ライアー×ライアー あらすじ

ライアー×ライアーあらすじ

 映画「ライアー×ライアー」は、累計発行部数170万部を突破した金田一蓮十郎さんのマンガを実写映画化・人気グループ「SixTONES」の松村北斗さんと女優の森七菜さんがダブル主演を務める。「私×義弟×JK姿の私」という不思議な三角関係を描いたラブストーリーで、2人は今作で初共演。松村さんは今作で本格ラブストーリーに初挑戦といい、森さんは実写映画初のヒロイン役となる。森さんが潔癖症の地味系大学生・高槻湊と、湊の女子高生姿・みな、松村さんがクール系モテ男で湊の義理の弟・高槻透を演じる。

 「ライアー×ライアー」は、湊と透の“2人なのに三角関係”の恋模様を描いた物語で、マンガ誌「デザート」(講談社)で2010~17年に連載された。

 主人公・湊は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透と同居中。イケメンの透は、来るもの拒まず、女を取っ替え引っ替えするクール系モテ男。そんな透の女癖の悪さが原因で長らく迷惑をこうむってきた湊は、同じ大学に通う透に半径2メートル以内に近づかないという念書を書かせ、つながりを断っている。ある日、友人の頼みで友達の高校時代の制服を着てギャルメークで街に出た湊は、偶然にも透と遭遇してしまう。湊はとっさに別人の“女子高生・みな”と名乗り、それを信じた透はあろうことかJK姿の湊“みな”に一目ぼれし、猛アプローチをかける……というストーリー。

 耶雲哉治監督がメガホンをとり、徳永友一さんが脚本を担当する。2021年公開予定。

映画「ライアー×ライアー」のあらすじ