約束のネバーランド ニュース

<インタビュー>城桧吏「約束のネバーランド」“クールな天才”レイ役で大事にしたことは… 今後はアクション作品にも意欲

映画「約束のネバーランド」に出演している城桧吏さん
映画「約束のネバーランド」に出演している城桧吏さん

 女優の浜辺美波さんが主演を務める映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督、公開中)に出演している城桧吏さん。映画は小さな孤児院で幸せに暮らしていた子供たちが隠された衝撃の事実を知り、脱出を試みる姿を描いた“脱獄ファンタジー”で、城さんはクールで冷静沈着な天才少年、レイを演じる。小学生のころに出演した映画「万引き家族」(2018年)から数年がたち、今は「面白い役から怖い役まで、いろいろな役を演じたい」と俳優業への意欲を語る城さんに、レイの役作りや浜辺さんらとの共演秘話、今後の俳優業への思いなどを聞いた。

 ◇異なる部分が多いレイ役 「自分にできるのかな」

 「約束のネバーランド」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画のマンガが原作。小さな孤児院、グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らすエマ、レイ、ノーマンがある日、「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されている」という衝撃の真実を知り、生きるため“脱獄”を決意する……というストーリー。浜辺さんが主人公の少女エマを演じ、城さんが少年レイ役、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役などで知られる板垣李光人さんが少年ノーマン役で出演する。

 城さん演じるレイは、テストではフルスコアを記録する天才で、クールで常に冷静沈着、どこか大人っぽさを漂わせているキャラクター。原作を読んでいたときからレイが一番好きだったという城さんは、そんなレイを自分が演じると聞いたときは、喜びつつも驚いたという。城さん自身は「明るくて、みんなと一緒に遊んだり、騒いだりしているタイプ」で、レイとは異なる部分もあった。そのため、当初は「自分にできるのかな」と不安も感じていたようで「どう演じたらいいのか、いろいろ考えました」と語る。

 そんなレイを演じるために、クランクイン前は「監督とみっちり練習しました」と城さん。ときには浜辺さんやノーマン役の板垣さんらも交え、大声を出すなど感情づくりの練習や、滑舌や抑揚などせりふの練習に励んだという。自宅では、平川監督からの勧めで映画「スタンド・バイ・ミー」を見るなどしてレイをイメージした。「(『スタンド・バイ・ミー』は)キャラクター全員が子供だけど大人な感じも持ち合わせているので、その雰囲気はレイに生かせるのかなと思いました」と振り返る。

 城さんは現在14歳で、撮影時は12~13歳。そのため15歳のレイ役を演じるうえでは、落ち着いた感じを出すことを大事にした。たとえばせりふも、平川監督から「レイは“余裕”でいろ」と言われていたため、早くしゃべりがちだったが、ゆっくりとしたテンポでしゃべることや「できるだけ声を低く」することを意識したという。ただ、今回は撮影後に城さん自身が声変わりしたため改めてアフレコですべて録(と)り直したといい、「特に声を抑えなくてもよくなりました」と笑う。

 顔の表現は原作やアニメを見て勉強した。「顔の表現の仕方は練習しました。怒っているときの眉毛の動かし方とか……。たとえば、レイは『はあ?』というせりふが多いんですが、そのときに片方の眉毛だけ上げて片方は下げる、とか。そういうことも、練習していたらできるようになりました」と役作りを明かす。

 ◇共演の浜辺美波の印象は…

 平川監督からは、ときに厳しい指導が入ることもあったという。城さんは「リハーサルでも(だめ出しを)言われていたので、怖いし、悔しいし、いろんな感情がありました」と当時を振り返る。ただ、コミュニケーションを重ねるうちに慣れてきたといい、「だんだんそれが普通に感じるようになり(笑い)。怖くはなくなって、逆に『優しい』と思えるようになりました」とたくましい一面ものぞかせる。

