MOTHER マザー ニュース

<インタビュー>長澤まさみ 大森立嗣監督「MOTHER」で自堕落で奔放なシングルマザー役に挑戦「人ごとではない」

映画「MOTHER マザー」主演の長澤まさみさん(左)と大森立嗣監督
映画「MOTHER マザー」主演の長澤まさみさん(左)と大森立嗣監督

 女優の長澤まさみさんが自堕落で奔放なシングルマザー役で主演を務める映画「MOTHER マザー」(大森立嗣監督)が7月3日に公開される。17歳の少年が祖父母を殺害した実際の事件を基にしたフィクションで、映画「日日是好日」(2018年)や「タロウのバカ」(2019年)などで知られる大森監督がメガホンをとった。大森監督は「スターの長澤さんが自分を疑いながら現場にいる感じが新鮮だった」と長澤さんを評する。長澤さんと大森監督に、撮影現場の様子や作品に対する思いなどについて聞いた。

 映画は、ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子(長澤さん)と、秋子の歪んだ愛に翻弄(ほんろう)されながら育った秋子の息子である周平(奥平大兼さん)は、身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく。その中で、2人の間に生まれた“絆”が成長した周平を一つの殺害事件へ向かわせる。周平が罪を犯してまで守りたかったものとは……というストーリー。秋子と内縁関係になるホストの遼は阿部サダヲさん、周平の幼少期は郡司翔君(9)、周平の妹・冬華役で浅田芭路ちゃん(6)が演じている。

 ◇女性として気にかかった

 大森監督は、現場での長澤さんについて「女優さんで、スターだと思いますが、現場ではそういう感じではなかった。経験がたくさんあるのに、いつも自分のことを疑いながら現場にいる感じが新鮮でした。僕はそういう人は大好きです」と表現する。

 長澤さん自身は、演じた秋子について、「私自身、女性としていつかは子供を持つ立場になるかもしれないので、どこか人ごとに感じなかったという部分があります。もちろん秋子のことはとうてい理解できないし、この先も理解できないと思いますが、同じ女性の立場として、すごく気にかかったんです」と語る。

 どんな部分が気にかかったのか。長澤さんは「家庭環境でこういう人(秋子)が生まれてしまったという、そこは映画には描かれていないですが、きっと“普通の環境”ではなかったんじゃないかなと。家庭の問題は、それぞれの(固有の)のものだけど、そういう女性が出来上がる家庭があったというのが一つの社会問題。そこは本人の責任だけとは言い難いですよね。そういうところに自分自身も考えさせられました」と役柄の背景にまで思いをはせていた。

(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会

 ◇初めは撮影のスピードに追いつけず…

 役柄を深く理解し、作り込んでいこうとする長澤さんは、「最初のテイクが一番」と考える大森監督の演出について、初めは「撮影のスピードに追いついていけませんでした」と振り返る。

 大森監督は「僕は、いつもテイク数が少なくて、1回目が一番だと思っています。俳優として初めて向き合って、初めてその風景を見たときの感情でお芝居をしてほしい。何回もやると失うものがあるんじゃないかという思いが、僕の中にはあるんです」と話す。

 ただ、「今回は難しい、社会の外側にいるような役ですからね。日本の今の母親像、日本の今の女性像の想像を超えていってしまう部分が、秋子にはあるんです。長澤さんにとってもすごくチャレンジだったと思う」と長澤さんに対して理解を示し、「長澤さんが主役で、その人が現場で感じることを僕は信用しちゃうんですよ。秋子役は取り換えがきかない、長澤さんでしかありえない。圧倒的に理屈じゃないんです。だから長澤さんが現場で何を感じるか、どういう動きをするのかがすごく大事。長澤さんの歩き方一つから演技全部を信用するんです」と全幅の信頼を寄せた。

 長澤さんは「最初は、自分の中で秋子の(周平を虐待する)暴力性のさじ加減がしっくりきていなくて。ただ泣きわめいて生きているだけだと秋子という人物が伝わらない。そうなりがちな作品なので、自分の中で迷っていて、監督が私を信頼してくれているのは分かっていたんですけど、もっといいものを目指したいという向上心もあって、自分の中で(秋子という人物が)定まっていなかったので、うまくできなかったのかな」と自己分析。

 監督に対して当初は遠慮していたが、長澤さんは「これじゃマズい!と思って、途中からは率直に疑問や思いをぶつけていくようになりました」と語る。

 ◇全開にしないと無理

 試写を見た関係者からは「最後、すごい顔をしていたね」「目の(表情の)移り変わりがすごく印象的だった」という感想が寄せられたという。

 長澤さんは「演じているときは自分がどんな顔をしているかなんていうのは分からない。家で練習してきたわけではないし、こういう表情をしようと思ってお芝居はしていない」と前置きしつつ、「誰かと対峙(たいじ)して言葉を交わす……一方的に言葉を発することが会話ではなくて、目が合って、言葉を交わして初めてその会話が成立するのは、普通のことなんですけど、お芝居をする場では大事なことです。そのことに対して向き合っていたというか、大切にできればなと思って演じていた、その先にそういう表情があったということなんじゃないかと思います」と語る。

 「だからこそ監督が1回のテイクにすべて込めている思いを感じました。一番大事なことだと思います」と初めて演じるときの新鮮さを大事にする大森監督の手法に共感を示す。

 大森監督は「この役は(長澤さんの能力を)全開にしてもらわないと絶対に無理だし、何かきれいにやろうとしたら映画自体がだめになってしまう。そこはお互いコンセンサスが取れて、僕が言う前に長澤さんがどんどんやろうとしていた。時間が経過していく話なので、メークで老けさせたり、体重を短期間に増減してほしいというのもやってきてくれた」と満足そうに語った。

 ◇子供たちのピュアな演技に「逃げられない」

 演じる上では、周平役の新人俳優の奥平さんや子役のピュアな演技に助けられる部分もあったという。

 秋子が周平に金の工面をさせるなど、虐待する様子が描かれているが、「秋子がひどいことをしている感覚でいたのかといったら、それは違う気もするのですが。秋子の言葉に関して自分で引け目を感じたら成立しないし、お芝居をダメにすることだから、なるべく何も考えずに、言葉がちゃんと伝えられるといいなあと思っていました」という。

 「そんなとき、対面している人に助けられることが多いんです。それが今回は子供たちでした。子供たちは本当にピュアで、言われたことをきっちりやるからもう逃げられないという気持ちになりました。ピュアさに対して、自分も向かっていくしかない。子供たちに引っ張っていってもらいました」と明かす。

 大森監督は「きついシーンが続くので、子供たちがいるとリラックスできるというのもありましたし、長澤さんがどうアプローチしていくかということに奥平君とかみんなが影響を受けていたんじゃないかな。大先輩が現場で誰よりも一番考えているしね。すごくいい方向に行ったと思うんです」と目を細める。

 最後に、長澤さんは「大人の方に見てもらいたい作品です。皆さんにもこういうことがあるかもしれないと、知るきっかけになってもらえたらと思うし、もしかしたら自分のたった一言でこの人たちの生活を変えられたかもしれないとも思うので、(深刻な題材だからといって)食わず嫌いせずに見てもらえたらなと思います」とメッセージを送った。

(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会

長澤まさみ、うつろな目でたばこをふかす 主演映画「MOTHER マザー」場面写真解禁

映画「MOTHER マザー」の場面写真(C)2020「MOTHER」製作委員会
映画「MOTHER マザー」の場面写真(C)2020「MOTHER」製作委員会

 女優の長澤まさみさんが主演を務める映画「MOTHER マザー」(大森立嗣監督、今夏公開予定)の場面写真8点が5月13日、解禁された。長澤さん演じる主人公・秋子がうつろな目でたばこをふかす様子や、子供たちとラブホテルのベッドで川の字に眠る姿などが写し出されている。

(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会

長澤まさみの息子役に“新人俳優”奥平大兼抜てき ひざをなめる本予告も公開

映画「MOTHER マザー」のポスタービジュアル(C)2020「MOTHER」製作委員会
映画「MOTHER マザー」のポスタービジュアル(C)2020「MOTHER」製作委員会

 女優の長澤まさみさんが主演を務める映画「MOTHER マザー」(大森立嗣監督、2020年初夏公開予定)で、長澤さん演じる主人公・秋子の息子役に、新人の奥平大兼(おくだいら・だいけん)さんが抜てきされたことが4月27日、明らかになった。奥平さんは、今作がスクリーンデビューで初めて受けたオーディションで見事、大役を射止めたという。

 奥平さんは、2003年9月20日生まれの16歳。東京都出身。趣味は芸術、洋楽、クラシック鑑賞など。特技は空手。空手初段で2012年に全国武道空手道交流大会「形」で優勝した経験がある。東京・渋谷駅の改札で所属事務所からスカウトされ、「勉強のために」と初めて受けたオーディションで、今回の大抜てきとなった。

 奥平さんは、当時のオーディションについて「勉強になればとオーディションを受けました。審査側の机は選考書類の山でしたし、絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、うれしいよりも驚きの方が大きかったです」と振り返っている。

 映画は実話を基にした作品で、ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活を送る秋子(長澤さん)と、秋子の息子である周平(奥平さん)の姿を描く。身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平を一つの殺害事件へ向かわせる。周平が罪を犯してまで守りたかったものとは……というストーリー。秋子と内縁関係になるホストの遼は阿部サダヲさん、周平の幼少期は郡司翔君が演じる。

