東京リベンジャーズ あらすじ

東京リベンジャーズあらすじ

 映画「東京リベンジャーズ」は、「新宿スワン」などで知られる和久井健さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」が原作。俳優の北村匠海さんが主人公の花垣武道を演じる。山田裕貴さん、杉野遥亮さん、鈴木伸之さん、磯村勇斗さん、間宮祥太朗さん、吉沢亮さんらも出演する。

 「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」が原作。物語の主人公は、壁の薄いボロアパートに住むダメフリーターの花垣武道(ハナガキ・タケミチ)。ある日ニュースで、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタと、その弟・ナオトが、関東最凶の組織“東京卍曾”に殺されたことを知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチは関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む……というストーリー。

 山田さんは、東京卍會副総長の龍宮寺堅(通称ドラケン)、杉野さんが、物語のカギを握る存在の橘ナオト、鈴木さんが、タケミチの天敵、清水将貴(通称キヨマサ)をそれぞれ演じる。さらに、磯村さんがタケミチの親友・千堂敦を演じるほか、裏で暗躍する東京卍曾幹部の稀咲鉄太役を間宮さん、タケミチが挑む東京卍曾の総長・佐野万次郎役を吉沢さんが務める。

映画「東京リベンジャーズ」のあらすじ