 主人公エマを演じる浜辺さんとは初共演。はじめは緊張もあったが、撮影を重ねるうちに距離を縮め、撮影の合間に作品の話はもちろん、学校のことなどプライベートの話もしていたという。「お菓子をもらったり、自分の体のことを気にかけてくれたり……。優しくて居心地がよかったです」と笑顔をみせる城さん。俳優としても「いろんなことが勉強になった」といい、「(実年齢より)年下の役を演じてもぴったりはまっていて、すごいなと思いました」と共演の感想を明かす。板垣さんとも2人だけのシーンが多く、「気軽に話しかけられる関係になりました」と楽しげに語る。

 ◇目標は窪田正孝 アクション作品に意欲も

 「第71回カンヌ国際映画祭」でパルムドールを受賞した映画「万引き家族」では重要な役どころの祥太を演じ、注目を集めた。当時と比べ、今作ではどのような考えがあったのか。「顔の表現もそうですし、見ている方の心をどうやって動かすか(を考えた)。一言のせりふだけでもいろんな感情が詰まっているので、せりふの言い方や抑揚も学ばせていただきました」と城さんは手ごたえを語る。

 注目作への出演が続き、俳優として、これからますますの活躍が期待される城さん。今後は「面白い役から怖めな役まで」と、いろいろな役に挑戦してみたいと意気込む。特に挑戦したいのはアクション。「体を動かすことが大好きなので、アクション系の、かっこいい役をやってみたいですね。(普段は)スポーツはしていないですけど、基本的に動いているというか……アクティブなんです(笑い)」と日常の様子もちらり。目標としているのは窪田正孝さん。「面白い役やシリアスな役など、いろいろ演じられているので。そういうところを見ていて、『自分もそうなれたら』と思います」と前を見据える。

 そんな城さんに、最後に今作の“脱獄”という内容にちなんで「今、脱したいもの」を聞いてみると、しばらく考えたのち、苦笑いで「ゲーム」を挙げた。「ゲームのし過ぎなので(笑い)。たとえば映画を鑑賞したり、その時間をほかのことに使えるのかな、と思います」と笑いながら、14歳の顔ものぞかせていた。

<初日舞台あいさつ>浜辺美波 来年は「ふっ軽で…」 極度のインドア派を返上?

主演映画「約束のネバーランド」の初日舞台あいさつに登場した浜辺美波さん
主演映画「約束のネバーランド」の初日舞台あいさつに登場した浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが12月18日、東京都内で行われた、主演映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督)の初日舞台あいさつに、女優の北川景子さん、お笑いタレントの渡辺直美さんら共演者と出席した。映画のタイトルにちなみ、来年に向けて“約束”したいことを発表する企画が行われ、浜辺さんは「“ふっ軽”を約束します」と語り、北川さんと渡辺さんが「どういう意味? ジェネギャ(ジェネレーションギャップ)かな」と苦笑いを見せる一幕があった。

 “ふっ軽”は「フットワークが軽い」という意味で、浜辺さんは「普段、私は鉛のように足が重たい。家から出たくない。すぐに家に帰りたいという思いがある。今日は休みだと思ったら、その日誘われても忙しいふりをしちゃったりする」と極度のインドア派であることを告白。「こういう状況(コロナ禍)でなくなったら、誘われたときも、自分からも、いろいろなところに出かけたい」と語り、「北海道に行きたい。サーモンとかチーズを食べに行きたい。明日行こうと思ったら、すぐに飛びだして行けるくらいの足の軽さを」と願っていた。

 舞台あいさつには、城桧吏さん、板垣李光人さん、平川監督も出席した。

 「約束のネバーランド」は、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され話題となった白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画のマンガ。小さな孤児院で幸せに暮らすエマ、ノーマン、レイがある日、「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されている」という衝撃の真実を知り、生きるために“脱獄”を決意する……というストーリー。

