十二単衣を着た悪魔 あらすじ

十二単衣を着た悪魔あらすじ

 映画「十二単衣を着た悪魔」は、「源氏物語」を題材に描いた内館牧子さんの長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」(幻冬舎文庫)が原作。俳優の伊藤健太郎さんが主演を務める。伊藤さんが映画で時代劇に挑戦するのは初めて。ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップする就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷を演じる。女優の黒木瞳さんが監督を務め、「ちょっと今から仕事辞めてくる」などの多和田久美さんが脚本を担当する。11月6日公開。

 映画は、就職試験に落ち続け、京大に合格した弟に対して劣等感を持つ雷が、アルバイトからの帰宅途中、激しい雷雨に見舞われ気を失う。目が覚めると、1000年以上も昔に紫式部によって書かれた「源氏物語」の世界にタイムスリップしていた。雷は、あることをきっかけに弘徽殿女御に仕えることに。息子を帝にしようと野心に燃える弘徽殿女御に翻弄(ほんろう)されながらも、雷は次第に未来を当てる比類なき陰陽師として認められ、成長していく……という物語。

 雷が仕えることとなる弘徽殿女御を三吉彩花さん、雷と絵巻物の世界で出会い妻となる倫子を伊藤沙莉さん、右大臣でもある弘徽殿女御の父をラサール石井さん、雷の母・伊藤明子を戸田菜穂さん、弘徽殿女御の夫・桐壺帝を伊勢谷友介さんが演じる。

 また、弘徽殿女御に仕える家臣役を山村紅葉さん、笹野高史さんが務め、弘徽殿女御の息子役を田中偉登(たけと)さん、雷の弟・伊藤水役を細田佳央太(かなた)さん、光源氏役を沖門和玖(おきと・わく)さんが演じる。

映画「十二単衣を着た悪魔」のあらすじ