まともじゃないのは君も一緒 ニュース

泉里香、映画「まともじゃないのは君も一緒」で才色兼備の“大人な女性”に 成田凌演じる主人公と接近

映画「まともじゃないのは君も一緒」のポスタービジュアル (C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
映画「まともじゃないのは君も一緒」のポスタービジュアル (C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

 モデルで女優の泉里香さんが、俳優の成田凌さんと女優の清原果耶さんがダブル主演を務める映画「まともじゃないのは君も一緒」(前田弘二監督、3月19日公開)に出演することが1月21日、分かった。泉さんは、成田さん演じる予備校講師・大野と接近する、才色兼備の“大人な女性”・美奈子を演じる。

 映画は高田亮さんが脚本を手がけるオリジナルストーリー。ずっと大好きな数学の世界で生きてきた大野は独身、彼女なしだが“普通”に結婚したいと思っている。しかし“普通”が何か分からず、デートをしてもピントがずれている。ある日、大野(成田さん)は香住(清原さん)に「どうしたら普通になれる? 普通を教えてほしい」と頼み込む。香住は「女の人と付き合えるようになる練習」として大野と美奈子(泉さん)を接近させるのだが、おかしな方向へと進んでいく……というストーリー。

 また、俳優の小泉孝太郎さんが出演することも併せて発表された。小泉さんが演じる宮本は香住が憧れる実業家で、美奈子の婚約者という役どころ。

 映画の新たなポスタービジュアルも公開された。ポスタービジュアルには、成田さんと清原さんのさまざまな表情が映し出され、ポスター右上には、泉さんと小泉さんの姿があしらわれている。さらに、映画の新たな予告編も併せて公開され、大野と香住が会話の応酬を繰り広げるシーンや香住から恋愛指南を受ける大野の姿、大野が美奈子と一緒に仲良さげに会食する様子などが収められている。

出典:YouTube

成田凌、清原果耶とダブル主演で初共演 「まともじゃないのは君も一緒」で講師&予備校生に

映画「まともじゃないのは君も一緒」でダブル主演を務める成田凌さん(左)と清原果耶さん(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
映画「まともじゃないのは君も一緒」でダブル主演を務める成田凌さん(左)と清原果耶さん(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

 俳優の成田凌さんと女優の清原果耶さんが、映画「まともじゃないのは君も一緒」でダブル主演を務める。成田さんと清原さんが共演するのは初めて。成田さんは、数学一筋、世間知らずで人とのコミュニケーションが苦手だけれど実は“普通”に結婚願望のある予備校講師の大野康臣、清原さんは、恋愛経験はないけど恋愛雑学だけは豊富な大野の教え子の秋本香住を演じる。

 同作は、映画「婚前特急」「わたしのハワイの歩きかた」などでタッグを組んだ前田弘二監督と脚本家の高田亮さんが再タッグを組み、オリジナルストーリーで描かれる。ずっと大好きな数学の世界で生きてきた予備校講師の大野(成田さん)は独身、彼女なしだが“普通”に結婚したいと思っている。しかし“普通”が何か分からず、デートをしてもピントがずれている。教え子の香住は、そんな大野を「普通じゃない」と指摘する唯一の存在。ある日、大野は香住に「どうしたら普通になれる? 普通を教えてほしい」と頼み込むが……という展開。11月公開。

 ◇前田弘二監督のコメント

 この映画は、世の中の「普通」になじめない、おかしな二人の物語です。成田凌さんと清原果耶さんは全編を通して繰り広げられる、かみ合わない掛け合いの応酬に潜んだ感情の機微を一つ一つ丁寧に見事に演じ、2人の作り出した空気感がとってもおかしく、愛おしく、時にクレイジーで、その魅力は想像をはるかに超えました。「普通はどうなんだ?」「みんなはどう思うんだろ?」正論らしさや大多数の意見に流されやすい現代。きっと主人公2人の姿に気分がスカッとするはず。