ブラック校則 あらすじ

ブラック校則あらすじ

 映画「ブラック校則」は、2005年放送の連続ドラマ「野ブタ。をプロデュース」などの河野英裕さんがプロデューサーを務め、“ブラック校則”と戦う高校生の恋と友情を描く。人気グループ「Sexy Zone」の佐藤勝利さんが主演を務め、「King & Prince」の高橋海人さんが出演する。佐藤さんが単独で映画に主演するのは初めてで、高橋さんは映画初出演となる。佐藤さんと高橋さんのコンビによる令和版「野ブタ。をプロデュース」になるという。

 映画は「男女は1メートル以上離れる」「下着は白のみ着用可」といったブラック校則に青春をゆがめられた女子高生を救うために2人の男子高生が立ち上がる青春ストーリー。佐藤さんが、ブラック校則に縛られた学校生活の中、クラスの最底辺で最低の青春を生きる高校2年の小野田創楽(そら)、高橋さんが、創楽のクラスメートで親友の月岡中弥(ちゅうや)を演じる。

 「いちごの唄」で映画監督デビューした菅原伸太郎さんが監督を務め、マンガ「セトウツミ」の作者、此元和津也さんが脚本を手がける。

映画「ブラック校則」のあらすじ