仮面病棟 ニュース

<映画紹介>「仮面病棟」坂口健太郎がピエロの凶悪犯に立ち向かう外科医に ヒロイン永野芽衣を守れるか!?

映画「仮面病棟」の一場面(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
映画「仮面病棟」の一場面(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

 俳優の坂口健太郎さん主演の映画「仮面病棟」(木村ひさし監督)が、3月6日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。ピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠された病院。捕らわれの身となった医師や看護師、入院患者たちに脱出の手立てはあるのか。映画単独初主演の坂口さんは男前の演技が際立つ。ミステリー映画初挑戦の永野芽郁さんが扮(ふん)するヒロインのおびえた表情も新鮮。そこここに仕掛けられた伏線が終盤に向かって回収されていく。そういうことかと納得させられるラストまで、スクリーンにくぎ付けになる!

 外科医の速水秀悟(坂口さん)は、先輩医師の小堺司(大谷亮平さん)の代理として、田所病院で一夜限りの当直医をする。身元不明や寝た切りの患者で満床の田所病院だが、問題は起きないはずだった。

 ところが、ピエロの仮面をつけた男が、銃で撃たれた女子大生・川崎瞳(永野さん)を人質にとり、1階フロアに現れる。男は近くのコンビニを襲った犯人だった。男は速水や瞳たちを監禁状態にし、院内にたてこもる。速水と瞳は必死に脱出を試みるが……。ほかに内田理央さん、江口のりこさん、朝倉あきさん、高嶋政伸さんらが出演している。

映画「仮面病棟」の予告編



 「任侠学園」や「屍人荘の殺人」(共に2019年)の木村監督が、現役医師で作家の知念実希人さんの同名小説(実業之日本社文庫)を映画化。シリアスなストーリーにコミカルな演出をあて、作品にユーモアを持たせるのを得意とする木村監督。今回はそれを封印し、徹底的にシリアス路線で攻めている。

 ピエロの正体は? その目的は? 監禁された院長や看護師たちにもそれぞれの思惑がありそうで、観客を疑心暗鬼に陥らせる。その中で目を引いたのは、速水の立ち位置だ。演じる坂口さんは、これまでのソフトなイメージとは一線を画した、たくましく勇敢な男性を好演。瞳を守ろうとする男前の姿に改めてほれ直した。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

坂口健太郎、2年ぶりANNパーソナリティーに 「仮面病棟」共演の永野芽郁ゲスト出演

映画「仮面病棟」のビジュアル(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
映画「仮面病棟」のビジュアル(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

 俳優の坂口健太郎さんが、3月6日放送のニッポン放送のラジオ番組「坂口健太郎のオールナイトニッポンGOLD~映画『仮面病棟』スペシャル~」でパーソナリティーを務めることが2月27日、明らかになった。坂口さん主演の映画「仮面病棟」(木村ひさし監督)が3月6日に公開されるのを記念して、坂口さんが同番組のパーソナリティーを約2年ぶりに務める。映画でヒロインを演じた永野芽郁さんがゲストとして登場し、撮影の裏話などを語る。

 坂口さんは「聴いていて口角が上がってほしいというか、ポジティブな気持ちになってほしいので、聴き終わった後には、ほっこりしてもらえたらいいなと思います。“花金”なのでお酒片手にリラックスして聴いてほしい」とメッセージを送っている。

 「坂口健太郎のオールナイトニッポンGOLD~映画『仮面病棟』スペシャル~」は3月6日午後10時から生放送。

<ジャパンプレミアイベント>坂口健太郎、うそ発見器でまさかのネタバレ? 大きく揺れる波形に動揺 映画「仮面病棟」プレミア

イベントに登場した坂口健太郎さん
イベントに登場した坂口健太郎さん

 俳優の坂口健太郎さんが2月17日、東京都内で行われた主演映画「仮面病棟」(木村ひさし監督、3月6日公開)のジャパンプレミアイベントに、永野芽郁さんらと登場した。うそ発見器を使ったコーナーで、永野さんから「仮面病棟のピエロは私である」と質問された坂口さんは、「いいえ」と答えるもスクリーンに映し出された波形が大きく振動。“うそ”と診断されてしまった坂口さんは、「ちょっと振れ幅が尋常じゃないですね。こんなになるとは……」と動揺するも、司会からドッキリと明かされ、「なんだあ……! 本当になんでだろうと思った。びっくりした。本当に汗かきました」と胸をなで下ろしていた。

