おとなの事情 スマホをのぞいたら あらすじ

おとなの事情 スマホをのぞいたらあらすじ

 映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」は、世界各国で大ヒットを記録し、中国、韓国、フランス、ドイツ、ロシアなど18カ国でリメークされたコメディー映画。俳優の東山紀之さんが主演を務める。東山さんが映画で主演を務めるのは約10年ぶり。映画はイタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞に輝いた「おとなの事情」を日本版としてリメークした作品で、東山さんは主人公のモテない独身男・小山三平を演じる。光野道夫監督がメガホンをとり、岡田惠和さんが脚本を手掛ける。

 「おとなの事情」は、絶対にバレてはいけない“おとなの事情”を抱えた男女7人が、「スマホのロックを解除し、届く電話・メールの内容は全員に公開すること」がルールのゲームに参加し、互いの秘密を暴き合う……という物語。日本版では、日本ならではの“おとなの事情”が描かれるという。

 共演には、鈴木保奈美さん、常盤貴子さん、益岡徹さん、田口浩正さん、木南晴夏さん、淵上泰史さん。鈴木さんと益岡さんが50代のセレブ夫婦、常盤さんと田口さんが40代の倦怠期の夫婦、木南さんと淵上さんが30代の新婚カップルを演じる。

映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら 」のあらすじ