とんかつDJアゲ太郎 ニュース

「とんかつDJアゲ太郎」異色のマンガ制作秘話 「とんかつとDJって同じなのか!?」誕生の背景 実写化に「希望」も

「とんかつDJアゲ太郎」のビジュアル(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
「とんかつDJアゲ太郎」のビジュアル(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演の映画「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督)が公開中だ。原作は“とんかつ”と“クラブDJ”をテーマにした、イーピャオさん原案、小山ゆうじろうさん作画の異色マンガ。老舗とんかつ屋の三代目・勝又揚太郎(アゲ太郎)が、とんかつとフロアを“アゲられる”男“とんかつDJ”を目指すという青春コメディーだ。実写化は「連載当時は考えてもみなかった」と口をそろえて驚きを明かすイーピャオさんと小山さんに、原作の制作秘話、映画について聞いた。

 ◇ターニングポイントとなった一言は…

 原作は、集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で2014年9月~2017年3月に連載。テレビアニメが2016年4~6月に放送された。東京・渋谷の老舗とんかつ屋・しぶかつの三代目のアゲ太郎は、初めて入ったクラブで音楽に合わせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を得る。そして、アゲ太郎はとんかつとフロアを“アゲられる”男を目指す……というストーリー。北村さんが主人公のアゲ太郎を演じている。

 元々、大学の先輩と後輩の間柄だったイーピャオさんと小山さん。同マンガが誕生したのは、新人マンガ家時代、小山さんがネタに詰まったとき、イーピャオさんと見に行った映画「喜劇 とんかつ一代」(1963年、川島雄三監督)を思い出したことがきっかけだったという。

 「とんかつが出てきて、キャラがいっぱいいてドタバタする映画で、見終わってから、その現代版みたいな作品が見たいね、と妄想していたんです。そのことをふと思い出して『マンガにしてみるか』と……」と小山さん。同時期、それ以前に描いたギャグマンガにヒップホップMCを出して好感触だったことなど、後にネタとなる要素はいくつかあった。

 方向を決定づけたのは、イーピャオさんがひらめいたダジャレ。「『昼は豚肉をアゲて、夜はフロアをアゲる』……(言葉の)“かかり”ができるんじゃないか、と(小山さんに)連絡しました」とイーピャオさん。小山さんは「バチーン!と見えたターニングポイントでしたね。それから面白半分、マジ半分で、二人でいろいろアイデアを出して、とりあえず描いてみようと。ちょうど『ジャンプ+』の創刊のタイミングだったので、連載会議に3話分を作って出したら、連載になったんです」と説明する。同席した集英社の担当編集の村越周さんによると、連載会議ではネタの突拍子のなさに面食らう人も多かったが、一部の強い支持と、創刊時のチャレンジを推奨する雰囲気で、連載がスタートしたという。

 ◇原作は言葉の“かかり”を大事に

 作中には、くすりと笑える名ぜりふが多数登場する。中でも代表的なのが「とんかつとDJって同じなのか!?」と第1話でアゲ太郎が叫ぶせりふ。小山さんは「『ここにフライヤー(の絵)を置いて、アゲ太郎に『同じなのか!?』と言わせる……イーピャオと話したイメージを絵にしたら、意外とハマって」と笑う。また、「フロアもとんかつもアゲる」などの言葉の“かかり”は連載を通して大切にしていたといい、小山さんは「“かかり”がうまくなきゃ、と。そこは大事にしていました」と明かす。

 マンガの主な舞台はクラブととんかつ屋。だが、二人は元々、クラブに行ったことはなかったという。「行ってみようか、という日があって、二人の友達を連れて四人で行った時に、ほかの二人はピンときていなかったけど、僕らは楽しいなと思ったんです。ミニマルテクノのイベントだったんですけど、みんな音楽を楽しみにきているなと感じました。それで、(クラブのマンガを)すんなりポジティブに描けたのかなと思います」と小山さん。なお、偶然にも、そのとき初めて行ったクラブが今作の撮影場所だったそうで、イーピャオさんは「初めて行ったクラブがまさか撮影場所になるとは思わなかった」と笑う。

