星の子 あらすじ

星の子あらすじ

 映画「星の子」は、「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞を受賞した今村夏子さんの同名小説が原作。今村さんの原作小説が映像化されるのは今作が初めて。女優の芦田愛菜さんが主演を務める。映画「さよなら渓谷」「日日是好日」などで知られる大森さんが監督と脚本を担当する。芦田さんは、自身と同じ中学3年生のちひろを演じる。

 大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、両親はちひろが生まれたときの病気を奇跡的に治した「あやしい宗教」を深く信じてしまっている。思春期になったちひろは、生まれて初めて両親と暮らす自分の世界を疑い始め……という展開。

映画「星の子」のあらすじ