弥生、三月-君を愛した30年- ニュース

<インタビュー>岡田健史 銀幕デビューは教師役「ついこの間まで生徒だったのに」 芝居は「続けられるだけ続けたい」 10年後は…

映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」に出演する岡田健史さん
映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」に出演する岡田健史さん

 2018年に放送されたドラマ「中学聖日記」(TBS系)で俳優デビューし、有村架純さんが演じる教師をひたむきに愛する生徒を演じて注目された岡田健史さんのスクリーンデビューとなる映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」(遊川和彦監督)が、3月20日に公開される。岡田さんは実生活では数年前に高校を卒業したばかりだが、今作では教師を演じている。「ついこの間まで生徒として教壇を見上げていたのに、今回は教壇でみんなに偉そうに話している」ことは、「めちゃくちゃ難しかった」と明かす岡田さんに、映画について、また目標とする俳優像や10年後の未来像などを聞いた。

 ◇「できることは100%やった」が「悔い」も…

 映画は、運命に翻弄(ほんろう)されながら30年間相手のことを思い続けた、波瑠さん演じる結城弥生と成田凌さん演じる“サンタ”こと山田太郎の半生を描くラブストーリー。現在20歳で、その「20年の中でも前半の記憶は曖昧」という岡田さんは、今作を「30年間、一人の人を思うことだったり、それが時には逸(そ)れたり、違う方向に行ってしまったりしても、最終的に運命とはどういうものかを考えさせられる作品」であり、「老若男女関係なく見ていただけて、しかもそれぞれの世代で感じ方が違うのでは」とアピールする。

 映画初出演となる今作の出演が決まったときは、「やった!」という喜びよりむしろ、「どうしたらいいんだろうという不安のほうが大きかった」という。演じるあゆむは、サンタが弥生とは別の女性と結婚して生まれた子供で、幼いころ、学校の先生をしていた弥生に憧れ、教師を目指したという経緯がある。出演場面こそ限られているが、今作におけるキーパーソンだ。それだけに、短いシーンであゆむの人となりを瞬発力で表現する必要があった。

 「あの教壇に立つこと自体、すごく緊張しました。当時の僕にあの限られたシーンの中で力を出すのは簡単なことではありませんでした。ついこの間まで、生徒として教壇を見上げていたのに、今は教壇で(生徒の)みんなに偉そうに話している。教師とはなんぞやと考えながら、その一方であゆむの思いを伝えることは、めちゃくちゃ難しかったです」と撮影を振り返る。

 ◇演じるあゆむに共感

 映画には、杉咲花さん演じる弥生の親友のサクラも登場する。サクラは病気で命を落とすが、生前、彼女は弥生とサンタに「ずっと変わらないでいて」という言葉を残す。そこで、岡田さんにもずっと変わらないでいたいと思うことはありますかと尋ねると、即座に「あります」と答えた。

 「感謝の気持ちを忘れないこと。初心を忘れないこと。何がしたい、何をしたくないという芯をしっかり持つことは変えたくないです。それは、時によって変える必要がありますし、それが間違っている場合もあります。でも僕は、その部分は曲げたくないと思います」と岡田さんは言い切る。その姿に、正義感が強く、困難にも真っすぐぶつかっていこうとするあゆむの姿が重なる。

 岡田さん自身も、あゆむには共感を覚えたという。「僕にも、わがままというか、自己中心的な部分があります。自分の意見を言っても言わなくても状況は変わらないのに、つい言ってしまうあゆむは、決していいとは言わないですけど、僕は愛せると思いました」と理解を示す。

 ◇10年後は…

 芝居を「続けられる限りは続けたい」と話す岡田さん。目標とする俳優は、「波瑠さんも成田さんも、(サンタの母親役の)黒木(瞳)さんも杉咲さんも、本当にすてきな方々です。でも僕は、そういうふうになりたいと思うより、すてきだなで終わってしまうんです。僕は僕だし、皆さんは皆さんだし。それでも、皆さんみたいに楽しんでお芝居ができたらいいと思います。そこはやっぱり経験がものを言うので、そうなるまでには10年は必要だと思います」と覚悟を口にする。
 10年という言葉が出たので、10年後の自身の未来像を想像してもらった。すると、「英語がぺらぺらになっていたいです」という答えが返ってきた。しかしそれは、あくまで「コミュニケーションの幅を広げる」ためで、「(海外)進出とか、そんな大それたことは考えていません」とのこと。「まずは、お前、目の前のことやれよって思うから(笑い)」と己を律することも忘れない。

 そして、「地球という大きな星があって、その中の日本って、本当に狭い社会じゃないですか。もちろん日本は素晴らしい国ですし、僕も自国愛を持っています。でも、もっと世界は広いんだよ、違うところもあるんだよということを、自分に気づかせることが大事だと思っています。だから今、多少なりとも(英語を)しゃべれるんですけど、つたない英語で、でも外に出て話したり、違う文化を目にしたり、触れたりするだけで肥やしになると思っています。もちろん、それでお仕事の幅が広がれば儲(もう)けものですけど、それよりも僕は、人として英語をしゃべれるようになりたいと思っています」と前向きに語る。

 その上で、「日本語は難しいですし、20年たっても自分の母国語をマスターすらできていません。ましてや英語なんて……。ですから、ゆっくりでいいから着実にやっていきたいです」と真っすぐに将来を見据えていた。
 (取材・文・写真/りんたいこ)

<映画紹介>「弥生、三月 君を愛した30年」波瑠、成田凌の30年にわたるラブストーリー 人気脚本家・遊川和彦の監督2作目

映画「弥生、三月 君を愛した30年」の一場面(C)2020「弥生、三月」製作委員会
映画「弥生、三月 君を愛した30年」の一場面(C)2020「弥生、三月」製作委員会

 女優の波瑠さん、俳優の成田凌さん共演の映画「弥生、三月 君を愛した30年」(遊川和彦監督・脚本)が3月20日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。ドラマ「家政婦のミタ」(2011年)や「同期のサクラ」(2019年)などの脚本で知られる遊川さんの、「恋妻家宮本」(2017年)に続く監督2作目。一組の男女の、高校生から50代までの30年にわたるラブストーリーが紡がれていく。

 3月1日の朝、通学バスに乗り遅れた高校生の結城弥生(波瑠さん)は、バスを追いかけて乗り込んだ。バスに乗っていたのは、同じクラスで親友のサクラ(杉咲花さん)と、隣のクラスの山田太郎(成田さん)。

 サクラは太郎が好きだったが、引っ込み思案の彼女は思いを伝えられないまま病気でこの世を去ってしまう。3月4日の卒業式。弥生と太郎は、「もし、40歳過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ」という太郎の“告白”を別れの言葉に別々の道を歩き始める。そして月日が流れ……。ほかに、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さんらが出演する。

出典:YouTube

 なんて優しい物語だろう。遊川監督が脚本を手がけた最近のドラマは、社会風刺を盛り込みつつ、シビアな中にも笑いをちりばめ、独特の世界観を形作っていた。この作品は純粋なロマンス劇。互いに恋心を抱いていたのに、親友の手前、それを言い出せなかった男女の、30年にわたる思いがつづられていく。

 といっても、何気なく30年間を見せていくのではなく、3月4日の卒業式、3月5日の結婚式というように、3月(弥生)の特定の日にちだけを、しかも同じ日が重ならないように描いていく。遊川監督だからこそ考え出せた構成だろう。

 そして人生の厳しさ、生きることの難しさ、人を愛すること、思うことの素晴らしさを説いていく。見終えた時には心に温かい灯がともるはずだ。幕が下りるまで、どうか席を立たないでほしい。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会

<大ヒット祈願イベント>成田凌、3人で卒業式“やり直し” 3月の青春エピソードを明かす

映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」のヒット祈願に登場した成田凌さん
映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」のヒット祈願に登場した成田凌さん

 俳優の成田凌さんが3月3日、東京大神宮(東京都千代田区)で行われた主演映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」(遊川和彦監督、3月20日公開)の大ヒット祈願イベントに、女優の波瑠さんと共に登場した。タイトルにちなんで3月にまつわる思い出を聞かれた成田さんは、「高校の卒業式が終わった後、友だちと3人だけで卒業式をもう一回やった」と明かし、「なんだか卒業式がしんみりしていたので、もう1周全部ふざけてやるという。体育館で2時間くらいかけて3人で卒業式をもう一回やりました(笑い)」と振り返った。「3人だけで走り回って全役やって。本人役と校長先生役と一通りやりました。相当思い出深いですね」と懐かしんでいた。

