きみの瞳が問いかけている ニュース

横浜流星、筋トレ1カ月、10キロ増で作り上げた肉体美 「きみの瞳が問いかけている」迫力のファイトシーン公開

公開されたファイトシーンの場面写真(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
公開されたファイトシーンの場面写真(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

 女優の吉高由里子さんと俳優の横浜流星さんのダブル主演映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督、10月23日公開)の新場面写真が8月24日、公開された。横浜さん扮(ふん)する、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁のファイトシーンで、横浜さんが役作りのため、1カ月かけて筋トレして作り上げた肉体美を収めた迫力ある場面だ。

 横浜さんは役作りについて「1カ月かけて、キックボクシングで必要な筋トレをキックボクシング指導の山口さんやプロの選手の方々に教えていただき、10キロほど体重を増やしました。キックボクシングは、空手とは全く体の使い方が違うので、一からパンチ、蹴りの打ち方を学びました」と明かしている。

 映画は、韓国で2011年に公開された映画「ただ君だけ」が原案で、不慮の事故で視力と家族を同時に失うも、明るくけなげに生きる明香里(吉高さん)と、元キックボクサーの塁(横浜さん)の純愛を描いた物語。ひょんな勘違いから出会った2人は、次第にひかれ合っていくが、やがて塁は自分の過去が明香里の事故に関係していたことを知る。塁は明香里の目の手術代のため、高額な賞金が賭けられた不法な賭博試合のリングに再び立つことを決意する……というストーリー。

 横浜さんは、ファイトシーンの撮影について「表の試合も裏の試合も基本は明香里を思い、それを活力に塁として生きました。ただ決定的に違うところは“覚悟”です。表の試合は幸せが描かれていますが、裏の試合は自分に光を与えてくれた明香里のために、悩み、たどり着いた先に出た答えが、自分の命を懸けてでも、明香里に光を取り戻すことで、ただでは帰れない、もしかしたら死ぬかもしれない、という緊迫した雰囲気の中、命を懸けて全力を尽くしました」と、語っている。

 映画には、キックボクサーの小笠原瑛作選手、小笠原裕典選手、栗秋祥梧選手、炎出丸(ひでまる)選手、与座優貴選手が登場。劇中で塁の対戦相手を担当する。与座選手は、横浜さんが世界一になった極真空手の大会、準々決勝の相手だったといい、中学生時代は関東圏のトップ選手同士として、切磋琢磨(せっさたくま)したライバルだったという。

 ◇映画に出演した選手のコメント 

 ・小笠原瑛作選手

 普段試合で上がるリングとはまた違った緊張感での撮影でした。横浜さんは運動神経抜群で試合のシーンは迫力があって熱いものになってると思います! ぜひ楽しみにしていてください!

 ・小笠原裕典選手のコメント

 本物の試合さながらの会場の雰囲気、お客さんの盛り上がり、映画を作り上げるスタッフや役者さんたちのプロ意識に良い刺激を受け、とても楽しい撮影現場でした。僕たちキックボクサーが映画でどんな戦いを繰り広げるのか、ぜひ劇場でご覧ください!

 ・栗秋祥梧選手

 映画を楽しみにしてくださってる皆様、とても素晴らしい作品となっております! そして熱いファイトシーンも見逃さないでください!

 ・炎出丸選手

 今回、このような機会をいただき感謝しています。撮影では「横浜流星さん、キックボクサーになりませんか?」と思わず言いたくなるほど素晴らしい素質を感じました。

 ・与座優貴選手

 自分は以前、横浜さんが世界一になった大会で対戦して敗れているという過去があり、横浜さんが芸能界で活躍されておりとても刺激をもらっていました。そして自分自身、世界王者になり、映画の舞台で再会することができ非常にうれしく思います。今後もステージは違いますが、横浜さんの活躍に追いつけるよう精進していきます。

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

BTSが主題歌担当 「Your eyes tell」流れる予告編解禁

映画「きみの瞳が問いかけている」の主題歌を担当する「BTS」(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation /AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
映画「きみの瞳が問いかけている」の主題歌を担当する「BTS」(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation /AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

 韓国の男性グループ「BTS」が、女優の吉高由里子さんと俳優の横浜流星さんのダブル主演映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督)の主題歌を担当することが7月9日、分かった。映画の予告編も解禁され、BTSが書き下ろした主題歌「Your eyes tell」が流れる中、吉高さんと横浜さんが涙を流す姿などが収められている。

 同時に、映画のポスタービジュアルも解禁された。横浜さんが吉高さんをおんぶしている様子などが写し出されている。映画が10月23日に公開されることも発表された。

出典:YouTube

 ◇吉高由里子さんのコメント

 いつもニュースで見ていたBTSさんがこの映画の主題歌を書き下ろしてくださったことに、驚きとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。BTSさんの楽曲が入ったことによって、より映画の世界観に厚みが増し、さらにひき込まれるすてきな作品になりました。三木監督、横浜流星さん、すてきなキャストの方々、そしてこのBTSさんの楽曲で作られた作品が、たくさんの方々に届いてくれたらうれしいです。公開まで楽しみにしていてください。

 ◇横浜流星さんのコメント

 ワールドワイドに活躍されているすてきなBTSさんが主題歌を担当、しかも書き下ろしまでしてくださるなんて、感謝の気持ちでいっぱいです。僕は作品において音楽はとても大事だと思っています。作品に寄り添うとてもすてきな音楽で、余韻に浸れる素晴らしい楽曲ですので、BTSさんのお力をお借りしてこの作品もたくさんの方々に見ていただけたら幸せです。

