私をくいとめて ニュース

のん&橋本愛、朝ドラ以来7年ぶりの共演「とてつもなく照れた」 映画「私をくいとめて」で再び親友役

映画「私をくいとめて」で共演するのんさん(右)と橋本愛さん(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
映画「私をくいとめて」で共演するのんさん(右)と橋本愛さん(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

 女優の橋本愛さんが、のんさん主演の映画「私をくいとめて」(大九明子監督、12月18日公開)に出演することが10月20日、明らかになった。2人の共演は、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)以来、約7年ぶり。朝ドラでのんさんの親友役だった橋本さんは、今作でものんさん扮(ふん)するみつ子の親友、皐月(さつき)を演じる。

 再びのんさんの親友役を演じた橋本さんは、「今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ち良さを強く感じました。超超楽しかったです」と撮影を振り返った。

 のんさんも「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! その時の私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんの方から(台)本読みをしたいと声を掛けてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何といっても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!」と再共演の喜びを語っている。

 映画は、綿矢りささんの同名小説(朝日文庫)が原作。脳内に相談役「A」を持つ、31歳お一人様のみつ子は悠々自適にお一人様ライフを満喫していたが、年下営業マン・多田くん(林遣都さん)と出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していく……というストーリー。橋本さんが演じる皐月は、イタリアに嫁いだみつ子の親友。映画オリジナルで、妊婦という設定が追加された。

 また、本予告映像と、ポスタービジュアルも公開された。本予告では、心乱されたみつ子が、感情をぶちまけながら涙を流すシーンが収録されている。さらに、劇中曲に5.1chにミックスされた故・大滝詠一さんの楽曲「君は天然色」が採用されたことも発表された。

 ◇橋本愛さんのコメント

 ーー出演のオファーをいただいていかがでしたか。

 大九監督と綿矢りささんの最強コンビネーション作品に参加できることがうれしくて、撮る前から早く見たい!とお客さん気分でわくわくしました。とにかく脚本が面白くて、ポップでチャーミングなのに人間の深淵(しんえん)を描いていて、マンガを読んでいるようなライト感がありながら、ドッと心臓が鳴るような読後感。これこれ!とうれしくなりました。

 ーー皐月という役柄に関して、ご自身で考えたことや大九監督とお話ししたことなどがあればお教えください。

 皐月は原作で描かれた人間性をベースに、映画ではもっとみつ子との関係性に特化して、また一番今の時代が投影されるキャラクターになりました。はたからは幸せに見える条件がそろったような人でも、内実、不安や恐れに毎日襲われていて、その弱さが見えたとき、みつ子を救うといいな、と。監督とは、みんな生まれながらのお一人様なんだ、という話をして、その言葉を大事に抱えて最後まで演じたつもりです。

 ーー久しぶりののんさんとの共演はいかがでしたか?

 あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、ざんげの気持ちを常に持っていました(笑い)。でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ち良さを強く感じました。超超楽しかったです。

 ◇のんさんのコメント

 ーー橋本愛さんとの久しぶりの共演はいかがでしたか。

 かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! その時の私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんの方から(台)本読みをしたいと声を掛けてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そしてなんといっても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!

(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

のん×林遣都が実写映画「私をくいとめて」で初共演 31歳おひとりさまと年下男子のむずがゆい恋模様描く

映画「私をくいとめて」に出演するのんさん(左)と林遣都さん(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
映画「私をくいとめて」に出演するのんさん(左)と林遣都さん(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

 綿矢りささんの小説「私をくいとめて」が実写映画化されることとなり、女優ののんさんと俳優の林遣都さんが出演することが7月22日、分かった。2人は本作が初共演。31歳のおひとりさま・黒田みつ子と、年下男子・多田くんのむずがゆい恋模様を描いた物語で、のんさんがみつ子、林さんが多田くんを演じる。今冬公開予定。

 30歳を超え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子は、脳内にいる相談役「A」のおかげで一人きりでも楽しく生活していた。人間関係や身の振り方に迷ったときは、もう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれるのだった。そんなおひとりさまライフがずっと続くと思っていたある日、みつ子は年下の営業マン・多田くんに恋をしてしまう。一人の生活に慣れきってしまったみつ子は、20代のころのように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出す……というストーリー。

 メガホンを取るのは大九明子監督。のんさんと林さんは大九組初参加となる。

 ◇大九明子監督のコメント

 「私をくいとめて」を実写化しようと思ったきっかけ。読んでみてびっくり。主人公がもうしっかりと脳内で会話してるじゃないですか! Aとか名付けちゃって! 「私をくいとめて」は、綿矢文学の醍醐(だいご)味である切れ味のいい言葉たちの間を、さまざまな色が漂い、ある時はスパークする。色にあふれた読書体験を終えた時には、この色と言葉をどう映像で描こうか、と考え始めていました。私、これ撮らなくちゃ。とすぐシナリオにして、プロデューサーに売り込んだ次第です。

 ◇初タッグののんさん、林遣都さんのお芝居の印象について。

 のんさんは怒りの表現が見事で、あんなに柔らかい空気を漂わせていながら、内側に高温のマグマみたいなものを持ってる人だと思います。のんさんはいっぱい質問してくれます。その対話の中でこの映画の核を再確認できたように思います。

 林遣都さんは以前からご一緒してみたかった方です。振り幅が素晴らしく、少し話すと芝居がどんどん変わるので、とても楽しかったです。急に変なことお願いしてもすぐに「はい」と言ってやってくださってすてき。

 ◇原作者・綿矢りささんのコメント

 ーー実写映画化の話を伺った時の感想。

 映画化のお話を伺ったときは、大九監督の魔法によって、どれだけキャラクターが生き生きとよみがえるんだろう、とまず最初に思いました。以前に自著を映画化していただいたとき、主人公だけでなく、物語上のすべてのキャラクターたちが、本当に実在するようにリアルで、それでいてコミカルに描かれていたのが、驚いて忘れられなかったからです。本作は想像力のたくましい女性が主人公の話で、彼女はたくさんの人と関わることを無意識に恐れています。映画化の台本を読むと、彼女の実は色鮮やかな内面が、イイ味出してる周囲の人たちとのふれあいにより、より濃く輝いてるなと感じました。

 現実ではさりげなく過ぎていくけど、実は心は激しく動いている。こんな場面を、のんさんと林遣都さんという、最高の方々に演じていただけると思うと、もう喜びを隠せません。お二方の過去の出演作品を見ながら「こんなすてきな方々が、あの結構地味な、いやかなり地味な、みつ子さんと多田くんになるなんて」と信じられない気持ちでいます。

(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫)
綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫)