劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班 あらすじ

劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班あらすじ

 映画「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」は、俳優の坂口健太郎さんが主演し、2018年4月期に放送された連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(カンテレ・フジテレビ系)を映画化。「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」は、オリジナルストーリーで連ドラの続編を描く。また、連ドラでは描かれなかった、原作の中でも人気が高いエピソードがスペシャルドラマとして2021年に放送されることも発表された。

 連ドラは、韓国で数々の賞を受賞したヒューマンサスペンスの傑作「シグナル」が原作。坂口さん演じる“現在”を生きる刑事・三枝健人と、北村一輝さん演じる“過去”を生きる刑事・大山剛志の2人が、謎の無線機を通じて未解決事件を解き明かそうとするサスペンス作で、坂口さんの連ドラ初主演作だった。

 連ドラの最終回は、自身の家族の運命を狂わせた集団暴行事件の真相にたどり着いた健人が、先輩の桜井美咲刑事(吉瀬美智子さん)と一緒に、現在の大山の元へ向かうというシーンで幕を閉じた。続編は、健人らが大山と会えるのか……という展開で、前代未聞の未解決事件の解決に挑む姿も登場するという。坂口さんは本格的なアクションにも挑戦する。

 映画は、「探偵はBARにいる」「相棒-劇場版IV-」などの橋本一監督がメガホンをとる。

映画「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」のあらすじ