実写版ポスターと原作イラストがコラボ 予告映像には“クローネ”渡辺直美の「見~つけた」も

実写映画「約束のネバーランド」と原作イラストのコラボビジュアル(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
実写映画「約束のネバーランド」と原作イラストのコラボビジュアル(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 女優の浜辺美波さんが主演を務める、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたマンガの実写映画「約束のネバーランド」(12月18日公開、平川雄一朗監督)のポスタービジュアルと、同ポスターを原作の作画担当の出水ぽすかさんが描き下ろした、コラボビジュアルが公開された。映画のポスタービジュアルと対になった構図で、エマやノーマン、レイ、イザベラらが描かれている。エマ役の浜辺さんは「描き下ろしの実写ポスターのイラストが見られるなんて、感激しました!!」とコメントを寄せた。

 映画の約90秒の予告映像も公開された。エマら子供たちと育てのママ・イザベラ(北川景子さん)の孤児院での幸せそうな様子や、イザベラと孤児院に隠された事実を知ったエマたちが、孤児院からの脱出を図る姿が描かれているほか、イザベラの手下・クローネ(渡辺直美さん)の「見~つけた」など印象的なせりふも収められている。予告映像には映画の主題歌で、音楽ユニット「ずっと真夜中でいいのに。」の手掛けた楽曲「正しくなれない」も使用された。

 浜辺さんは予告映像について「何も知らない幸せから一転、嘘だらけの世界での絶望が描かれ、見た人をひきつける展開がたっぷり詰まった予告編になっているのではないかなとうれしくなりました」とコメント。「絶望の世界で一筋の光をどのように見つけて、どのように切り開いていくか、ぜひ本編を見に来ていただきたいです」と語っている。

 「約束のネバーランド」は、白井カイウさん原作、出水さん作画のマンガが原作。小さな孤児院、グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らすエマ、ノーマン、レイがある日、「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されている」という孤児院とママに隠された衝撃の真実を知り、生きるため、“脱獄”を決意する……というストーリー。浜辺さんが主人公の少女エマを演じるほか、映画「万引き家族」に出演した城桧吏さんが少年レイ役、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役などで知られる板垣李光人さんが少年ノーマン役で出演する。

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

“エマ”浜辺美波、涙で絶叫… 特報解禁&ティザーポスター解禁

映画「約束のネバーランド」のティザーポスター(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
映画「約束のネバーランド」のティザーポスター(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 女優の浜辺美波さんが主演を務める実写映画「約束のネバーランド」(12月18日公開、平川雄一朗監督)の30秒の特報とティザーポスターが8月6日、解禁された。特報では、孤児院の真実を知り脱獄に向けて動き出すエマ(浜辺さん)、レイ(城桧吏さん)、ノーマン(板垣李光人さん)と、笑顔で不穏な言葉をかけるイザベラ(北川景子さん)とクローネ(渡辺直美さん)の姿などが収められている。浜辺さんが涙を流し絶叫する場面もある。

 ポスターは、自分たちの未来に何が起きるのかを知らずにほほ笑み合う子どもたちの姿が描かれ、「その楽園から、脱獄せよ。」という対照的なコピーが書かれている。

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

北川景子がママ役に クローネ役は渡辺直美

映画「約束のネバーランド」に出演する北川景子さん(右)と渡辺直美さん(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
映画「約束のネバーランド」に出演する北川景子さん(右)と渡辺直美さん(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 女優の北川景子さんが、実写映画「約束のネバーランド」(12月18日公開、平川雄一朗監督)に出演することが2月26日、分かった。北川さんは、浜辺美波さん演じる主人公・エマらが暮らす孤児院「グレイス=フィールドハウス」の子供たちの最愛のママ・イザベラ役を担当する。慈愛とほほ笑みに満ちた理想的なママである一方で、冷酷かつ無慈悲な態度でエマらを追い詰めるという役どころで、北川さんは「原作ファンの方々も大変多くいらっしゃいますし、オファーをいただいた時は、私には難しいのではないかなという気持ちのほうが大きかったです。最終的には思い切ってお受けしようと決めました」とコメントしている。

