胸が鳴るのは君のせい ニュース

城島茂、「胸が鳴るのは君のせい」出演 座長の後輩「美 少年」浮所飛貴は「頼もしかった」 ダジャレでアピールも

映画「胸が鳴るのは君のせい」に特別出演するTOKIOの城島茂さん(中央) (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」に特別出演するTOKIOの城島茂さん(中央) (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 人気グループ「TOKIO」の城島茂さんが、ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんの初主演映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)に特別出演することが5月14日、分かった。城島さんは、生徒たちに活を入れる熱血教師の中村を演じ、頭にタオルを巻き、赤いジャージー姿で登場する。劇中では、主演が浮所さんだからこそのオリジナルのセリフも登場するという。

 城島さんは事務所の後輩の浮所さんとの共演について「ちょっと天然なイメージがあったのですが、現場では座長としてしっかり頑張っていました。本人は『あまり役者の経験がなくて……』と言っていましたが、全然そんなことは感じさせず、頼もしかった」と太鼓判を押している。映画については「ドキドキ胸が鳴ってしまうのは誰のせいなのか……。ウッキーのせいなのか? 楽しみですね」と得意のダジャレでアピールしている。

 ◇城島茂さんのコメント

 今回撮影に参加して、すごくチームワークが良くてほんわかムードな良い現場だなと感じました。僕も原作を読ませていただきましたが、胸キュンなストーリーが印象的で、実写版になった有馬とつかさちゃんがどんなストーリーを繰り広げるのかとても楽しみです。

 主演の浮所くんにはちょっと天然なイメージがあったのですが、現場では座長としてしっかり頑張っていました。本人は「あまり役者の経験がなくて……」と言っていましたが、全然そんなことは感じさせず、頼もしかったですね。役者モードの浮所くんを間近で見られるチャンスはなかなかないので、楽しい時間でした(笑い)。

 僕は途中の出演で撮影を最後まで見ることができなかったので、こっそり劇場に足を運んで見に行きたいなと思っています。ドキドキ胸が鳴ってしまうのは誰のせいなのか……。ウッキーのせいなのか? 楽しみですね。

 ◇浮所飛貴さんのコメント

 自分の記念すべき主演映画にTOKIOの城島茂さんが出演してくださいます。自分自身、城島さんとは今まで深く関わったことがなく、今回がほぼ初めての共演でした。現場で城島さんとお会いした時、とても優しい笑顔であいさつをしてくれました。その時すでに僕は城島さんの優しさにキュンとしてしまいました。カメラがまわっていないところでも、気さくに話しかけてくださり、一緒にお話ができたことがとても貴重な経験でうれしかったです。ぜひ、城島さんのファンの方にも見ていただけたらうれしいです!!

美 少年・浮所飛貴、“至近距離”で「照れてるの? 可愛いじゃん」 「胸きみ」彼氏感あふれる“デート映像”公開

映画「胸が鳴るのは君のせい」スペシャル映像の一場面(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」スペシャル映像の一場面(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)から、浮所さんの新映像が5月4日、公開された。「彼氏感あふれる!デート映像―手が触れる編―」と題した映像では、彼氏に扮(ふん)した浮所さんが彼女と待ち合わせするシチュエーションが展開。浮所さんがカメラに近づき、彼女の顔に触れるような仕草をしながら、「照れてるの? 可愛いじゃん」と話す場面が収められている。

 そのほかにも、待ち合わせに遅れてきた彼女に「全然待ってないよ!」と笑顔で答えたり、彼女の髪についたゴミを取ってあげたりと、浮所さんがデートの待ち合わせで起こるさまざまな“不意打ちの胸キュン”を繰り出している。

 本映像の撮影時、初めは「恥ずかしい!」と照れていた浮所さんだが、本番では周りのスタッフや、男性カメラマンにまで「ドキドキした」と言わしめる演技を披露。浮所さんは「ファンの皆さんにキュンキュンを届けたい」と、こだわりながら何度もテークを重ねたという。

