青くて痛くて脆い キャスト

青くて痛くて脆いキャスト

吉沢亮 杉咲花

吉沢亮、杉咲花とダブル主演 怒り、憎しみ、歪んだ感情が暴走

映画「青くて痛くて脆い」でダブル主演を務める吉沢亮さん(左)と杉咲花さん(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会
映画「青くて痛くて脆い」でダブル主演を務める吉沢亮さん(左)と杉咲花さん(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

 俳優の吉沢亮さんと女優の杉咲花さんが、「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」などで知られる住野よるさんの小説(KADOKAWA)を実写化する映画「青くて痛くて脆(もろ)い」でダブル主演を務める。

 ◇吉沢亮さんのコメント

 今回僕が演じた田端楓という役は、今まで演じたことのない闇の抱え方、屈折の仕方をした役で、見た人から嫌われそうな役だったのですが、演じていてとても楽しかったです。小説だからこそ成立しているロジックを映像的に落とし込んでいて、とても面白い作品になっていると思います。杉咲さんは、現場でも秋好同様、ずっと笑っている印象でした。前にご一緒した時は同じシーンがほぼなく、今回ガッツリお芝居をできてうれしかったです。

 ◇杉咲花さんのコメント

 住野よるさんの作品がすごく好きで、原作が出た時から「もし実写化されるならこの役をやりたい!」と思っていたので、オファーをいただいた時はすごくうれしかったです。純粋な気持ちだけで真っすぐ突き進む、まぶしい秋好を演じられることは楽しみでした。この作品には、人に見られたくない部分がどんどん出てきて、隠されていたものがえぐられていくような描写もあり、「もしかしたら自分にもこういう一面が、どこかにあるかもしれない」という思いにもなったりしながら、ただの青春映画ではない、リアリティーと深みのある作品になったと思います。