 奥平さんのほか、夏帆さん、皆川猿時さん、仲野太賀さん、木野花さんの出演も発表。またポスタービジュアルと本予告映像も公開された。映像では、秋子が周平のひざをなめるシーンなど、秋子のゆがんだ愛情が収められている。

 キャストと監督のコメントは以下の通り。

 ◇奥平大兼さんのコメント

 オーディションを受けること自体が初めてで、勉強になればとオーディションを受けました。審査側の机は選考書類の山でしたし、絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、うれしいよりも驚きの方が大きかったです。

 撮影に入る前に、大森監督の俳優ワークショップを受けていたのですが、いざ現場に入ると、過酷な環境の中で生きる周平を演じきれるかとても不安でした。長澤さんが「大丈夫」と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました。今回この役を演じることで、周平のような子供が世の中にいるんだと実感し、いろいろと考えされられました。本作を見て、もしかしたら自分の身近にもいるかもしれない、と考えていただくきっかけになればいいなと思います。

 ◇長澤まさみさんのコメント

 奥平くんは初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれたので、今回、私はとても助けられていたように思います。そこで生まれた感情に大きく揺れ動く姿と対峙(たいじ)することで、自分も素直に演じることができました。お芝居は、その瞬間瞬間の感情を表現することが大切だと改めて感じさせられました。

 ◇大森立嗣監督のコメント

 頭で考えてできるような役ではないから、撮影が進む中で自分が感じることを大事にしてほしいと、とにかくずっと言い続けていました。彼が偉かったのは、演技の中で嘘(うそ)をつかないことをやり通せたこと。素直だからこそ、嘘をつくのは嫌だという感覚が本人の中にあって、嘘をつかないためには自分がそこでどういう気持ちにならなければいけないのかという作業を、撮影中の彼は常にしていたと思います。

 ◇佐藤順子プロデューサーのコメント

 この作品の明暗は周平役で決まると考えていました。周平と同じ年ごろの数多くの役者さんにオーディションでお会いしましたがイメージに合う方がおらず、最後に飛び込みで「演技経験はない新人ですが」と言われてお会いしたのが奥平さんでした。彼は演技未経験ではありましたがとても深く脚本と役柄を理解しており、その感性にすごく驚かされたのを覚えています。周平役には、16~17歳という少年期の危うさと繊細さ、そして主人公の母親を支える包容力が必要だと考えていたので、初めてオーディションでお会いした時、彼しかいないと確信しました。現場でも撮影を重ねるごとに良くなり多くの奇跡的なシーンを撮影することができたと思いますし、まるで奥平大兼の役者としての成長をドキュメントで見ているようでした。

出典:YouTube

長澤まさみ、社会の闇に落ちる母親役で阿部サダヲと初共演 映画「MOTHER マザー」

2020年公開の映画「MOTHER マザー」に出演する長澤まさみさん(右)と郡司翔さん(左)(C)2020「MOTHER」製作委員会
2020年公開の映画「MOTHER マザー」に出演する長澤まさみさん(右)と郡司翔さん(左)(C)2020「MOTHER」製作委員会

 女優の長澤まさみさんが、2020年初夏に公開される映画「MOTHER マザー」で主演を務める。本作は実話を基に描かれた物語で、長澤さんは社会の闇へと落ちていく自堕落で奔放な秋子役を演じる。また、阿部サダヲさんが秋子と内縁関係になるホストの遼役で、長澤さんと初共演する。

 映画は、ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活をおくる秋子(長澤さん)と、秋子の幼い息子である周平(郡司翔くん)の姿を描く。やがて一つの事件に発展し、周平が罪を犯してまで守りたかったものが明らかになっていく……というストーリー。「日日是好日」の大森立嗣監督がメガホンを取る。

 本作への出演は長澤さん自身が決めたといい、「今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました」と出演理由を明かしている。

 本作で主演を務めた長澤さんについて、共演者の阿部さんは「シリアスからコメディーまで何でもできる女優さんということは分かっていました。母親役の印象はあまりなかったのですが、すごくグッときましたよ、親子のシーン……僕はいないシーンです(笑い)」とコメント。大森監督は「秋子は、強烈で想像を超えたキャラクターなので演じるのが大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。長澤さんの非常によい表情を収めることができたと思います」と話している。

 ◇大森立嗣監督コメント

 港(岳彦)さんと脚本を組み立てていく中で“女”として破滅的なキャラクターである秋子が、一方では、子供をなめるように育ててきた“母”でもあるという一人の女性の大きな隙間(すきま)をどのように描くかということに監督としてのやりがいを感じました。秋子は、強烈で想像を超えたキャラクターなので演じるのが大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。長澤さんの非常によい表情を収めることができたと思います。

(C)2020「MOTHER」製作委員会
(C)2020「MOTHER」製作委員会