美 少年・浮所飛貴、物憂げな表情で何かを見つめ… 主演映画「胸が鳴るのは君のせい」新カット公開

映画「胸が鳴るのは君のせい」の一場面 (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」の一場面 (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)の新たな場面写真が4月27日、公開された。

 主人公の有馬隼人(浮所さん)をはじめ、ヒロインの篠原つかさ(白石聖さん)、隼人のライバル・長谷部泰広(板垣瑞生さん)、泰広のいとこで、隼人の元恋人・長谷部麻友(原菜乃華さん)が、どこか物憂げな表情を浮かべて、何かを見つめている姿が収められている。

(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

美 少年・浮所飛貴、後ろから白石聖の髪束ねて こだわり満載の「胸きみ」胸キュン場面写真

映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい(胸きみ)」(高橋洋人監督、6月4日公開)から、新たな場面写真が4月23日、公開された。浮所さん演じる有馬が、白石聖さん演じるつかさの髪を両手で束ねる“胸キュンシーン”が写し出されている。

 解禁されたのは、物語が大きく動く林間学校での一幕で、洗い物の最中に結んでいたつかさの髪がほどけてしまい、邪魔そうなつかさの様子を見た有馬が後ろから束ねてあげるという至近距離での触れ合いが描かれている。同シーンは原作にはない映画オリジナルのシーンで、浮所さんと白石さん、そして監督をはじめとしたスタッフが気合を入れて「胸キュン」を作りこんだ。撮影中もシーンごとに「キュンキュンさせなきゃ」と意気込んでいた浮所さんのこだわりもたっぷり詰まっているという。

美 少年・浮所飛貴、板垣瑞生の胸ぐらつかむ! 「またいつかライバル役を演じたい」 「胸きみ」一触即発の場面写真

映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい(胸きみ)」(高橋洋人監督、6月4日公開)から、新たな場面写真が4月20日、公開された。有馬隼人(浮所さん)がライバルの長谷部泰広(板垣瑞生さん)の胸ぐらをつかむ、一触即発のシーンが写し出されている。

 本シーンは張り詰めた空気の中で撮影されたが、カットがかかると空気は一変し、浮所さんと板垣さんは互いの顔の近さに笑いが止まらなくなっていたという。

 2人は今作が初共演ながらも、それぞれ「ウッキー」「ミッキー」と呼び合うなど、距離を縮めていった。浮所さんは「瑞生とは、またいつかライバル役をしたいねって話しました」と裏話を披露。板垣さんは浮所さんについて「想像以上に明るくて天然でおもしろい!」と話し、「お芝居もピュアで真っすぐで、一緒に演じていてとても楽しい」と語った。

 併せて、有馬に思いを寄せる篠原つかさ(白石聖さん)と、有馬の元カノ・長谷部麻友(原菜乃華さん)の場面写真も公開された。写真にはつかさが麻友から「隼人くんともう一度付き合いたい」と打ち明けられ、複雑な表情を浮かべるシーンが収められている。

 原さんは劇中で、つかさに対して見定めるような目つきをしたり、かぶせるように発言したりと、ライバル役を見事に表現。その演技力に、浮所さんや板垣さんも「すげー!」と舌を巻いていたという。

(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

映画「胸が鳴るのは君のせい」新カット解禁 白石聖が“ほろ苦い失恋”

映画「胸が鳴るのは君のせい」の一場面(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」の一場面(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)の新たな場面写真が4月15日、公開された。白石聖さん演じるヒロイン・篠原つかさが、浮所さん演じる有馬隼人に告白するシーンと、有馬から告げられた「つかさのこと、そういう目で見たことない」という言葉にショックを受けるつかさの表情を収めた“ほろ苦い失恋カット”で、「フラれてもやめられない恋」がテーマとなる今作を表した写真となる。

(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

「美 少年」浮所飛貴の“頬づえカット” 白石聖が制服姿で笑顔も

映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真 (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真 (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんの初主演映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)の新場面写真が4月7日、公開された。主人公・有馬隼人役の浮所さんが制服姿で頬杖をついたカットと、ヒロイン篠原つかさ役の白石聖さんが制服姿で笑顔を見せた写真となっている。