 運命に翻弄(ほんろう)されながらも、ただ大切な人を思い、宿命にあらがいながら愛を獲得する2人の物語を見て、いろいろなものを感じてもらえたらうれしいですし、人を愛することの素晴らしさを、この作品を通して伝えることができればいいなと思います。たくさんの方々に届きますように。

 ◇BTSのコメント

 僕たちの日本4thアルバムに収録された「Your eyes tell」は映画「きみの瞳が問いかけている」の主題歌です。こんなにすてきな映画に参加できて僕たちもすごくうれしく思っております。メンバーのJUNG KOOKが作曲に参加したバラード曲ですが、映画の美しくて深い愛の世界観を表現しました。

 皆さんに聴いていただきたいポイントは、やはり“美しいメロディー”そして“いろいろ大変な中でも君のその瞳が見ている未来には光があると信じている”というメッセージが込められている歌詞です。僕たちの曲「Your eyes tell」を聴いていただき、公開される映画「きみの瞳が問いかけている」を一緒に見ていただければ、僕たちが楽曲に込めている気持ちを皆さんにも感じ取っていただけると思います。ぜひご期待ください!

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation /AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation /AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation /AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation /AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

町田啓太、やべきょうすけ、般若ら 追加キャスト発表

映画「きみの瞳が問いかけている」のキャスト(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
映画「きみの瞳が問いかけている」のキャスト(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

 女優の吉高由里子さんと俳優の横浜流星さんのダブル主演映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督、今秋公開)に、「劇団EXILE」の町田啓太さんが出演する。やべきょうすけさん、田山涼成さん、野間口徹さん、奥野瑛太さん、般若さん、森矢カンナさん、坂ノ上茜さん、風吹ジュンさんの出演も発表された。

 町田さんは、横浜さん演じる元キックボクサー・篠崎塁の幼なじみで、半グレ集団「ウロボロス」のリーダーの佐久間恭介役を務める。やべさんは塁のキックボクシングコーチ・原田陣、田山さんは塁が所属していたジムの会長・大内、野間口さんは吉高さん演じる柏木明香里が働くカスタマーセンターの上司・尾崎隆文、奥野さんは「ウロボロス」のメンバー・久慈充役で出演。

 般若さんはキックボクシングの賭博試合に賭ける極竜連合のヘッド・金井、森矢さんは明香里が毎週楽しみにしている連ドラ「LAST LOVE」のヒロイン・麻衣子、坂ノ上さんは明香里が店長を務めるインテリアショップの店員・津ノ森恵子、風吹さんは塁が育った修道院の修道女・シスター大浦美恵子を演じる。

横浜流星、吉高由里子と純愛映画ダブル主演 キックボクサー役初挑戦で「肉体改造も」

映画「きみの瞳が問いかけている」でダブル主演を務める吉高由里子さん(左)と横浜流星さん(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
映画「きみの瞳が問いかけている」でダブル主演を務める吉高由里子さん(左)と横浜流星さん(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

 女優の吉高由里子さんと俳優の横浜流星さんが、2020年秋に公開される映画「きみの瞳(め)が問いかけている」でダブル主演を務める。キックボクサーだったが、ある事件が原因で心を閉ざしてしまった、横浜さん扮(ふん)する篠崎塁と、吉高さん演じる不慮の事故で視力と家族を同時に失いながらも、明るくけなげに生きる明香里の純愛を描く。吉高さんと横浜さんは初共演で、空手の世界選手権の優勝経験がある横浜さんがキックボクサーの役に初挑戦する。

 横浜さんは、キックボクサーを演じることについて「今キックボクシングの練習をしつつ、肉体改造もしています。空手が体に染み付きすぎていて、キックボクサーの動きに修正する作業はとても難しいですが、撮影が楽しみで仕方ない」とメッセージを寄せている。

 映画は韓国で2011年に公開された映画「ただ君だけ」が原案。「ただ君だけ」は、チャールズ・チャップリンが監督・脚本・主演を務め、盲目の女性に報われることのない無償の愛をささげ続ける男を描いた「街の灯(ひ)」が礎となっている。映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2014年)、「フォルトゥナの瞳」(2018年)などの三木孝浩監督がメガホンを取り、10月中旬にクランクインする。

 ひょんな勘違いから出会ってしまった明香里と塁。かたくなだった塁の心は、明香里の明るさで解きほぐされ、天涯孤独だった明香里の寂しさは、塁の実直な声と言葉で埋められていった。しかし、明香里が失明した事故と自分が経験した事件に接点があることを知った塁は、明香里の目の手術代を稼ぐため、高額な賞金が賭けられた不法な賭博試合のリングに立つことを決意する……という展開。

 ◇三木孝浩監督のコメント

 自分にとってターニングポイントとなった作品「僕等がいた」でご一緒した吉高由里子さんは、まさに戦友のような存在であり、またこうしてタッグを組めることを本当にうれしく思います! 彼女のあふれる優しさとひたむきさがこの愛の物語に新たな輝きをもたらしてくれると確信しています。そして、今もっとも勢いがあり、ほとばしる熱量を内に秘めた俳優・横浜流星くん。この2人がどう化学反応を起こすのか? 今から本当に楽しみです!!