ブラック・ウィドウ あらすじ

ブラック・ウィドウあらすじ

 映画「ブラック・ウィドウ」は、世界最高のエージェントであり、スパイにして超一流の暗殺者のブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが主人公。美しき最強のスパイ“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれる。マーベル・スタジオの映画では、これまでスカーレット・ヨハンソンさんが演じており、「アイアンマン2」で初出演。アベンジャーズの一員として「アベンジャーズ」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ/エンドゲーム」など7本の作品に登場している。

 また、“妹”エレーナ、“母”メリーナ、“父”アレクセイ・レッド・ガーディアンという、ブラック・ウィドウの過去を知る“家族”が登場する。

映画「ブラック・ウィドウ」のあらすじ