キネマの神様 あらすじ

キネマの神様あらすじ

 映画「キネマの神様」は、タレントの志村けんさんと俳優の菅田将暉さんがダブル主演を務め、山田洋次監督がメガホンをとる。志村さんが映画に出演するのは1999年公開の「鉄道員」以来、約21年ぶり2度目で、主演は初めて。志村さんと菅田さんが共演するのは初めてで、主人公のゴウを二人一役で演じる。永野芽郁さん、宮本信子さんも出演し、永野さんは若き日のゴウ(菅田さん)が恋心を抱く食堂の娘、宮本さんはゴウ(志村さん)の妻・淑子を演じる。

 映画は、1920年に松竹の前身となる松竹キネマ合名社が設立して今年で100周年を迎えることを記念して製作。1920年は、数々の名作を製作した映画スタジオの蒲田撮影所が開所した年でもある。原作は人気小説家・原田マハさんが自身の家族、経験をもとに書き上げた「キネマの神様」(文春文庫)で、“松竹らしい家族”をテーマに描く。

 無類のギャンブル好きで、淑子や家族に見放されたダメ親父のゴウだが、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは映画。行きつけの名画座の館主のテラシンとゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。若き日のゴウらは、時代を代表する名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。しかし、ゴウとテラシンが共に食堂の娘に恋心を抱き、運命の歯車は狂い始める……。時代を越えて繰り広げられる愛と友情の物語。若き日のゴウが信じ続けた“映画の神様”が、時を越えて一つの家族に奇跡をもたらす……というストーリー。

映画「キネマの神様」のあらすじ