 連載中はクラブの取材はもちろん、名古屋や大阪へ、味噌カツや串カツを食べに遠征した。「“揚げ物取材”と称して(笑い)。あと、地元のクラブなどにも二人で行って気分転換になっていました」とイーピャオさん。小山さんも「取材すべき対象は食べておいしいものだし、クラブでも、聞いて、踊って、と楽しくて。二人ともいろいろな街を歩くのが好きだし、すべての行動がネタになるので、取材で苦しいことはなかったですね。取材でフジロックに行けたのも最高でした」と楽し気に語る。

 ◇実写化に「世の中捨てたもんじゃない」

 実写映画化には「連載当時考えてもみませんでした」と笑うイーピャオさんと小山さん。小山さんは「世の中、捨てたもんじゃないなと思いました。この作品に大人が動いてくれるんだと希望を感じましたね」と口にする。

 実写化で魅力的に感じたのは、マンガでは表現し切れない“音”の要素だという。「マンガで限界を感じていた音の部分が、映画で出ていて。そこが一番ですね」と小山さん。イーピャオさんは、家族劇の要素が好きだったといい、「アゲ太郎と親父が対話するシーンなどのしっとり感、家族同士のやり取りは、隠れた見どころだと思っています。『しぶかつ』閉店後の家族の展開は好きですね」と語る。

 実写では、加藤諒さん、浅香航大さん、栗原類さん、前原滉さんが演じているアゲ太郎の友人四人組の存在がマンガより大きいことも見どころの一つ。小山さんは「マンガではあまりそれぞれを掘り下げていなかったんですが、『現実であいつらがいたらこういう感じだよな』と思えて、すごくうれしかったですね」とほほ笑み、イーピャオさんも「マンガでは渋谷の商店街にいそうな職業を選んでいて、こだわりのある四人だったんです。映画でもそれぞれの個性にあてはめられる、ベストな役者さんをキャスティングしてくださって。それがフィーチャーされたのは内心うれしかったですね」と喜ぶ。

 舞台となる渋谷の街が、実写化でもしっかりと映し出されていることも注目のポイントと小山さん。「原作も実際の渋谷の街を背景にして話が展開するんですが、僕の絵には限界があって渋谷を表現できていなかったので、映画ではそこがすごく雰囲気を感じ取れると思います」と語る。

 最後に、改めて2人に映画の感想を聞くと、イーピャオさんは「踊りだしそうになっちゃうぐらいのナンバー(曲)の熱さ。俳優の皆さんも、それぞれのキャラクターに近くて、渋谷から出てきそうなリアリティーをまとっていて。そのバランスが絶妙で、あっという間の上映時間でした」と太鼓判を押す。小山さんも「最高でした」と絶賛し、「マンガの実写化って、マンガの絵やストーリーを忠実に『再現する』ことに注力するよりも、映画が単体としてちゃんと面白くないとだめだと個人的には思っていました。(今作は)原作のマンガならではの表現と実写映像ならではの表現が、絶妙なミキシングで融合していて、すごくいい実写化なんじゃないかなと思いました」と熱く思いを語った。

映画10月30日公開に 主題歌はブルーノ・マーズ

映画「とんかつDJアゲ太郎」のビジュアル(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
映画「とんかつDJアゲ太郎」のビジュアル(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 新型コロナウィルスの影響で公開延期となっていた俳優の北村匠海さん主演の映画「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督)が、10月30日に公開されることが7月22日、分かった。また、主題歌が米歌手のブルーノ・マーズさんのファーストアルバムに収録されている「ラナウェイ・ベイビー」に決定したことも発表された。

 新たに予告編も公開。本編では「Maroon5」の楽曲「Sugar」、「Justice」の楽曲「D.A.N.C.E.」、「The Chemical Brothers」の楽曲「Star Guitar」など、往年の名曲から新曲まで67曲が登場するという。

 さらにパパイヤ鈴木さん、伊藤沙莉さん、内田朝陽さん、山谷花純さん、斎藤陽一郎さんが出演することも発表された。伊藤さんは友情出演となる。新たなポスターも発表された。

(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

フワちゃん、本人役で映画初出演 テンション「ブチアガりまくり~~~!!!!!!」

映画「とんかつDJアゲ太郎」に出演するフワちゃん(下中央) (C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
映画「とんかつDJアゲ太郎」に出演するフワちゃん(下中央) (C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 お笑い芸人でYouTuberのフワちゃんが、北村匠海さんの主演映画「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督、近日公開)で本人役で出演することが7月21日、分かった。フワちゃんは映画初出演。

