ゴジラvsコング あらすじ

ゴジラvsコングあらすじ

 映画「ゴジラvsコング」は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズと「キングコング:髑髏島の巨神」がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの最新作。「ザ・ゲスト」や「デスノート/Death Note」のアダム・ウィンガード監督がメガホンを取る。

 俳優の小栗旬さんのハリウッドデビュー作で、小栗さんは、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前2作に登場した芹沢猪四郎博士(渡辺謙さん)の息子・芹沢蓮を演じる。

映画「ゴジラvsコング」のあらすじ