小説の神様 君としか描けない物語 キャスト

小説の神様 君としか描けない物語キャスト

佐藤大樹 橋本環奈
佐藤流司
莉子
柴田杏花
坂口涼太郎
和久井映見
片岡愛之助
山本未來

佐藤大樹&橋本環奈がダブル主演 高校生小説家を演じる

映画「小説の神様」のビジュアル(C)2020「小説の神様」製作委員会
映画「小説の神様」のビジュアル(C)2020「小説の神様」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さんと、女優の橋本環奈さんが、映画「小説の神様」でダブル主演を務める。佐藤さんは高校生小説家の千谷一也(ちたに・いちや)、橋本さんは同じクラスの高校生小説家・小余綾詩凪(こゆるぎ・しいな)を演じる。

 中学生で作家デビューしたものの、発表作が酷評され、売り上げもふるわない高校生小説家・千谷一也と、同じクラスのドSな性格でヒット作を連発する小余綾詩凪。すべてが真逆の2人が協力し、一つのベストセラーを執筆することを、編集者から命令される。反発し合いながらも共作するうち、彼は彼女の大きな秘密を知ってしまう……という展開。

 ◇佐藤大樹さんのコメント

 僕が一番大好きで最も尊敬している久保監督から「この作品を一緒にやらないか?」とオファーを受けたとき、断る理由が見つかりませんでした。企画から数年たち、ようやく実現した映画化に僕を指名してくれたこと、本当にうれしかったです。

 僕が演じる一也は普段の僕とは真逆の見た目や性格でした。だからこそ演じがいがありましたし、役作りやどんな作品にしたいかなどを監督と密に話し合い、共に作り上げていきました! 相手役の橋本環奈さんは本当に素晴らしい女優さんで、彼女以外務まらなかったんだろうなとも感じました。現場は毎日楽しく最高なチームワークで撮影に臨ませていただきました!! 最強のスタッフが集まった久保組に新しい僕を引き出してもらえた気がします。自信作です!!

 ◇橋本環奈さんのコメント

 今作で演じさせていただいた小余綾詩凪は一見普通の高校生なんですが、実はその心の底に深い葛藤と悩みを抱いている人気作家という役でした。過去作で高校生役は数多く演じさせていただきましたが、クラスに職業作家が2人いるというリアリティーのありそうでなさそうなこの役は、ある種新たなる挑戦でもありました。

 そんな詩凪と佐藤大樹さん演じる千谷一也が仲間とどう葛藤を乗り越え、また小説をつむいでいくのか、久保監督演出の素晴らしい映像美とともにぜひご注目いただきたいと思います。

佐藤流司、“刀剣男士”が出演 Popteenモデル莉子、和久井映見、片岡愛之助も

映画「小説の神様」に出演する(上段左から時計回りに)佐藤流司さん、柴田杏花さん、莉子さん、坂口涼太郎さん、和久井映見さん、片岡愛之助さん、山本未來さん(C)2020「小説の神様」製作委員会
映画「小説の神様」に出演する(上段左から時計回りに)佐藤流司さん、柴田杏花さん、莉子さん、坂口涼太郎さん、和久井映見さん、片岡愛之助さん、山本未來さん(C)2020「小説の神様」製作委員会

 ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズで主演を務めた俳優の佐藤流司さんが、「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さんと橋本環奈さんがダブル主演を務める映画「小説の神様」(久保茂昭監督)に出演することが1月17日、分かった。女性ファッション誌「Popteen(ポップティーン)」(角川春樹事務所)専属モデルの莉子さんのほか、柴田杏花さん、坂口涼太郎さん、和久井映見さん、片岡愛之助さん、山本未來さんの出演も発表された。

 佐藤流司さんは、ナイーブで売れない高校生小説家の千谷一也(ちたに・いちや、佐藤大樹さん)とドSの売れっ子人気高校生小説家の小余綾詩凪(こゆるぎ・しいな、橋本さん)が所属する文芸部の部長・九ノ里正樹(くのり・まさき)、柴田さんは一也の小説の大ファンで小説作りに情熱を燃やす後輩の成瀬秋乃、片岡さんは一也の父で小説家の千谷昌也、和久井さんは一也を励まし、温かく見守る母の優理子、莉子さんは病気で入院中の一也の妹・雛子、山本さんは一也と詩凪の才能を見込み、共作を持ちかける編集者の河埜(こうの)、坂口さんは一也のデビュー作の担当編集者・野中をそれぞれ演じる。