ジョゼと虎と魚たち あらすじ

ジョゼと虎と魚たちあらすじ

 映画「ジョゼと虎と魚たち」は、2003年に俳優の妻夫木聡さん、女優の池脇千鶴さん主演で実写映画化もされた芥川賞作家の故・田辺聖子さんの小説「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫)を劇場版アニメ化。「ノラガミ」シリーズのタムラコータローさんが監督を務め、「交響詩篇エウレカセブン」「僕のヒーローアカデミア」などのボンズが製作する。

 「ジョゼと虎と魚たち」は、自分の世界を生きる足が不自由な少女ジョゼと、ひょんなことから彼女と出会った大学生の恒夫の恋を描く。犬童一心監督の実写映画が2003年に公開された。

 劇場版アニメは、「ストロボ・エッジ」の桑村さや香さんが脚本を担当し、マンガ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の作画を担当した絵本奈央さんがキャラクター原案、「妖狐×僕 SS」「クジラの子らは砂上に歌う」などの飯塚晴子さんがキャラクターデザイン、総作画監督を務める。

映画「ジョゼと虎と魚たち」のあらすじ