夏、至るころ あらすじ

夏、至るころあらすじ

 映画「夏、至るころ」は、女優の池田エライザさんが初監督作品。「夏、至るころ」は、映画会社「映画 24区」が「地域」「食」「高校生」をキーワードに全国の自治体と組んで製作する「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズの第2弾で、企画・原案も池田さんが担当した。福岡県田川市を舞台に幼なじみの少年2人と不思議な少女が出会ったひと夏の胸騒ぎを、美しい田川市の風景と和太鼓が奏でる情緒的な音楽に乗せて描く。

 田川の町で育った主人公の翔を倉悠貴さん、翔の幼なじみの泰我を石内呂依さん、翔と泰我の前に突然現れた、少し年上の不思議な少女、都をさいとうなりさんが演じる。また、翔の父親役で安部賢一さん、母親役で杉野希妃さん、祖父役でリリー・フランキーさん、祖母役で原日出子さん、昔からよく知るペットショップの店長役で大塚まさじさん、高良健吾さんが、翔が前に進むためのヒントを投げかけてくれる倫理の先生を演じる。

映画「夏、至るころ」のあらすじ