 イベントを行った東京大神宮が“縁結びの神様”として知られていることから、理想のデートの話題になると、波瑠さんは「定番ですけど、映画を見に行くのが好きなので。今だったらもうちょっとしたら『弥生、三月』を見に行くようなデートがいいかなと思います(笑い)」とさりげなくアピール。

 成田さんは「お互いの好きなことを順番にやったらいいなとは思う。例えば運動が好きな相手だったらジャージーを買いに行くところからスタートしたり、僕だったら写真を撮るのが好きなのでカメラ屋に行ったりとか」といい、「お互いのわがままを聞くというのを一回ずつやって、お互い好きなことが一緒だったら楽しいだろうなって。“わがままデート”をしてみたい」と思いをはせていた。

<大ヒット祈願イベント>波瑠、主演映画ヒット祈願「胸の熱くなる作品」 3月は「思い出がいろいろある月」

映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」のヒット祈願に登場した波瑠さん(右)と成田凌さん
映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」のヒット祈願に登場した波瑠さん(右)と成田凌さん

 女優の波瑠さんが3月3日、東京大神宮(東京都千代田区)で行われた主演映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」(遊川和彦監督、3月20日公開)の大ヒット祈願イベントに、俳優の成田凌さんと共に登場した。公開を間近に控えた心境を聞かれた波瑠さんは、「撮影がちょうど1年前くらいで、いよいよという感じ。すてきな作品に携われたとかみしめるように思っている」とコメント。「性別、年齢問わず、たくさんの方たちに響くような胸の熱くなる作品になっています。私たちが演じた弥生と太郎の姿が、きっと見てくださった方の背中を押せるのでは」と呼びかけた。

 映画のタイトルにちなみ、3月にまつわる思い出は?という質問に、波瑠さんは、「事務所に入るきっかけになったオーディションがあり、多分朝ドラ(『あさが来た』)のオーディションも3月にあって、それで決まって4、5月とどんどん生活が変わっていった」と答えた。さらに「新学期は4月から始まりますが、私は生活や環境が変わるきっかけになることが多かったので、3月は結構、思い出がいろいろある」としみじみと話した。

<完成披露試写会>波瑠、遊川組の洗礼受ける 衣装合わせに9時間「脱いでは着るロボットに」

映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」の完成披露試写会に登場した波瑠さん
映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」の完成披露試写会に登場した波瑠さん

 女優の波瑠さんが2月19日、東京都内で行われた主演映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」(遊川和彦監督、3月20日公開)の完成披露試写会に出席。初体験となった“遊川組”の感想を聞かれた波瑠さんは「衣装合わせが9時間かかって終わらなかったんです」と明かし、観客を驚かせた。

 波瑠さんは一人のキャラクターの10代から50代までを演じており、遊川監督は「30年分あるので年齢ごとに髪形や服装を決めないといけない。9時間かかると思っていなくて、さすがにへとへとになった……」と苦笑い。波瑠さんは「現場始まってからも髪の毛の調節が続いて、これが洗礼だと思った。脱いでは着る、脱いでは着るというロボットになっていましたね……」と振り返った。

 実年齢よりはるか年上を演じるにあたり、「強いお酒を飲んで」役作りをしたという成田さん。「お酒を飲んで声を枯らしてむくませて、だれているような感じにしようと。でも次の日が高校生役だったりしたので物理的な準備ができなかったのは大変でした」と苦労を語った。

 また、映画のストーリーにかけ「30年後も変わらずに大事にしていきたいもの」と聞かれると、波瑠さんは「気をつけているし、変わらずにいきたいと思うことは“普通に居続けること”」と回答。女優という職業について「変わったお仕事じゃないですか」といい、「特別に見えるけど、その特別な作業は皆さんに共感できるような人を表現しないといけない。なので普通でいることを心がけていきたいです」と心構えを語った。