 フワちゃんは、劇中で主人公・アゲ太郎(北村さん)が友人たちとYouTubeに投稿する動画の中に出演しており、「とんかつ頭のぼうやたちと自撮りでYouTube撮れて、とんかつもテンションも、ブチアガりまくり~~~!!!!!!」と“テンションアゲアゲ”のコメントしている。渋谷のど真ん中で、全身タイツにとんかつとレコードを身につけたアゲ太郎たちと、セルカ棒を持ったフワちゃんのカットも解禁された。

 7月22日には映画の“重大発表”が予告されている。

(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

「とんかつDJアゲ太郎」実写映画が公開延期 新型コロナウイルスの感染拡大で

 とんかつとクラブDJがテーマの異色マンガを、北村匠海さん主演で実写映画化した「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督)の公開が予定していた6月19日から延期されることが明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。

DJ KOO「とんかつDJアゲ太郎」で映画初出演 本人役で北村匠海に“アゲアゲ”熱血指南

映画「とんかつDJアゲ太郎」に出演するDJ KOOさん(左)と北村匠海さん(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
映画「とんかつDJアゲ太郎」に出演するDJ KOOさん(左)と北村匠海さん(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 とんかつとクラブDJがテーマの異色マンガを実写映画化した「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督、6月19日公開)に、「TRF」のDJ KOOさんが本人役として出演することが16日、分かった。DJ KOOさんが映画に出演するのは初めて。DJ KOOさんは、北村匠海さんが演じる主人公・アゲ太郎にDJ プレーのイロハを教える。

 DJ KOOさんが登場する特報映像も公開。アゲ太郎の前に急に現れたKOOさんが、リズムに合わせ「ほら、アゲてくれぇ!」と指南する。

 映画には、山本舞香さん、伊藤健太郎さん、伊勢谷友介さん、加藤諒さん、浅香航大さん、栗原類さん、前原滉さん、ブラザートムさん、池間夏海さん、片岡礼子さんらも出演する。

(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
出典:YouTube

【動画】北村匠海、三代目ブラザーズとお茶すすり… キャストの“チルアウト”姿収めた映像が公開

出典:YouTube

 俳優の北村匠海さんが主演を務める映画「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督、6月19日公開)の“チルアウト”映像が3月29日、公開された。主人公・アゲ太郎(揚太郎)を演じる北村さんが、ネックピローを首に巻いてまどろむ姿やアゲ太郎の仲間である三代目ブラザーズに扮(ふん)する加藤諒さん、浅香航大さん、栗原類さん、前原滉さんと仲良くお茶を飲む様子など、キャスト陣の“チルアウト”シーンを収めた映像となっている。

 “チルアウト”とは「ゆっくりする」「まったりする」といった意味を持つ言葉で、映像ではスタッフと話す伊藤健太郎さんや目を閉じてリラックスする山本舞香さん、頭の上で手を組みながら休憩する伊勢谷友介さんの姿も映し出されている。

 また、YouTubeのジャンプチャンネルでは、29日からアニメ「とんかつDJアゲ太郎」第1話の無料配信がスタート。映画公開と“ニクの日”を記念した配信となる。

映画「とんかつDJアゲ太郎」のワンシーン(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
映画「とんかつDJアゲ太郎」のワンシーン(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
(C)イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・とんかつDJ製作委員会
(C)イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・とんかつDJ製作委員会
(C)イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・とんかつDJ製作委員会
(C)イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・とんかつDJ製作委員会

村匠海が主演でコメディー初挑戦 山本舞香、伊藤健太郎、伊勢谷友介も出演

映画「とんかつDJアゲ太郎」のビジュアル(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
映画「とんかつDJアゲ太郎」のビジュアル(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんが、とんかつとクラブDJがテーマの異色マンガを実写映画化した「とんかつDJアゲ太郎」(6月19日公開)で主演を務めることが1月29日、明らかになった。北村さんはコメディー映画に初挑戦。北村さんのほか、山本舞香さん、伊藤健太郎さん、伊勢谷友介さん、加藤諒さん、浅香航大さん、栗原類さん、前原滉さん、ブラザートムさん、池間夏海さん、片岡礼子さんも出演。映画「チワワちゃん」などの二宮健監督がメガホンをとり、脚本も担当する。タイトルのとんかつにちなみ“ニクの日”に発表された。

