夏への扉

夏への扉あらすじ

 映画「夏への扉」は、1956年にアメリカで発表された、ロバート・A・ハインラインの名作タイムトラベル小説を実写映画化。俳優の山崎賢人さんが主演を務める。映画は舞台を日本に移し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語となる。山崎さんが演じるのは、孤独な科学者・高倉宗一郎。だまされて奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を、30年の年月を超えて取り戻しにいく。

 「フォルトゥナの瞳」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などの三木孝浩さんが監督、「陽だまりの彼女」で三木監督とタッグを組んだこともある菅野友恵さんが脚本を担当する。三木監督は幼いころ、1980年代のハリウッド映画を見て心躍らせたといい、「あのころの自分と同じように心躍らせながら老若男女みんなで楽しめるエンターテインメント作品に仕上げたいと思います」と意気込んでいる。撮影は今年の初旬に行われ、1995年時の撮影では、当時使われていた小道具をスタッフが集めたり、新たに作り上げたりしながら、詳細に再現した。

 1995年の東京。ロボット開発をする科学者の高倉宗一郎は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池の完成を目前に控えていた。愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、信頼していた共同経営者と婚約者の裏切りにあい、自身の会社も、発明途中のロボットや蓄電池も奪われてしまう。さらに宗一郎は人体を冷凍し未来に行ける装置・コールドスリープに入れられ、目が覚めたときそこは、2025年の東京だった。ピートや璃子の死を知り、すべてを失ったと知る宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う……というストーリー。

スタッフ

監督:三木孝浩▽脚本:菅野友恵

夏への扉キャスト

山崎賢人

公開日

2021年公開

ニュース

夏への扉

ハインラインの名作小説「夏への扉」が山崎賢人主演で実写映画化 舞台は日本に

 1956年にアメリカで発表された、ロバート・A・ハインラインの名作タイムトラベル小説「夏への扉」が、俳優の山崎賢人さん主演で実写映画化されることが6月29日、明らかになった。映画は舞台を日本に移し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語となる。

続きを読む

あらすじ

映画「夏への扉」のあらすじ

続きを読む

キャスト

夏への扉

山崎賢人が主演 孤独な科学者に

 俳優の山崎賢人さんが主演を務める。山崎さんが演じるのは、孤独な科学者・高倉宗一郎。だまされて奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を、30年の年月を超えて取り戻しにいく。山崎さんは映画出演について「愛(いと)おしくて、ワクワクするような映画をお届けできる日を楽しみにしています」と語っている。

続きを読む