恋する寄生虫 あらすじ

恋する寄生虫あらすじ

 映画「恋する寄生虫」は、10万部を突破した作家・三秋縋さんの同名小説(KADOKAWA)が原案。俳優の林遣都さんと女優の小松菜奈さんがダブル主演を務める。林さんと小松さんは本作で初共演。2021年に公開される。

 映画は、極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に過ごす青年・高坂(林さん)は、視線恐怖症で不登校の少女・佐薙(小松さん)の面倒を見ることに。露悪的な態度をとる佐薙にうんざりしていた高坂だが、それが自分の弱さを隠すためだと気付き共感を抱くようになる。クリスマスに手をつないで歩くことを目標にリハビリを始めた2人はやがてひかれ合い、初めての恋に落ちていくが……というストーリー。

 監督はCMやミュージックビデオを中心に活躍する柿本ケンサクさん、脚本は「長い散歩」(2006)、「眉山-びざん-」(2007)、「トワイライト ささらさや」(2014)などの山室有紀子さんが担当する。

映画「恋する寄生虫」のあらすじ