 「とんかつDJアゲ太郎」はイーピャオさん原案、小山ゆうじろうさん作画のマンガ。集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+」で2014年9月~2017年3月に連載され、テレビアニメが2016年4~6月に放送された。東京・渋谷の老舗とんかつ屋「しぶかつ」三代目・勝又揚太郎(かつまた・あげたろう、北村さん)は、初めて入ったクラブで音楽に合わせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を得る。そして、揚太郎はとんかつとフロアを“アゲられる”男を目指す……というストーリー。

 山本さんは揚太郎が憧れる見習いスタイリストの服部苑子、伊藤さんは揚太郎のライバルDJの屋敷蔵人(やしき・くらうど)、伊勢谷さんは揚太郎のDJの師匠・DJオイリーこと尾入伊織、加藤さんは「円山旅館」の三代目・室満夫、浅香さんは「東横ネオン電飾」の三代目・夏目球児、栗原さんは「道玄坂薬局」の三代目・白井錠助、前原さんは「宇田川ブックセンター」の三代目・平積タカシ、ブラザートムさんは揚太郎の父の勝又揚作、池間さんは揚太郎の妹のころも、片岡さんは揚太郎の母のかつ代を演じる。

 ◇北村匠海さんのコメント

 原作コミックは僕の周りにいる音楽関係の友達たちの間でも話題の1冊でした。ポップでキャッチーな絵柄とコミカルな笑い。そこに、DJのレジェントたちへの深い理解とリスペクトもあり、勉強にもなる。ユーモアと本気の、そのいい塩梅(あんばい)のギャップが最高です。そんなマンガの主人公、揚太郎をまさか自分が演じるなんて……と、最初は戸惑いました。バカで全力で一直線。そんな揚太郎のテンションについていくのに必死でした。正直、「DJととんかつは同じだ!」と、と言われてもちょっと違うんじゃない?って思います(笑い)。でも、とんかつビートの中に身を委ねていると不思議と「あ、これ同じかも!?」となる瞬間がいくつもあって、それが面白かったです。撮影前にはDJの練習だけでなく、キャベツの千切り練習もかなりしました。お陰で線のように細くリズミカルに千切りできるまで上達しました。

 ◇山本舞香さんのコメント

 台本を読んだとき、どんな映像や音楽になるんだろうと想像するだけでワクワクしました。私は、クラブに行ったことがなくて、もちろんDJも見たことない! だから、クラブでの撮影は、どんなところなんだろう!?と、かなり好奇心旺盛に観察してしまいました(笑い)。苑子は揚太郎の憧れの女の子です。揚太郎みたいな不器用な男の子を助けてあげる優しさがあり、場を明るくする子だなって思ったので、笑顔を大事に演じました。匠海くんの揚太郎はこれまでにない新鮮な感じ。撮影前は変顔して気合を入れていて。それで、振り切ったお芝居をしているのが面白かったです。

 ◇伊藤健太郎さんのコメント

 僕が演じた屋敷は揚太郎のライバル的存在。IT企業を立ち上げ、社長業をやりながらDJとしても才能を持つすごいやつ。一見、無表情でクールなんだけれど根っこには揚太郎くらい“アツいもの”を持っている。その熱量を忘れずに大事にしながら演じました。17、18歳から「売れような」って切磋琢磨(せっさたくま)してきた匠海とこんないい形で共演できたことは夢のようです。

 ◇伊勢谷友介さんのコメント

 同じ道を志す若いやつに、いい加減ながら道を指し示すDJオイリーという存在は、今いる自分の立場とも似通う部分が多く、抵抗感なくとても自然な形で役柄に入ることができました。北村くんはもちろん、三代目のチームと一緒にいることが多かったので、若い子たちとの時にくだらなく、時に真面目な会話もとても楽しかったです。なにか没頭できるものを見つけ、パワフルに人生を広げていく若者たちの姿を見ることは、それだけでとてつもない幸福感や高揚感を与えてくれる。そのことに、この作品で改めて気づかされました。

