最初の晩餐

最初の晩餐あらすじ

 映画は「最初の晩餐」、父親の遺言で目玉焼きから始まる通夜振る舞いを通じて、家族を取り戻す様子を、過去と現在を交えて描く。父の日登志(永瀬正敏さん)が亡くなり、カメラマンの東麟太郎(染谷将太さん)は葬儀のため帰郷する。通夜の準備中、母のアキコ(斉藤由貴さん)が通夜振る舞いの弁当をキャンセルし、目玉焼きを作り始める。麟太郎や姉の美也子(戸田恵梨香さん)らが戸惑う中、次々と運ばれてくるのは父が遺したノートを基にした思い出の料理だった。父との時間がよみがえり、次第に家族も知らなかった秘密が浮き彫りになる。通夜振る舞いが終わりに近づいた頃、15年ぶりに兄のシュン(窪塚洋介さん)が帰ってきて……というストーリー。

スタッフ

監督:常盤司郎

最初の晩餐キャスト

染谷将太
戸田恵梨香
斉藤由貴
永瀬正敏
窪塚洋介

主題歌

2019年11月1日公開

ニュース

最初の晩餐

戸田恵梨香、弟役の染谷将太の印象は“変な人” 「この変な人と一緒にやりたい」と出演決意

 女優の戸田恵梨香さんが9月15日、東京都内で行われた映画「最初の晩餐」(常盤司郎監督、11月1日公開)の完成披露上映会に、主演を務める染谷将太さんらと登場。染谷さんの印象を聞かれた戸田さんは「変な人。よく分からない人だなって。(話を)流すのが上手だけど、ぼそっと言うことが結構核心を突いていて、見ていて面白い」と話し、出演オファーがあった際を「(キャストは)染谷君だけが決まっている状態だった。この変な人と一緒にやりたいと思って決めました」と振り返って出演の“決め手”を明かした。

続きを読む

あらすじ

映画「最初の晩餐」のあらすじ

続きを読む

キャスト

映画「最初の晩餐」のキャスト

続きを読む