 また、渡辺直美さんの出演も発表された。渡辺さんは、イザベラの手下で、シスターながらに下克上を狙うクローネを演じる。原作でも“異色キャラ”として注目されていた役どころで、渡辺さんは「あの表情豊かなクローネを実写でしっかり表現できるように、監督と相談しながら全力でチャレンジしました! 北川さん演じるイザベラと一緒に、子供たちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います」と意気込みを語っている。

 浜辺さんは、「北川さんと渡辺さんが決まったとお聞きした時、エマ、レイ、ノーマンに立ちはだかる存在としては、これ以上ない2人だと思いました」とコメント。「北川さんとのお芝居はいつも刺激的でドキドキしていましたし、渡辺さんのシーンは現場で笑いを抑えるのが大変な時もありました」と撮影を振り返っている。

 北川さん、渡辺さんのコメントは以下の通り。

 ◇北川景子さん

 オファーをいただいてからマンガを読んだのですが、とても面白くてマンガの世界観に引き込まれていきました。特に私は年齢も近いイザベラにとてもひかれましたし、こんな面白いマンガは初めてだ!と大興奮で一気に読みました。

 ただ、この役のオファーをお受けするかどうかはなかなか決断することができずギリギリまで考えました。原作ファンの方々も大変多くいらっしゃいますし、オファーをいただいた時は、私には難しいのではないかなという気持ちの方が大きかったです。

 マンガ原作の作品を映像化することの難しさは、どんな俳優も嫌というほど理解していますし、今回このネバーランドの世界観をマンガのクオリティーを損なうことなく実写化するというのは不可能なのではないかという思いがありました。

 最終的には以前一度ご一緒した平川監督とまた現場を踏んでみたいという思いと、イザベラの年齢設定やキャラクター含め原作の設定を一つも変えないという確約をいただけましたので、思い切ってお受けしようと決めました。私たちのイザベラとクローネをどうぞお楽しみに!

 ◇渡辺直美さん

 クローネ役の渡辺直美です。あの表情や感情が豊かなクローネを実写でしっかり表現できるように、監督と相談しながら全力でチャレンジしました! そんな激しいクローネに現場の小さな子供たちは軽く引いてましたが……(笑い)。

 原作は画が可愛いのに衝撃的な展開が続く物語でどんどん引き込まれていく大好きな作品です。北川さん演じるイザベラと一緒に、子供たちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います。私が演じるクローネ役、どうぞご期待ください!

浜辺美波、ジャンフェス「約束のネバーランド」イベントにビデオメッセージ 世界観の表現に苦労も

「ジャンプフェスタ2020」で開催された「約束のネバーランド」のイベントで公開された浜辺美波さんのビデオメッセージ
「ジャンプフェスタ2020」で開催された「約束のネバーランド」のイベントで公開された浜辺美波さんのビデオメッセージ

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガ「約束のネバーランド」のイベントが12月22日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の「ジャンプフェスタ2020」で行われ、同作が原作の実写映画で主演を務める女優の浜辺美波さんがビデオメッセージを寄せた。もともと原作が好きだったという浜辺さんは、原作の世界観を表現することへの苦労など撮影を振り返った。

 会場では撮影のメーキング映像が流され、実写映画が2020年12月18日に公開されることが発表された。イベントには、実写映画でレイ役を務める城桧吏さん、ノーマン役を務める板垣李光人さんが登場。テレビアニメのエマ役の諸星すみれさん、ノーマン役の内田真礼さん、レイ役の伊瀬茉莉也さん、イザベラ役の甲斐田裕子さんと、声優陣も登場した。

 実写映画は、浜辺さんが主人公の少女エマを演じ、映画「万引き家族」に出演した城桧吏さんが少年レイ役、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役などで知られる板垣李光人さんが少年ノーマン役で出演する。

公開日決定! 2020年12月18日公開

「ジャンプフェスタ2020」で開催された「約束のネバーランド」のイベントの様子
「ジャンプフェスタ2020」で開催された「約束のネバーランド」のイベントの様子

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガが原作の実写映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督)が、2020年12月18日に公開されることが12月22日、明らかになった。幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の「ジャンプフェスタ2020」で行われたイベントで発表された。

