生理ちゃん ニュース

映画「生理ちゃん」二階堂ふみが走る 伊藤沙莉が叫ぶ! 実写映画予告篇&ビジュアル公開

映画「生理ちゃん」のキービジュアル (C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA
映画「生理ちゃん」のキービジュアル (C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

 生理を題材とした異色のマンガが原作の映画「生理ちゃん」(品田俊介監督、11月8日公開)の予告編とキービジュアルが8月27日、公開された。生理を擬人化した「生理ちゃん」が登場する作品で、予告篇には、女優の二階堂ふみさん演じる主人公・青子が生理ちゃんを背負って走る姿や、伊藤沙莉さん演じるフリーターのりほが生理ちゃんに向かって叫ぶ姿などが収められている。

 「生理ちゃん」は、小山健さんのマンガで、生理痛の原因を擬人化したキャラクターが登場する。ウェブサイト「オモコロ」に掲載。2018年6月にコミックスがKADOKAWAから発売されて、重版されるなど話題になった。「月刊コミックビーム」で連載中。

 予告篇は「ツキイチで、アイツは来る」というナレーションから始まり、生理ちゃんが「来ちゃった」と青子たちの元を訪れる様子が描かれる。また、「大変だな、女の子は」という青子の会社の男性に生理ちゃんがパンチを食らわすコミカルな場面も登場する。

出典:YouTube

異色のマンガ「生理ちゃん」が実写映画化

「生理ちゃん」の映画化の告知(C)小山健/KADOKAWA
「生理ちゃん」の映画化の告知(C)小山健/KADOKAWA

 生理を題材とした異色のマンガ「生理ちゃん」が実写映画化されることが12日、明らかになった。2日発売の連載マンガ誌「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)3月号で発表された。

 「生理ちゃん」は、小山健さんのマンガで、生理痛の原因を擬人化したキャラクターが登場する。ウェブサイト「オモコロ」に掲載。2018年6月にコミックスがKADOKAWAから発売されて、重版されるなど話題になった。「月刊コミックビーム」で連載中。

 映画の詳細は今後、発表される。

(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA
(C)小山健/KADOKAWA