わたしは光をにぎっている あらすじ

わたしは光をにぎっているあらすじ

 映画「わたしは光をにぎっている」は、「四月の永い夢」(2017年)で、第39回モスクワ国際映画祭国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作。女優の松本穂香さんが主演を務める。。映画は、銭湯を舞台に、特別な才能があるわけではないが、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描く作品。11月15日に公開する。

 映画は、亡き両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に東京へ出てくることになった二十歳の澪(松本さん)。都会の空気になじめないでいたが、「目の前のできることから、一つずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。

 昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ、都会の暮らしの中に喜びを見いだし始めたある日、その場所が区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされる。その事実に戸惑いながらも澪は「しゃんと終わらせる」決意をする……という物語。

 松本さんのほか、渡辺大知さん、徳永えりさん、吉村界人さん、忍成修吾さん、光石研さん、樫山文枝さんが出演。主題歌は、カネコアヤノさんの「光の方へ」。予告編では、銭湯を手伝うようになり、都会の暮らしの中に喜びを見いだし始めた澪が、ある日、区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされ……と展開する。

映画「わたしは光をにぎっている」のあらすじ