そして、バトンは渡された ニュース

石原さとみ、映画「そして、バトンは渡された」で七変化 真っ赤なコート、カジュアルな装いまで…

映画「そして、バトンは渡された」場面写真 (C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
映画「そして、バトンは渡された」場面写真 (C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

 女優の石原さとみさんが、キャリア初の母親役に挑戦する映画「そして、バトンは渡された」(前田哲監督、10月29日公開)の場面写真が9月24日、解禁された。今作では、“ママ”で“悪女”というキャラクターを演じる石原さんだが、真っ赤なコートをシックに着こなす姿や、黒スキニーに白ニットという遊園地らしいカジュアルな装いで、ジェットコースターではしゃぐ姿など、シーンに準じた華麗な七変化を披露している。

 「そして、バトンは渡された」は、累計発行部数が100万部を突破した、瀬尾まいこさんによる同名小説が原作で、主演は永野芽郁さんが務める。血のつながらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった優子(永野さん)と、二人暮らしをしている義理の父親・森宮さん(田中圭さん)。自由奔放な魔性の女・梨花(石原さん)。優子の元に届いた手紙をきっかけに、二つの物語が交差するという展開。

 石原さんが演じる梨花は、みぃたん(稲垣来泉さん)の血の繋がらないシングルマザーで、目的のためには手段を選ばない魔性の女。これまで出演してきた「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系、2016年)や、「恋は Deepに」(同局系、2021年)など、作中で着ている衣装やヘアメークが話題になってきた石原さんの魅力は、今作でも健在だ。

 石原さんは、梨花の衣装についても自身のアイデアを反映させたといい、数々の男性をとりこにしていく役柄に対して、「相手によって雰囲気を少し変えたいと思ってそれぞれ衣装は選びました。梨花という1人の人間の幅をどこからどこまでにしようかということも考えて選びました。梨花が出てくるときのインパクトや、ここで気持ちがこう変化するからここでは黒を着てこっちで派手な服を着ようとか、食べているシーンは上半身が映ることが多いので上半身をきらびやかにしてみるとか、ダラダラしているシーンではきれいめだけどゆるい部分を持ち合わせている方がいいと考えて素材を変えてみるとか、その時の梨花の状況に合わせて考えました」と明かしている。
 
 見た目の華やかさと、母親としてのたたずまいを両立させた石原さんのファッションにも注目だ。

(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

石原さとみ、キャリア初の母親役挑戦 永野芽郁主演「そして、バトンは渡された」で

映画「そして、バトンは渡された」に出演する田中圭さん、永野芽郁さん、石原さとみさん(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
映画「そして、バトンは渡された」に出演する田中圭さん、永野芽郁さん、石原さとみさん(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

 女優の石原さとみさんが、永野芽郁さん主演の映画「そして、バトンは渡された」で、キャリア初の母親役に挑戦することが4月8日、分かった。石原さんは「初めての母親役でしたが、私の周りにもお友達の子供も多いですし、気負わずに演じることができたと思います」とコメントを寄せている。

 「そして、バトンは渡された」は、累計発行部数が77万部を突破した、瀬尾まいこさんによる同名小説が原作。血のつながらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった森宮優子と、二人暮らしをしている義理の父親・森宮さん。ある日突然、娘を残して姿を消してしまった、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花。二つの物語が交差するという展開。

 永野さんが主人公の森宮優子、石原さんがシングルマザーの梨花を演じるほか、田中圭さんが血のつながらない父親・森宮役で出演することも発表された。
 
 永野さんは「自分のお母さんが原作を読んでいて『実写化したら芽郁に演じてほしい』と言われていた小説だったので、うれしくなってすぐに脚本を読ませていただきました。今まで挑戦したことのない役どころでしたが、お母さんのためにも自分のためにも絶対にやりたい作品だと思いました」とコメント。

 田中さんは「血のつながらない親子の関係性を作るのが難しいなと思っていて実際に一筋縄ではいかなかったですが、芽郁ちゃん演じる優子ちゃんとはすてきな距離感になれたらいいなと思って演じました」といい、石原さんは「撮影の合間も(娘役の)くるみちゃん(稲垣来泉さん)とずっと一緒にいましたし、肌と肌が触れている時間を多くしようと心がけていました」と語っている。

 映画は、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」などで知られる前田哲監督がメガホンをとった。2020年10月下旬~11月下旬に撮影が行われ、現在は編集中。今年10月29日に公開される。