映像研には手を出すな! ニュース

乃木坂46齋藤飛鳥が白目むく体当たり演技! ショートカットに迷彩柄帽子の“浅草みどり”姿披露 実写「映像研には手を出すな!」写真公開

齋藤飛鳥さんらが出演する映画「映像研には手を出すな!」のスチール写真 (C)2020「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016大童澄瞳/小学館
齋藤飛鳥さんらが出演する映画「映像研には手を出すな!」のスチール写真 (C)2020「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016大童澄瞳/小学館

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん主演で実写化される映画「映像研には手を出すな!」(英勉監督、2020年初夏公開)の撮影現場の様子を収めたスチール写真が12月29日、公開された。齋藤さんは、原作の主人公・浅草みどりと同様にショートカットに迷彩柄の帽子をかぶった姿を披露。極度の人見知りで他人とまともに話すことができない浅草が、あるプレッシャーに耐え切れずに、白目をむいて倒れてしまう……というシーンを体当たりで演じる姿が写し出されている。

 また、また水崎ツバメ役の山下美月さん、金森さやか役の梅澤美波さんの姿も収められている。

乃木坂46齋藤飛鳥「映像研には手を出すな!」実写映画化で主演 メインキャストに山下美月&梅澤美波

映画「映像研には手を出すな!」に出演する(上段左から)水崎ツバメ役の山下美月さん、浅草みどり役・齋藤飛鳥さん、金森さやか役・梅澤美波さん (C)2020「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016大童澄瞳/小学館
映画「映像研には手を出すな!」に出演する(上段左から)水崎ツバメ役の山下美月さん、浅草みどり役・齋藤飛鳥さん、金森さやか役・梅澤美波さん (C)2020「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016大童澄瞳/小学館

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんが、映画「映像研には手を出すな!」で主演を務める。女子高生がアニメ制作に打ち込む姿を描いた大童澄瞳さんの同名マンガが原作で、映画「あさひなぐ」や実写「賭ケグルイ」シリーズの英勉(はなぶさ・つとむ)監督がメガホンをとり、2020年初夏に公開される。齋藤さんは主人公の浅草みどりを演じ、同じ「乃木坂46」メンバーの山下美月さんが水崎ツバメ役、梅澤美波さんが金森さやか役でメインキャストを務めることも発表された。

 「映像研には手を出すな!」は、2016年から「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載中のマンガ。自分の考えた“最強の世界”で大冒険することが夢の浅草みどり、とにかくお金の話が好きな金森さやか、カリスマ読者モデルの水崎ツバメが、映像研究同好会を立ち上げ、アニメ制作に打ち込む……というストーリー。2020年1月からNHK総合でテレビアニメも放送される。

 「アニメは設定が命!」が信条で、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者の主人公に扮(ふん)する齋藤さんは、実写映画化にあたり「どうなるか? 私はどうすればいいのか? 全く分かりません。“最強の世界”を実写化することは可能なのでしょうか? 分かりません。誰も想像のできないこと」と不安をのぞかせつつ、「『映像研』を研究して、研究して、その世界に足を踏み込んでも邪魔にならないように、心を込めて精いっぱい、演じさせていただきます」と意気込んでいる。

 ◇原作・大童澄瞳さんのコメント

 オーケー、君の心を代弁しよう。「マジで言ってんのか!!!!!!!!」「映像研×乃木坂46」? いや違う!! これは乃木坂46からの挑戦状!! 「乃木坂46VS映像研」という世紀の大決戦なのだ!!! 「国民的アイドルグループ」の乃木坂46が!! あえて!! 真逆の位置にある「映像研には手を出すな!」という読者を選びまくるニッチでマニアックなマンガを映画化しようという最高にクレイジーな選択!!! もはやこれは大人たちの盛大な悪ふざけでありお祭!! 私も担当編集も企画を持ってきたプロデューサーも監督も、関わる人間全員がこの実写化で一波乱起きるのは承知だ!!! マンガ、アニメに続く“第三の映像研”「乃木坂46の実写版」!!! 国民的アイドル乃木坂46は映像研の世界でどんな妄想と芸術を爆発させるのか!!! 日本映画業界!!! 火薬の在庫は足りてるか!!!!! 心して待て!!!

 ◇英勉監督コメント

 「マジで言ってんのか!」最初にお話を聞いた時に思いました。「『映像研には手を出すな!』には手を出すな!」禁断の書に触れる十字架をボクは背負うんだなと。やるんだったら実写でしかできない「見たことのない映像研」をやるしかない! 乃木坂さんの背中に隠れて、頑張ろうと思います。皆さま、お手柔らかに。

(C)2020「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016大童澄瞳/小学館
(C)2020「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016大童澄瞳/小学館