青くて痛くて脆い キャスト

青くて痛くて脆いキャスト

吉沢亮 杉咲花
岡山天音
松本穂香
清水尋也
森七菜
茅島みずき
光石研
柄本佑

吉沢亮、杉咲花とダブル主演 怒り、憎しみ、歪んだ感情が暴走

映画「青くて痛くて脆い」でダブル主演を務める吉沢亮さん(左)と杉咲花さん(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会
映画「青くて痛くて脆い」でダブル主演を務める吉沢亮さん(左)と杉咲花さん(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

 俳優の吉沢亮さんと女優の杉咲花さんが、「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」などで知られる住野よるさんの小説(KADOKAWA)を実写化する映画「青くて痛くて脆(もろ)い」でダブル主演を務める。

 ◇吉沢亮さんのコメント

 今回僕が演じた田端楓という役は、今まで演じたことのない闇の抱え方、屈折の仕方をした役で、見た人から嫌われそうな役だったのですが、演じていてとても楽しかったです。小説だからこそ成立しているロジックを映像的に落とし込んでいて、とても面白い作品になっていると思います。杉咲さんは、現場でも秋好同様、ずっと笑っている印象でした。前にご一緒した時は同じシーンがほぼなく、今回ガッツリお芝居をできてうれしかったです。

 ◇杉咲花さんのコメント

 住野よるさんの作品がすごく好きで、原作が出た時から「もし実写化されるならこの役をやりたい!」と思っていたので、オファーをいただいた時はすごくうれしかったです。純粋な気持ちだけで真っすぐ突き進む、まぶしい秋好を演じられることは楽しみでした。この作品には、人に見られたくない部分がどんどん出てきて、隠されていたものがえぐられていくような描写もあり、「もしかしたら自分にもこういう一面が、どこかにあるかもしれない」という思いにもなったりしながら、ただの青春映画ではない、リアリティーと深みのある作品になったと思います。

松本穂香、清水尋也、森七菜らが出演 特報映像&ポスタービジュアル解禁

映画「青くて痛くて脆い」に出演する(左上から)岡山天音さん、松本穂香さん、清水尋也さん、森七菜さん、(左下から)茅島みずきさん、光石研さん、柄本佑さん(C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会
映画「青くて痛くて脆い」に出演する(左上から)岡山天音さん、松本穂香さん、清水尋也さん、森七菜さん、(左下から)茅島みずきさん、光石研さん、柄本佑さん(C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

 俳優の吉沢亮さんと女優の杉咲花さんがダブル主演する映画「青くて痛くて脆(もろ)い」(狩山俊輔監督、8月28日公開)に、岡山天音さん、松本穂香さん、清水尋也さん、森七菜さん、茅島みずきさん、光石研さん、柄本佑さんが出演する。

 岡山さんは楓のバイト仲間で、「モアイ」をぶっつぶす手助けをする前川董介(まえかわ・とうすけ)、松本さんは董介のゼミの後輩で「モアイ」の幽霊部員の本田朝美(ポン)、清水さんは「モアイ」の幹部・天野巧(テン)、森さんは楓と秋好が「モアイ」の活動をしていたときに知り合った不登校の少女・西山瑞希、茅島さんは楓のバイトの後輩で「モアイ」に加入する川原理沙、光石さんは西山瑞希の学校の担任・大橋、柄本さんは「モアイ」を外部者として支援する脇坂を演じる。

出典:YouTube

 また、映画の特報映像とポスタービジュアルが解禁された。特報映像では、吉沢さん演じる「大切な仲間」と「居場所」を奪われた楓が、うそと悪意にまみれながら復讐(ふくしゅう)に身を投じていく姿が収められている。またポスタービジュアルには、吉沢さんと杉咲さんの姿が写し出され、「彼女は死んだーー僕は忘れない。」というコピーが添えられている。

 さらに、映画の主題歌を4人組のロックバンド「BLUE ENCOUNT」が担当することも発表された。タイトルは「ユメミグサ」。BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が原作小説のテーマソングとして使用されており、原作者の住野さんたっての希望で、映画でも主題歌を担当することとなった。ボーカルの田邊駿一さんは「僕らの新曲、『ユメミグサ』。この作品を彩るためだけに作った曲ではありません。僕から登場人物たちに宛てた手紙のような存在です。住野先生、原作ファンの方々、そして映画で初めてこの世界に出会うことになる皆さんにささげます」とコメントしている。

(C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会
(C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会
(C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会
(C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会