新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X あらすじ

新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-Xあらすじ

 映画「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」は、新幹線がロボットに変形するテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」(TBS系)の劇場版。JR東日本の新幹線試験車両、ALFA-X(アルファエックス)がシンカリオンとして登場する。テレビアニメに続き、池添隆博さんが監督を務める。

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーのコンテンツ。アニメは、鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関・新幹線超進化研究所が、漆黒の新幹線が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、新幹線変形ロボ・シンカリオンを開発した……という設定。

映画「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」のあらすじ