ファーストラヴ あらすじ

ファーストラヴあらすじ

 映画「ファーストラヴ」は、「第159回直木賞」を受賞した島本理生さんの同名小説(文藝春秋)が原作。女優の北川景子さんが主演を務める。「TRICK」シリーズや「SPEC」シリーズ、映画「イニシエーション・ラブ」「十二人の死にたい子どもたち」などの堤幸彦監督がメガホンをとる。北川さんと堤監督がタッグを組むのは今回が初めて。連続ドラマ「黄昏(たそがれ)流星群~人生折り返し、恋をした」(フジテレビ系)や映画「大奥」「彼女がその名を知らない鳥たち」などの浅野妙子さんが脚本を手がける。

 アナウンサー志望の美人女子大生・聖山環菜(ひじりやま・かんな)が面接試験を途中で放棄し、その足で向かった父親の勤務先で父親を刺殺。「動機はそちらで見つけてください」という環菜の挑発的な言葉がマスコミを大いににぎわせた。彼女のドキュメンタリー本の執筆を依頼された公認心理師の真壁由紀(北川さん)は、二転三転する環菜の供述に翻弄(ほんろう)されながらも面会や手紙のやりとりを重ね、さらに彼女に関係する人たちを調査していく中で、環菜にどこか過去の自分と似たものを感じる……というストーリー。

映画「ファーストラヴ」のあらすじ