「約束のネバーランド」浜辺美波主演で2020年冬に実写映画化 「ジャンプ」の人気“脱獄”サスペンスマンガ

実写映画化される「約束のネバーランド」で主人公エマを演じる浜辺美波さん(中央)、ノーマン役の板垣李光人さん(左)、レイ役の城桧吏さん (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
実写映画化される「約束のネバーランド」で主人公エマを演じる浜辺美波さん(中央)、ノーマン役の板垣李光人さん(左)、レイ役の城桧吏さん (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガ「約束のネバーランド」が実写映画化され、女優の浜辺美波さんが主演を務める。2020年冬に公開される。浜辺さんが主人公の少女エマを演じ、映画「万引き家族」に出演した城桧吏さんが少年レイ役、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役などで知られる板垣李光人さんが少年ノーマン役で出演する。

 「約束のネバーランド」は、同誌で2016年8月から連載されている白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画のマンガ。小さな孤児院、グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らすエマ、ノーマン、レイがある日、孤児院とママ(育ての親)に隠された衝撃の真実を知り、生きるため、“脱獄”を決意する……という脱獄サスペンス。10月4日に発売されるコミックス16巻までの累計発行部数は1600万部を突破している。テレビアニメ第1期が1~3月に放送され、第2期が2020年に放送される。

 ストーリーでは、エマたちが「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」という事実を知る。原作では、孤児たちが出荷される年齢は12歳の設定だが、実写映画では16歳に引き上げて描かれる。映画「僕だけがいない街」、連続ドラマ「義母と娘のブルース」などの平川雄一朗さんが監督を務め、「僕だけがいない街」などの後藤法子さんが脚本を手がける。

 ◇原作・白井カイウさんのコメント

 実写映画化です! わーい! はい、今「え……? でも日本で? このマンガ、舞台アレだしキャラもアレだし、しまいにゃアレとか出てくるじゃん!? 大丈夫!?」とか思ったそこの貴方(あなた)、大丈夫。私も驚いた。アレもアレもアレも多分全部大丈夫です。いやこれちょっと見たけど本当いろいろすごかったよ……! アニメでもキャスト・スタッフものすごい魔術師の皆さんそろっておいででしたが、実写もとんでもねえ魔術師ぞろいです! ぜひぜひお楽しみに!

 ◇作画・出水ぽすかさんのコメント

 撮影現場にお邪魔したのですがスタジオに入ると、元気いっぱいの子供たちがお出迎え! 右へ左へ子供たちが駆け回る、活気と笑顔にあふれる現場で、実際にマンガの中に入り込んでしまったような気分でした……!(レイ役の城くんが休み時間の間も幼少の子供たちの面倒を見ていたり!)。ハウスのセットも掃除当番表なんかまでメッチャ細かく再現されていました。公開1年前からこんなにできているんだ!?とビックリです。今から完成を楽しみにしています!!

 ◇平川雄一朗監督のコメント

 ネバーランドという、誰も見たことのない世界を精巧に描いたマンガ原作で、壮大なスケールの中にさまざまな人間ドラマを見るものに感じさせてくれる。友情、家族の絆、そして裏切り。現代社会に通じる理不尽さや切なさが混在した世界で、必死に生きる子供たちの姿に感動と勇気をもらえるエンターテインメント映画になるよう、スタッフキャストと共に頑張っています。来年に映画が完成するまで楽しみにしていてください!

 ◇村瀬健プロデューサーのコメント

 「なんて面白い設定なんだ!」 第1話を読んだだけでそう思い、読み進めていくうちに「なんとしても実写映画化したい!」と思うようになりました。そして、この原作を実写化する上で最高最強のスタッフとキャストに集まっていただきましたが、このメンバーがそろうことがなければ僕は映画化を断念していたと思います。原作の最高に素晴らしい世界観を生かしつつ「僕たちの世界と地続きの物語」として描いています。“実写にする意味”のある映画を目指しますのでご期待ください!

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会