シドニアの騎士 あいつむぐほし ニュース

「シドニアの騎士」劇場版アニメ「シドニアの騎士 あいつむぐほし」2021年公開 原作で明かされていないある事実も…

「シドニアの騎士 あいつむぐほし」のビジュアル(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
「シドニアの騎士 あいつむぐほし」のビジュアル(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局

 弐瓶勉(にへい・つとむ)さんのSFマンガ「シドニアの騎士」の新作劇場版アニメ「シドニアの騎士 あいつむぐほし」が製作され、2021年に公開されることが7月3日、分かった。ポリゴン・ピクチュアズが製作するなどテレビアニメ版のスタッフが再結集し、原作者の弐瓶さんが総監修を務める。音楽ユニット「CAPSULE」が挿入歌「うつせみ」を担当することも発表された。弐瓶さんによると「原作で明かされていないある事実が判明します!」という。

 「シドニアの騎士」は、宇宙船・シドニアで、繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅している人類と、異生物・奇居子(ガウナ)の戦いを描いたSFマンガ。「月刊アフタヌーン」(講談社)で2009~15年に連載された。テレビアニメ第1期「シドニアの騎士」が2014年4~6月、第2期「シドニアの騎士 第九惑星戦役」が2015年4~6月に放送された。

 ◇弐瓶勉さんのコメント

 皆さん「シドニアの騎士 あいつむぐほし」がついに発表になりました。原作者の弐瓶勉です。こんにちは。原作のある映像化作品は原作の読者は当然、物語の結末を知っているわけで初見の人より純粋に作品を楽しめないのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。しかし!「あいつむぐほし」では原作で明かされていないある事実が判明します! 連載当時、僕はそれを読者の想像に任せたいと判断したためマンガでは描きませんでした。というのはウソで本当はただ描き忘れたのです! それ以外にも原作にはない要素がいくつも追加されています! 原作を読んだ人、必見ですよ! 読んでいない人は映画を見た後に原作を読みたくなるでしょうね! 僕も早く見たいです!

 ◇瀬下寛之総監督のコメント

 シドニアは自分にとって特別な作品です。企画を提出した日も、弐瓶先生や静野(孔文)監督と初めて会った日も、ありとあらゆる記憶が鮮明に残っています。あれからずっと自分自身も播種船に乗って旅をしているような気がします。そのシドニアがついに旅路を終えようとしています。この最後の瞬間を、シドニアを支えてくださった多くのファンの皆様と共有できたら幸せです。

 ◇吉平“Tady”直弘監督のコメント

 「シドニアの騎士」は僕がアニメ監督を志したキッカケとなった作品であり、これほど思い入れのある作品はありません。ずっと作品を応援し続けてくれたファンはもちろん、初めて見ていただける方にもこの作品のスケールの壮大さと個性と面白さをもっと知ってほしい、そんな思いで物語を構築しました。人類とガウナの生存をかけた争い、そしてその中で織り成される濃密な感情のドラマを凝縮したエンターテインメントをお届けします。

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工重力祭運営局