ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~ あらすじ

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~あらすじ

 映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」は、1998年の長野五輪でのスキージャンプ団体日本代表の金メダル獲得を裏で支えた25人のテストジャンパーたちの感動秘話を、史実に基づいて描く。俳優の田中圭さんが主演を務め、田中さんはテストジャンパーの一人、西方仁也(にしかた・じんや)さんを演じる。

 田中さんが演じる西方さんは、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表をけん引するも、エースの原田雅彦さんのジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うも故障で代表落選。テストジャンパーとなって日本代表の選手たちを裏方として支えた人物。

 テストジャンプは、吹雪による競技中断の際、競技が再開できるかをはかるために行われたもので、映画では、西方さん率いる25人のテストジャンパーたちの姿を史実に基づきオリジナルストーリーで描く。また、西方さんの金メダルへの強い思いや挫折、原田さんとの友情、日本のために命の危険を顧みず、テストジャンプに挑む人間ドラマが展開する。「荒川アンダー ザ ブリッジ」などの飯塚健監督がメガホンをとる。

映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」のあらすじ