 ◇二宮健監督のコメント

 この度、とんかつもクラブのフロアも“アゲられる”男「とんかつDJ」を目指す揚太郎に負けない、華やかなパワープレーで「とんかつDJアゲ太郎」を実写映画化するという大業を、偉大なキャスト&スタッフチームで成しました。「お客さんに思いっきり楽しんでほしい!」という熱いバイブスヤバめの一品に揚がっております! そして、グルーブ感MAXのキャストたちが、揚太郎ワールドの中で、いまだ見せたことのなかったコメディーセンスをアゲアゲのサクサクで炸裂(さくれつ)させています。揚げ立てで早くお届けしたい。それでは、前人未到のウルトラHAPPYムービーで、皆さんのハートとおなかと耳を満たしに2020スペシャルイヤーに参上いたしますので、どうぞお楽しみに!!

 ◇原案のイーピャオさんのコメント

 先走るけど、やるときゃ、やる! 愛すべき東京ボーイ・揚太郎と北村さんとのハマり具合が最高でした! そして彼を取り巻く家族、友達、DJ、憧れのヒロイン……。渋谷の道玄坂を一本入れば現実にみんな住んでんじゃないか?って妙な感覚に……。この世界、混ざりたいッス!

 ◇作画の小山ゆうじろうさんのコメント

 こんなヘンテコな作品に、日本が誇る超実力・超個性派俳優たちが結集し、結果、いい化学反応が起こりまくっていた! 全キャストのハマり具合にbig up!は言わずもがな、特に、勝又一家の4人からは、グルーブ感すら漂っていた!

とんかつDJアゲ太郎が実写映画に! 6月19日公開 「これからの邦画界を担うキャストと監督が集結!」

実写映画化される「とんかつDJアゲ太郎」のイラスト(C)イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
実写映画化される「とんかつDJアゲ太郎」のイラスト(C)イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 とんかつとクラブDJをテーマとした異色のマンガ「とんかつDJアゲ太郎」が実写映画化され、6月19日に公開されることが1月21日、明らかになった。フジテレビが製作し、ワーナー・ブラザース映画が配給をする。

 キャスト、監督は“ニクの日”1月29日に発表される。映画を手がける小原一隆プロデューサーは「本当に最高のメンバーです! 主演は、あの大ヒット映画が記憶に新しい、コメディー映画初挑戦のあの方! これからの邦画界を担うキャストと監督が集結! とにかく早く発表したい!」と話している。

 「とんかつDJアゲ太郎」はイーピャオさん原案、小山ゆうじろうさん作画のマンガ。集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+」で2014年9月~17年3月に連載された。東京・渋谷のとんかつ屋の息子・勝又揚太郎(かつまた・あげたろう)が、初めて入ったクラブでとんかつ屋とDJに共通するものを見いだし、家業を頑張りつつDJとして成長する姿が描かれた。テレビアニメが2016年4~6月に放送された。

 ◇原案のイーピャオさん、作画の小山ゆうじろうさんのコメント

 「とんかつDJアゲ太郎」映画化計画……。水面下、もとい油面下でじっくり仕込んでおりました! アノ原作が! 実写という衣をまとうと……どうなる!? どう揚がってもファンキーな予感しかないッ! 一緒にカツ目して待ちましょうッ!!

 ◇小原一隆プロデューサーのコメント

 実に3年以上の熟成期間を経て、一部の人からは「実写化不可能」と言われたあの「とんかつDJアゲ太郎」が、ついについに、公開されます!!

 公開までに時間がかかったのにはワケがあります。キャスト、監督、スタッフを最高のメンバーでそろえたかった。しかし、人気者は簡単にはタイミングが合わない。一時は諦めかけた時期もありました。ところが! 奇跡的に最高のメンバーが集まるタイミングが来たのです! しかも、東京オリンピックに世界の注目が集まるこのミラクルな2020年に!

 本当に最高のメンバーです!

 主演は、あの大ヒット映画が記憶に新しい、コメディー映画初挑戦のあの方!  そして、SNSフォロワーがミリオン超えの若手女優、話題の連ドラで人気急上昇中の若手俳優、昨年の大ヒットコメディー映画出演のあの方が共演者として名を連ねます!

 これからの邦画界を担うキャストと監督が集結! とにかく早く発表したい!ですがもう少しお待ちください!(発表は8日後の29日<ニクの日>)