映画 えんとつ町のプペル

映画 えんとつ町のプペルあらすじ

 映画「映画 えんとつ町のプペル」は、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」が原作の劇場版アニメ。2020年12月のクリスマスに公開される。西野さんが製作総指揮、脚本を担当し、廣田裕介さんが監督を務める。アニメ「鉄コン筋クリート」「ハーモニー」などのSTUDIO4℃が製作する。

 「えんとつ町のプペル」は、西野さんがプロデューサーを務め、イラスト、着色、デザインなど33人のクリエーターによる分業体制で描かれた絵本。クラウドファンディングで資金を募ったり、全ページをネットで公開したりしたことも話題になり、累計発行部数が約42万部を記録するなど絵本としては異例のヒットを記録した。煙突だらけのえんとつ町を舞台に、親を亡くした少年ルビッチ、ハロウィーンの夜に現れたゴミ人間プペルの奇跡の物語を描いた。

スタッフ

監督:廣田裕介▽製作:STUDIO4℃

公開日

2020年12月公開

ニュース

映画 えんとつ町のプペル

キンコン西野の絵本「えんとつ町のプペル」が劇場版アニメ化 2020年クリスマス公開 STUDIO4℃製作

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」が原作の劇場版アニメ「映画 えんとつ町のプペル」が2020年12月のクリスマスに公開されることが12月25日、明らかになった。西野さんが製作総指揮、脚本を担当し、廣田裕介さんが監督を務める。アニメ「鉄コン筋クリート」「ハーモニー」などのSTUDIO4℃が製作する。

続きを読む

あらすじ

「映画 えんとつ町のプペル」のあらすじ

続きを読む