 「ピエロ、僕だったっけ?と思いました」とちゃめっ気たっぷりに話した坂口さんは、今作の撮影を、「病院をお借りして密室の中で撮っていて、精神的にきつい部分もあった」と振り返り、「大変じゃない作品はないのですが、今回はすごく後半にかけてどんどん振り絞って演じていた。自分がこんなに頑張った甲斐があったんだなというのは見てすぐ思いました」と完成度に自信をのぞかせた。

出典:YouTube



 この日は、内田理央さん、大谷亮平さん、高嶋政伸さん、木村監督も出席。出演者として台本を読み結末を知っているが、完成した映画を見て「だまされた」と内田さん。「人間が信用できないっていうか、(登場人物の)全員が怪しく見えるので、人間は信用できないなと思いながら見た。全部知っているはずなのにまったく分からない。(観客の)皆さんはもっと翻弄(ほんろう)されると思います」と話し、今では「人間不信になってます!」と明かし、周囲の笑いを誘っていた。

<スペシャルイベント>坂口健太郎、永野芽郁から「本当にすてき」 座長ぶりを褒められ照れ笑い

映画「仮面病棟」の映画化記念スペシャルイベントに登場した坂口健太郎さん(左)、永野芽郁さん
映画「仮面病棟」の映画化記念スペシャルイベントに登場した坂口健太郎さん(左)、永野芽郁さん

 俳優の坂口健太郎さんが1月16日、東京都内で行われた主演映画「仮面病棟」(木村ひさし監督、3月6日公開)の映画化記念スペシャルイベントに、女優の永野芽郁さんらと登場した。坂口さんは今作が初の映画単独主演となるが、「(主演でもそうでなくても)実際にやっていることって変わらない。どうしても監督の色や座長の色に現場はなっていくものだから、自分ができることはしたいと思っていた」と座長としての心構えを明かし、「張り詰めたシーンの裏では、穏やかな時間(を過ごすの)が好きなので、自分にできることはやっていた」と振り返った。

 そんな坂口さんの座長ぶりについて、永野さんは、「すてきでした。(作品の)内容的にはピリつく瞬間もあるのだろうと思っていましたが、坂口さん自身が穏やかで現場がピリつくことなく、みんなで一つのものを作るという空気感だった。本当にすてきだなって」とべた褒め。聞いていた坂口さんが思わずマイクを使わずに、「ありがとうございます」と照れた様子で言うと、永野さんは「ちょっと照れているみたいです(笑い)」と楽しそうに話した。

 また今作の撮影前日に20歳を迎えた永野さんは、「気持ちも新たに20歳だし、背筋を伸ばして坂口さんのそばに寄り添っていい作品を作れたらなと思いながらやっていました」と回顧。共演経験がある坂口さんは、「過去の作品でもご一緒していたので、5~6年前になりますが感慨深いですね」と話し、「また前作と全然違う役なので、どう一緒にできるか楽しみだった」と共演を心待ちにしていたことを語った。

【動画】坂口健太郎&永野芽郁 凶悪犯いる病院に監禁 2人で脱出試みるも… 映画「仮面病棟」特報初解禁

坂口健太郎さんと永野芽郁さん出演の映画「仮面病棟」(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
坂口健太郎さんと永野芽郁さん出演の映画「仮面病棟」(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

