影裏 あらすじ

影裏あらすじ

 映画「影裏」は、「るろうに剣心」シリーズなどで知られる大友啓史監督が、俳優の綾野剛さん、松田龍平さんとタッグを組み、第157回芥川賞などを受賞した沼田真佑さんの「影裏」を映画化。濃密な人間ドラマを描くヒューマンミステリー作品で、國村隼さん、筒井真理子さん、中村倫也さん、永島暎子さん、安田顕さん、平埜生成さんも出演する。2020年2月14日に公開。

 映画は、赴任した慣れない土地・岩手盛岡での生活に戸惑う今野(綾野さん)。今野を孤独から救ってくれた唯一の友人・日浅(松田さん)が、突然姿を消した。足跡をたどる今野の前に、彼の知らない日浅のもう一つの影の顔、裏の顔を浮かび上がる。共に日々を分かちあったはずの日浅の“本当”はどこにあるのか……というストーリー。

 大友監督は、「タイトル通り、この映画は誰もが持つ影の部分、裏の部分に踏み込んでいく作品です。本音では言えないところに、人それぞれの真実、社会との葛藤が潜んでいる。その『影裏』を、深く刻み込むかのように体現してくれる役者たちがそろいました」とコメント。「役者たちの見事なアンサンブルと共に、自分の魂を作品の奥底に深くしのばせたつもりです。大人の皆様に楽しんでいただける作品になったと思います。ぜひご覧ください」とメッセージを送っている。

映画「影裏」のあらすじ