 相手との距離感やシチュエーションによって見せる表情が微妙に変化する有馬を演じた浮所さんは、演技で有馬のクールさと明るさのさじ加減をつかむため、カットがかかる度に、声のトーン、表情、顔の向き、体勢、歩き方などを監督に相談しながら、役を作り上げたという。

 浮所さんは、役との向き合い方について「自分がどう映っているか第三者の方に見ていただくことも大切だけど、自分自身の演技を見ることで成長できることもあると思う」と話し、「自分の演技を見て、違うなと思った部分があれば監督にお願いしてもう1回撮らせていただいたり、やるならとことん徹底的に詰めたいと思って取り組みました」とコメントしている。

 白石さんは、有馬をいちずに思い続けるヒロインのつかさについて「少女マンガの王道のヒロインというよりも、かっこいいヒロイン」と分析し、「フラれても有馬をいちずに思い続ける姿は、『ロミオとジュリエット』の逆バージョンに見えました」と語っている。とが発表された。

(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

映画「胸きみ」予告&主題歌解禁 ヒロイン白石聖の「好き」が加速 キス寸前も

映画「胸が鳴るのは君のせい」の本ビジュアル (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」の本ビジュアル (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんの主演映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)の予告編が3月19日、公開された。映画主題歌は、美 少年/ジャニーズJr.による「虹の中で」に決定。予告では、同曲をバックに、一度はフラれたヒロイン篠原つかさ(白石聖さん)の、主人公・有馬隼人(浮所さん)への「好き」という気持ちが加速していく様子が描かれ、後半には「恋愛する資格なんかない」という有馬の“秘密”にも迫っているほか、有馬とつかさのキス寸前のシーンもある。

 浮所さんは主題歌について、「お話をいただいたときはとても驚きました! 曲のカラーを聞かれたら青・白と答えたくなるような、まさに『胸きみ』カラーな曲です! 恋のときめきやキラキラした青春の疾走感を感じさせるさわやかな曲なので、通学や通勤のときに聴いていただければ一日頑張れると思います」と印象を語る。

 また「映画の主題歌を歌えるということは本当にすごいことなので、レコーディングにも熱が入り、かなりこだわって時間もかけて臨みました」といい、「つらいことがあっても頑張れるような、フレッシュになれる曲だと思います。『ここ!』っていうパーフェクトなタイミングで、この映画にぴったりなエンドロールが流れます! 皆さんに早く劇場で聴いてもらいたいです。ぜひお楽しみに」とファンにメッセージを送った。

美 少年・浮所飛貴、“恋人未満”のもどかしさ 白石聖と肩が触れ合う2ショット 主演映画本ビジュアル公開

6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」の本ビジュアル (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」の本ビジュアル (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)の本ビジュアルが3月5日、公開された。

 本ビジュアルには、主人公・有馬隼人(浮所さん)と、ヒロインの篠原つかさ(白石聖さん)の2ショットが収められている。肩が触れ合うほどの仲良しだが、恋人同士にはなかなかなれない2人のもどかしさを反映したビジュアルになっている。

浅川梨奈、美 少年・浮所飛貴主演映画でギャルJKに 「違う雰囲気になれて楽しかったです!」 湘南乃風・RED RICEも

6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する浅川梨奈さん(左)と、RED RICEさん (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する浅川梨奈さん(左)と、RED RICEさん (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 女優の浅川梨奈さんが、ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)に出演することが2月9日、明らかになった。浅川さんは、ギャル女子高生の真野梨々子を演じる。

 梨々子は、つかさを巡って隼人とバトルを繰り広げるイケメン高校生・長谷部泰広(板垣瑞生さん)の同級生で、長谷部に思いを寄せているという役どころ。

 浅川さんは「原作を読んで、すごくピュアだけど複雑に入り組んだ登場人物たちの関係性が面白いと思っていたので好きな作品に携われてとてもうれしかったです! 撮影自体は短かったですが、初めて“the ギャル!”みたいなメイクや格好だったので、いつもの自分とは違う雰囲気になれて楽しかったです! 私が出演させていただいたシーンは1回1回インパクトが残るように意識したので、『派手な女の子が出てきた!』と思って見てくれたらうれしいです」とコメントした。