 俳優の坂口健太郎さんの主演映画「仮面病棟」(木村ひさし監督、2020年3月6日公開)の特報が11月8日、初解禁された。病院に監禁された一夜限りの当直医の速水(坂口さん)と女子大生の瞳(永野芽郁さん)が脱出を試みる様子が収められている。

 映像は、ある日病院がピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠されるシーンからスタート。監禁されたのは、一夜限りの当直医の速水と凶悪犯に撃たれけがをした女子大生の瞳。鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院から脱出を試みる2人だが、「入院記録のない患者」「通報しない病院スタッフ」「あるはずのない病室」という病院の不可解な異変に次々と遭遇する……という内容。

 生きて病院を出るために2人が隠された衝撃の真相に挑む“ノンストップ脱出ミステリー”で、自分が同じ危機的状況に巻き込まれたとしたらという問いに、坂口さんは「このような状況になったら、この病院の謎を解くというより、この危機的状況で命がなくならないよう生還することを意識すると思うが、生きることに加え、この病院の謎を解くために行動する速水の姿はカッコイイと思う」とコメント。

 永野さんは「逃げられない状況の中、何かしたら殺されるかもしれないと思っているので、静かに目立たないようにしていると思う。ただ、生き残りたいとは思いますが、その時によって何が最善なのかは分かりませんけどね」と答えている。

 今回、新キャストも発表された。警察への通報をかたくなに拒む田所院長を高嶋政伸さん、院長と共に何かをひた隠す怪しい看護師・佐々木香を内田理央さん、同じく看護師・東野良子を江口のりこさん、事件当日に突如、速水に当直医の担当変更を依頼した医師・小堺司を大谷亮平さんが演じる。

 映画は、知念実希人さんの同名小説(実業之日本社)が原作。同作が映画化されるのは初めて。ピエロ面の凶悪犯が、身元不明の入院患者64人と職員らを鉄格子で閉ざされた元精神科病院に監禁する。事件当日、1日限りのアルバイトをしていた当直医の速水は、犯人から、自らが撃った女子大生の瞳(永野さん)を治療するよう要求される。速水は命を救った瞳と病院から脱出を試みるが……というストーリー。

出典:YouTube

坂口健太郎、病院に閉じ込められた医師役で映画単独初主演 ヒロイン・永野芽郁を救う

映画「仮面病棟」に出演する坂口健太郎さん(左)と永野芽郁さん(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
映画「仮面病棟」に出演する坂口健太郎さん(左)と永野芽郁さん(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

 俳優の坂口健太郎さんが、映画「仮面病棟」(木村ひさし監督、2020年3月6日公開)に主演する。坂口さんが単独で映画の主演を務めるのは初めて。女優の永野芽郁さんがヒロインを演じることも発表された。坂口さんは主人公の医師、速水秀悟、永野さんは女子大生の川崎瞳を演じる。

 映画は、知念実希人さんの同名小説(実業之日本社)が原作。同作が映画化されるのは初めて。ピエロ面の凶悪犯が、身元不明の入院患者64人と職員らを鉄格子で閉ざされた元精神科病院に監禁する。事件当日、1日限りのアルバイトをしていた当直医の速水(坂口さん)は、犯人から、自らが撃った女子大生の瞳(永野さん)を治療するよう要求される。速水は命を救った瞳と病院から脱出を試みるが……というストーリー。9月下旬にクランクインする。

 ◇木村ひさし監督のコメント

 本作は僕にとって今まで経験のないジャンルであり、出演される坂口さん、永野さんもご一緒したかった俳優さんです。新しい作品にチャレンジするのに、大変良い環境が整いました。仮面病棟は僕にとって間違いなく新境地を開く作品になると思います。

 ◇原作の知念実希人さんのコメント

 「仮面病棟」が私の作品の中で初の映画化となり、うれしく思っております。若手実力派俳優である坂口健太郎さんと永野芽郁さんが本作をどのように演じてくださるのか、今からとても楽しみです。息つく間もないほど緊張感にあふれるサスペンス&ミステリー作品になると期待しておりますので、みなさまぜひご覧になってください。