ハニーレモンソーダ あらすじ

ハニーレモンソーダあらすじ

 映画「ハニーレモンソーダ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で連載中の村田真優さんのマンガを実写映画化。人気グループ「Snow Man」のラウールさんが主演を務める。ラウールさんは本作で映画単独初主演を果たす。ヒロインは女優の吉川愛さんが演じる。

 原作は累計発行部数400万部を突破し、2020年9月号の女性ファッション誌「セブンティーン」(同)で「読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位」を獲得した人気作。金髪イケメン男子と内気なマジメ女子、正反対の男女2人が巻き起こすラブストーリー。

 ラウールさんが演じるのは、髪をレモン色の金に染め、基本的には塩対応だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界。吉川さんは、いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていくヒロイン・石森羽花を演じる。

 テレビドラマの演出を多数手がけ、「ピーチガール」(2017年)で長編映画初監督を務めた神徳幸治さんがメガホンをとる。

映画「ハニーレモンソーダ」のあらすじ