 舞台あいさつにはそのほか、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さんも登場した。

【動画】予告映像&ポスタービジュアル公開 波瑠&成田凌それぞれの結婚、挫折、震災の様子も…

出典:YouTube

 連続ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」(いずれも日本テレビ系)などで知られる脚本家の遊川和彦さんが監督を務め、女優の波瑠さんが主演を務める映画「弥生、三月-君を愛した30年-」(3月20日公開)のポスタービジュアルと予告映像が1月17日、公開された。予告映像には、波瑠さん演じる結城弥生と、成田凌さん演じる山田太郎が、激動の人生の中ですれ違いながらも引かれ合う姿が映し出される。それぞれ別の人との結婚や離婚、子供の頃からの夢の挫折、配偶者を亡くした震災などが描かれ、物語の全貌が明らかになる。

 予告映像は、弥生がカセットテープに録音されたサクラのメッセージを再生するところから始まり、弥生とサンタの出会いや、サクラとの別れ、弥生とサンタが別々の道を選ぶ姿などが映し出される。また制服姿のサンタが弥生に「もし、40過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」と告げる場面なども登場する。ポスタービジュアルには、弥生とサンタが抱き合う姿に「30年間、ずっとどこかであなたのことが好きだった」という文章が添えられており、背景には、二人の30年間の3月の出来事を切り取ったさまざまなシーンが写し出されている。

映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」のポスタービジュアル(C)2020「弥生、三月」製作委員会
映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」のポスタービジュアル(C)2020「弥生、三月」製作委員会

波瑠&成田凌、映画「弥生、三月-君を愛した30年-」で初共演&ダブル主演 「同期のサクラ」遊川和彦監督が30年間描く

映画「弥生、三月-君を愛した30年-」に出演する(左上から)波瑠さん、成田凌さん、(左下から)杉咲花さん、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さん(C)2020「弥生、三月」製作委員会
映画「弥生、三月-君を愛した30年-」に出演する(左上から)波瑠さん、成田凌さん、(左下から)杉咲花さん、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さん(C)2020「弥生、三月」製作委員会

 連続ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」(いずれも日本テレビ系)などで知られる脚本家の遊川和彦さんの第2回監督作品「弥生、三月-君を愛した30年-」が製作され、女優の波瑠さんと俳優の成田凌さんがダブル主演を務める。2人は初共演。

 遊川監督が脚本を手がけて現在放送中の「同期のサクラ」は1話1年で描かれているが、今回の「弥生、三月-君を愛した30年-」は、ある年の3月1日、3月2日、3月3日など“30年間におよぶ3月のある1日”が舞台。昭和、平成、令和をまたぎ、運命に翻弄(ほんろう)されながら愛を紡ぐ2人の半生を描くオリジナル作品。波瑠さんは、正しいことに真っすぐ突き進み、強い信念を持つ女性・結城弥生、成田さんは周りに流される弱さを抱えつつも、弥生を人生をかけて支えていく男性・山田太郎(通称サンタ)を演じる。

 そのほかに杉咲花さんが、弥生と太郎の親友で若くして命を落とす高校生・渡辺サクラ、岡田健史さんが太郎と深く関係のある青年・あゆむ、小澤征悦さんが弥生の配偶者で、ある事故に巻き込まれる男・白井卓磨、黒木瞳さんが太郎の母・山田真理亜を演じる。岡田さんは映画初出演。

 撮影はすでに3月にクランクインし、5月にクランクアップ。2020年3月20日に公開される。

 ◇遊川和彦監督のコメント

  波瑠さんと成田凌さんが、ふたりの男女の10代から50代までを演じきり、壮大な物語の中で30年間を一生懸命必死に生きています。

 波瑠さん演じる弥生が、30年で積み重ねた、意志の強さ、爽やかさ、聡明さが、観ている僕たちの心に熱く訴えかけてくる、そんな良い表情で演じてくれています。

 成田さん演じる太郎は、生きていく上での苦悩や自分に対しての怒りを抱えつつも、明るく常に変わらないでいようとする心境を丁寧に演じてくれて、その細かい表現が作品にとても深みを与えています。

 三月は、1年毎に桜が咲き、そして散っていく。まるで人生のような、ドラマチックな季節です。人生は基本的には辛くて、堪えないといけないものです。変わっていくものもあり、どう変わらないでいられるか。その答えに悩んでいる人たちを肯定してあげられる映画になれば嬉しいです。

(C)2020「弥生、三月」製作委員会
(C)2020「弥生、三月」製作委員会
出典:YouTube