映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園 あらすじ

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園あらすじ

 映画「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」は、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の29作目となる劇場版最新作。2021年4月23日に公開。最新作は、シリーズ初の“本格風”学園ミステリーとなる。しんのすけたちカスカベ防衛隊が学園に体験入学することになり、そこで起こる謎の怪事件に巻き込まれる。「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」で知られる高橋渉さんが監督を務め、「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」などのうえのきみこさんが脚本を手掛ける。

 制服を着たカスカベ防衛隊が描かれたティザービジュアル、予告映像も公開された。予告映像では、カスカベ防衛隊が、超エリート校である天下統一カスカベ学園(通称・天カス学園)を訪れる様子が描かれた。風間くんが“おバカ”になってしまうなど次々と起こる事件にしんのすけたちが立ち向かおうとする。「壊れた時計塔」「遺(のこ)されたダイイング・メッセージ」「謎の吸ケツ鬼」「8人の容疑者たち」といった意味深なコピーも登場する。

「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」のあらすじ