最初の晩餐 あらすじ

最初の晩餐あらすじ

 映画は「最初の晩餐」、父親の遺言で目玉焼きから始まる通夜振る舞いを通じて、家族を取り戻す様子を、過去と現在を交えて描く。父の日登志(永瀬正敏さん)が亡くなり、カメラマンの東麟太郎(染谷将太さん)は葬儀のため帰郷する。通夜の準備中、母のアキコ(斉藤由貴さん)が通夜振る舞いの弁当をキャンセルし、目玉焼きを作り始める。麟太郎や姉の美也子(戸田恵梨香さん)らが戸惑う中、次々と運ばれてくるのは父が遺したノートを基にした思い出の料理だった。父との時間がよみがえり、次第に家族も知らなかった秘密が浮き彫りになる。通夜振る舞いが終わりに近づいた頃、15年ぶりに兄のシュン(窪塚洋介さん)が帰ってきて……というストーリー。

映画「最初の晩餐」のあらすじ