 また、4人組レゲエグループ「湘南乃風」のRED RICEさんが出演することも明らかになった。RED RICEさんは、有馬とつかさが夏祭りで出会うかき氷屋の大将を演じる。

箭内夢菜、美 少年・浮所飛貴主演映画に話題の新“出川ガール” ヒロインのお姉さん的存在に

6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する(上段左から)河村花さん、若林時英さん、(下段左から)入江海斗さん、箭内夢菜さん (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する(上段左から)河村花さん、若林時英さん、(下段左から)入江海斗さん、箭内夢菜さん (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 モデルで女優の箭内夢菜(やない・ゆめな)さんが、ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)に出演することが1月26日、明らかになった。24日放送の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系、日曜午後7時58分)で新“出川ガール”に就任したことが話題となった箭内さんは、ヒロインの篠原つかさ(白石聖さん)のクラスメートで、つかさのお姉さん的存在の星川弥生を演じる。

 また、河村花さん、若林時英さん、入江海斗さんが出演することも明らかになった。河村さんは、つかさと弥生の同級生の酒井みどり、若林さんは、有馬が心を許すテンション高めのムードメーカーの高岡俊樹、入江さんは、みんなに愛されるお調子者の金子圭祐を演じる。

 箭内さんは「弥生は男前ではつらつとしたキャラクター。自分の理想とするかっこいい女の子をイメージしながら、衣装の着こなしなどにもこだわって演じました。撮影は本当に楽しくとてもいい雰囲気だったので、キャスト同士の仲の良さが映像でも伝わると思います。きゅんきゅんできる、すてきな作品に仕上がっていると思いますので、ぜひ劇場でご覧ください!」とコメントしている。

板垣瑞生、美 少年・浮所飛貴主演映画でモテモテ高校生に 主人公の元カノ役は「罪の声」で話題の原菜乃華

6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する板垣瑞生さん(左)と、原菜乃華さん (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
6月4日公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する板垣瑞生さん(左)と、原菜乃華さん (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 俳優の板垣瑞生さんが、ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、6月4日公開)に出演することが1月14日、明らかになった。板垣さんは、女子にモテまくる高校生・長谷部泰広を演じる。また、映画「罪の声」(土井裕泰監督、2020年)に出演し、物語の鍵を握る中学生役で話題となった原菜乃華さんが、泰広のいとこで、主人公の高校生・有馬隼人(浮所さん)の元恋人・長谷部麻友を演じることも併せて発表された。

 板垣さん演じる泰広は、つかさのことをはじめはちゃかしつつも、徐々につかさに惹(ひひ)かれていくという役どころ。つかさをめぐって、泰広と有馬との間で“バトル”が勃発するという。一方、原さん演じる麻友は、元カレの有馬への最接近を狙うという役どころで、有馬をめぐってつかさと争う関係に発展する。

 板垣さんは「普段はチャラいのにいざ正面から向き合ったときのピュアさは長谷部のかわいいところだと思いますし、真正面から生きられない長谷部の“弱さ”みたいなところも見てくださる方々に伝わったらいいなと思います」とコメント。

 原さんは「キラキラした少女マンガ原作映画に出演するのが一つの目標だったので、今回この願いがかなって麻友を演じられて、すごくうれしかったです」と明かし、「ライバルの女の子も、ちょっといじわるに見えてしまうだけで純粋に相手のことを思っているんだと気付いて、麻友の見方もちょっと変わりましたし、麻友も恋する気持ちはつかさと変わらないので、そこはなくさないようにしようと思いました」と語っている。

