ブレイブ ‐群青戦記‐ あらすじ

ブレイブ ‐群青戦記‐あらすじ

 映画「ブレイブ ‐群青戦記‐」は、マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された笠原真樹さんの「群青戦記 グンジョーセンキ」が原作で、本広克行監督がメガホンをとる。俳優の新田真剣佑さんが、映画「ブレイブ ‐群青戦記‐」で主演を務める。映画の単独主演は今作が初となる。三浦春馬さん、松山ケンイチさん、山崎紘菜さんも出演する。

 物語は、ある日、突然、スポーツの名門高校まるごとが戦国時代にタイムスリップ。高校生たちは、部活で培った身体能力、未来を知る現代人の知識を生かして戦国時代を生き延び、現代に戻ろうとする……という内容。

 新田さんは主人公で歴史オタクの弓道部2年生、西野蒼、山崎さんはヒロインで蒼の幼なじみの瀬野遥、三浦さんは蒼の能力を見いだす松平元康(後の徳川家康)、松山さんは蒼たち高校生の前に立ちはだかる織田信長を演じる。

映画「ブレイブ ‐群青戦記‐」のあらすじ