が三池崇史さん、脚本を宮藤官九郎さんというおなじみの面々で、6月中旬に撮影を終えたばかりの生田さんは「シリーズ最高傑作! まだ出来上がってないけど! 激アツ! 気持ちだけは! さぁこれでも食らいな!」とコメントを寄せている。

 「土竜の唄」は、シリーズ累計発行部数947万部を突破している高橋のぼるさんの同名マンガが原作。素行不良を理由に懲戒免職された警察官・菊川玲二が“モグラ”と呼ばれる潜入捜査官として暴力団内部に入り、幹部を逮捕するために活躍する姿を描いている。映画化第1弾は「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」として2014年に公開。さらに2016年には原作でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を描いた第2弾「土竜の唄 香港狂騒曲」が公開され、いずれも人気を博した。

 5年ぶりの新作となる今回の「土竜の唄 FINAL」について、三池監督は「あなたの想像の遥か斜め上を行く『大スペクタクル』」と表現。過去最大となる取引額6000億円に及ぶ麻薬密輸の阻止に奮闘する玲二だったが、シリーズ最強で最凶の敵が立ちはだかり、さらに謎のフェロモン美女にハメられ、恋人・純奈との愛の修羅場も訪れる。果たして玲二は、麻薬密輸を止め、シリーズを通しての最終ターゲット・数寄矢会会長の轟周宝を検挙することができるのか……というストーリー。今年5~6月に撮影が行われ、11月上旬に完成予定。

 派手なゴールドを基調とした「超特報映像」も公開され、金の後光が差す玲二のバックショットから始まる映像は、名シーン“玲二の全裸ボンネット”を皮切りに、シリーズのオールスターが続々と登場するゴージャスな仕上がりとなっている。