スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 ニュース

続編に井浦新、鈴木拡樹、「あな番」の奈緒ら ヒロイン・白石麻衣が狙われる本編映像も公開

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の出演者 (C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の出演者 (C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

 2018年に公開された映画「スマホを落としただけなのに」の続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2020年2月21日公開、中田秀夫監督)に俳優の井浦新さん、鈴木拡樹さん、連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)に出演し話題となった奈緒さんらが出演することが9月10日、明らかになった。また、特報も公開された。

 ほかにも、俳優の田中哲司さん、音尾琢真さん、女優の江口のりこさん、今田美桜さん、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さん、「アルコ&ピース」の平子祐希さん、アキラ100%さん、3人組音楽ユニット「Sonar Pocket(ソナーポケット)」のko-daiさん、高橋ユウさん、谷川りさこさんが出演することも発表された。

 特報には、美乃里が盗撮されているような場面や、加賀谷がスマホを見ながら「美乃里、逃げろ!」というシーン、浦野の「また悲劇が起きますよ」というせりふなどが収められている。

(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
出典:YouTube

千葉雄大主演で「スマホを落としただけなのに」続編製作決定 前作で“怪演”成田凌も出演

映画「スマホを落としただけなのに」の1シーン(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
映画「スマホを落としただけなのに」の1シーン(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 2018年に公開された女優の北川景子さん主演の映画「スマホを落としただけなのに」の続編が製作されることが2日、分かった。今作で主演を務めるのは、前作で“過去にトラウマを持つ”刑事・加賀谷を演じた千葉雄大さんで、前作での怪演が話題となった成田凌さんも出演し、獄中の“連続殺人鬼”役を担当する。千葉さんは、「1作目の感想は僕もたくさんいただいたので、続編が決まってうれしく思っております。この作品は、成田君なしでは成立しないので、また共演できることも大変うれしいです」とコメントをしている。

 「スマホを落としただけなのに」は、17年の「このミステリーがすごい!(このミス)」大賞の“隠し玉”作品(=受賞には及ばなかったもののベストセラーになる可能性を秘めている作品)に選ばれた、志駕晃さんの同名小説(宝島社文庫)が原作。続編は、志駕さんによるシリーズ第2弾「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(同)を原作に、中田秀夫監督が再びメガホンをとる。タイトルは「スマホを落としただけなのに2(仮)」で、2020年公開。

 長い黒髪の女性ばかりを狙った連続殺人事件が幕を閉じてから数カ月。同じ事件現場から新たな身元不明の死体が発見される。真相を探るため刑事・加賀谷(千葉さん)は、かつて自分が逮捕した連続殺人鬼・浦野(成田さん)のもとへ。加賀屋が「お前が殺したのか……?」と尋ねると、浦野は、彼が師と仰ぐ「M」というダークウェブ上に存在する謎の人物の存在を明かす。一方、同じころ、加賀谷の恋人・美乃里を狙う謎の男の姿が。加賀谷は、苦渋の選択で浦野に事件の捜査協力を依頼することを決断するが……という展開。

 ◇中田秀夫監督のコメント

 「スマホを落としただけなのに」を大勢の方に楽しんでいただき、とても光栄に思います。前作のラストでは、フィジカルにも心理的にも対決した千葉さん、成田さんですが、彼らには強固な共通点があり、どうしようもなく引きつけ合う点もありました。続編ではこの2人の「奇妙なタッグ」を軸に物語が展開します。お二人に俳優としての個性と感覚をぶつけ合ってもらい、さらなる高みを目指したエンターテインメントを作り上げたいと思います。