ライアー×ライアー ニュース

Travis Japan七五三掛龍也 「ライアー×ライアー」で同期・松村北斗の友人役 2作目の映画出演

映画「ライアー×ライアー」に出演する七五三掛龍也さん(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
映画「ライアー×ライアー」に出演する七五三掛龍也さん(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

 ジャニーズJr.の人気グループ「Travis Japan(トラビス・ジャパン)」の七五三掛龍也(しめかけ・りゅうや)さんが、「SixTONES」の松村北斗さんと女優の森七菜さんがダブル主演を務める映画「ライアー×ライアー」(耶雲哉治監督、2021年初春公開)に出演することが11月12日、分かった。ジャニーズ事務所の同期入所でもある松村さんが扮(ふん)する高槻透の友人・桂孝昭を演じる。七五三掛さんは本作が2作目の映画出演となる。

 七五三掛さんは、「桂は、友達思いで穏やかな、嘘も言えないくらい良い人と言う印象でした。透の親友でもあり(森さん演じる)湊とも仲良しな役柄だったので撮影以外でもできるだけコミュニケーションをとるようにしてその関係性をそのままお芝居に持っていけるよう意識して頑張りました」といい、「透役の北斗とは同じ事務所の同期なのでその点コミュニケーションをとりやすく何度か助けられました! 原作でもみんなから愛されるようなキャラクターですが、映画を通して更に愛されるようなキャラクターになっていければと思っています」と語っている。

 また、湊と透の両親、高槻家の母親・ひとみを相田翔子さん、父親・紀行を竹井亮介さん、湊の所属するサークル「歴史文化研究会」の部長・川西純太を、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で番長・門倉努を演じて話題になった板橋駿谷さんが演じることも発表された。

(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

ixTONES松村北斗×森七菜W主演で「ライアー×ライアー」実写映画化 “2人なのに三角関係”なラブストーリー

映画「ライアー×ライアー」でダブル主演を務める「SixTONES」の松村北斗さん(左)と森七菜さん(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
映画「ライアー×ライアー」でダブル主演を務める「SixTONES」の松村北斗さん(左)と森七菜さん(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

 累計発行部数170万部を突破した金田一蓮十郎さんのマンガ「ライアー×ライアー」が実写映画化されることが決定し、人気グループ「SixTONES」の松村北斗さんと女優の森七菜さんがダブル主演を務めることが6月23日、明らかになった。「私×義弟×JK姿の私」という不思議な三角関係を描いたラブストーリーで、2人は今作で初共演。松村さんは今作で本格ラブストーリーに初挑戦といい、森さんは実写映画初のヒロイン役となる。森さんが潔癖症の地味系大学生・高槻湊と、湊の女子高生姿・みな、松村さんがクール系モテ男で湊の義理の弟・高槻透を演じる。

 「ライアー×ライアー」は、湊と透の“2人なのに三角関係”の恋模様を描いた物語で、マンガ誌「デザート」(講談社)で2010~17年に連載された。

 主人公・湊は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透と同居中。イケメンの透は、来るもの拒まず、女を取っ替え引っ替えするクール系モテ男。そんな透の女癖の悪さが原因で長らく迷惑をこうむってきた湊は、同じ大学に通う透に半径2メートル以内に近づかないという念書を書かせ、つながりを断っている。ある日、友人の頼みで友達の高校時代の制服を着てギャルメークで街に出た湊は、偶然にも透と遭遇してしまう。湊はとっさに別人の“女子高生・みな”と名乗り、それを信じた透はあろうことかJK姿の湊“みな”に一目ぼれし、猛アプローチをかける……というストーリー。

 耶雲哉治監督がメガホンをとり、徳永友一さんが脚本を担当する。2021年公開予定。

 ◇耶雲哉治監督のコメント

 ちょっとした嘘(うそ)からはじまる男女2人の物語。それを松村北斗と森七菜という魅力的な俳優が演じます。笑える嘘、やさしい嘘、切ない嘘、美しい嘘。映画の中のさまざまな嘘を2人はどう演じてくれるのか、監督として2人の主演映画の撮影現場が楽しみでなりません。

 ◇原作者・金田一蓮十郎さんのコメント

 「ライアー×ライアー」、まさかの映画化です! 素晴らしいキャスト、素晴らしい監督、素晴らしい脚本などなど……いろんな方のお力でとてもステキな映画に生まれ変わります! 今から映画館で見るのが楽しみです。読者の皆様も公開まで一緒にワクワク楽しみにしていただけたらうれしいです!