美 少年・浮所飛貴、主演映画「胸が鳴るのは君のせい」2021年6月4日公開 白石聖との“甘酸っぱくも切ない”物語 特報映像も

映画「胸が鳴るのは君のせい」のティザービジュアル(C)2021「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」のティザービジュアル(C)2021「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督)の公開日が、2021年6月4日に決定したことが12月15日、分かった。主人公・有馬隼人(浮所さん)と、ヒロインで有馬をいちずに思い続ける篠原つかさ(白石聖さん)が登場するティザービジュアルと特報映像も公開された。ビジュアルは、光射す教室の中で、有馬とつかさが、それぞれ正面を見つめる表情が写し出されており、「気づけば、あたしはずっと君を目で追っていた。」と、つかさの思いが込められたキャッチコピーが添えられている。

 特報映像は、有馬がつかさの腕を引き、つかさが驚くシーンから始まり、2人が授業中に目を合わせて「バーカ」「うるさい」と言い合ったり、有馬がつかさの後ろから髪を束ねるようなしぐさを見せるなど、「親友の君に“片思い”が止まらない」というコピーと共に仲むつまじい2人の姿が映し出されている。つかさの告白に有馬が「ごめん。俺、つかさのことそういう目で見たことない」と告げる切ないシーンや有馬がつかさを“壁ドン”する様子も収められている。

美 少年・浮所飛貴、映画初主演 ヒロイン・白石聖で青春ラブストーリー「胸が鳴るのは君のせい」

映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する白石聖さん(左)と「美 少年」の浮所飛貴さん(C)2021「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する白石聖さん(左)と「美 少年」の浮所飛貴さん(C)2021「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが、
人気少女マンガを実写化した映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督、2021年公開)で主演を務めることが分かった。浮所さんは今作が単独での映画初主演。浮所さん演じる転校生の有馬隼人と有馬をいちずに思い続ける篠原つかさの、親友のように仲が良い友達同士の片思いを描いた王道の青春ラブストーリー。ヒロインのつかさは、女優の白石聖さんが演じる。

 浮所さんは「今年の夏のドラマでお芝居に初挑戦をして、演技の楽しさを知ることができた直後の作品なので、本当にうれしく思っています。しかも主演映画という大変貴重な機会をいただけたので、最初は緊張もありましたが、今では毎日楽しみながら撮影しています」とコメントしている。

 役どころについて「有馬くんはクールで、学校にいたら絶対にモテるだろうっていう男の子。僕から見てもすごくカッコよくて、脚本を読みながら、にやけちゃうくらいキュンキュンしました。僕自身が全然クールではないので(笑い)。余裕そうな表情や自分の年齢よりも大人っぽい雰囲気を意識して、有馬くんに近づけるようにしています」と語り、「スタッフ・キャストが一致団結して、たくさんコミュニケーションを取りながら、すてきな作品が作れたらなと思います。キュンキュンしてもらえる映画にしたいなと思っているので、楽しみにしていてください!」とメッセージを送っている。

 白石さんは「“有馬が好き!”という気持ちがブレないことが一番大事だと思ってお芝居をしています。有馬役の浮所さんとは初共演ですが、率先して現場の空気をなごませてくれて座長としてとても頼もしいです」とコメント。

 高橋監督は「浮所君が演じる有馬はクールなだけではない人間味があり、白石さんが演じるつかさは可愛らしいだけじゃない真っすぐさがあり、彼らの魅力と役の魅力が素晴らしいバランスで物語に映し出されています」と語っている。

 木村元子プロデューサーは「有馬は一見クールだけど思いっきり無邪気な面も持ち合わせるキャラ。浮所くんのクールで涼しげな目とくしゃっと笑った時の表情のギャップを見た時『まさに有馬!』と思いました。初主演とは思えない、天性の勘の良さで3次元の有馬を胸キュンに演じてくれました」と話している。

 原作は、紺野りささんが2012~2014年に少女マンガ誌「ベツコミ」(小学館)で連載したマンガ。コミックスは全5巻で累計発行部数250万部を突破した。ヒロインのつかさが真っすぐ恋に立ち向かい続ける姿や、友達に恋をしたからこそ生まれる“不意打ちのトキメキ”、登場人物たちの不器用な恋模様が描かれた。