羊とオオカミの恋と殺人 ニュース

<初日舞台あいさつ>杉野遥亮、実は“がさつ”と告白 「パンツもはかずに…」 「羊とオオカミの恋と殺人」初日舞台あいさつ

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の初日舞台あいさつに登場した杉野遥亮さん
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の初日舞台あいさつに登場した杉野遥亮さん

 俳優の杉野遥亮さんが11月29日、東京都内で行われた映画「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督)の初日舞台あいさつにダブル主演の福原遥さんらと登場。舞台あいさつでは、映画の「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」というキャッチコピーにちなみ、登壇者が意外な素顔を明かす企画も行われ、杉野さんは「こう見えて“がさつ”なんです」と告白。「ずぼらなところが結構あって。お風呂から上がったら、基本パンツもはかずにうろうろするとか、部屋の中でコートをそのへんに置いちゃうとか……」と意外な一面を披露し、福原さんらを驚かせていた。

 福原さんとの共演は今作が2度目という杉野さんは、再びの共演について「2回目なので信頼がすごくあったというか、勝手にさせてもらっていたというか。安心してやっていました」と説明。福原さんも「1回目の共演のときは作品の話はあまりしていなかったんですが、今回は杉野くんと意見を交換しながらお芝居について話せたのがうれしかったです」と喜び、「(杉野さんに)すごい安心感があって。一緒にできてよかったです」と振り返っていた。舞台あいさつには江野沢愛美さん、朝倉監督も出席した。

出典:YouTube

<初日舞台あいさつ>福原遥「羊とオオカミの恋と殺人」で“殺人鬼の目”ほめられ照れ笑い 「こう見えて足が…」と意外な素顔も

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の初日舞台あいさつに登場した福原遥さん
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の初日舞台あいさつに登場した福原遥さん

 女優の福原遥さんが11月29日、東京都内で行われた杉野遥亮さんとダブル主演した映画「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督)の初日舞台あいさつに登場。今作で殺人鬼の美少女役を演じた福原さんは、「殺人鬼とか理解できない役をやってみたいなと思っていたので、すごくうれしかったです」と喜びを表現。また、共演した江野沢愛美さんから「普段はこういう可愛らしい感じなんですけど、“宮市さん”になったとき、目が鋭い感じが伝わってきて……殺人鬼でした」と言われると、福原さんは「うれしいです(笑い)……そんな目、してました?」と照れ笑いを浮かべていた。

 舞台あいさつでは、映画の「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」というキャッチコピーにちなみ、登壇者が「信じられないでしょうが、実は私……」からはじまる意外な素顔を回答する企画も行われ、福原さんは「私はこう見えて……足が速いんです」と笑いながら回答。福原さんは「よく『走れるの?』って聞かれたり、苦手そうって言われるんですけど」と苦笑しつつ、学生時代はリレーの選手も務めたことがあると明かし、「マネジャーさんと『次の現場までダッシュだ!』というときも、『(福原さんが)速くて……』と言われたり」と自身の俊足ぶりを語っていた。舞台あいさつには杉野さん、朝倉監督も出席した。

出典:YouTube

<映画紹介>「羊とオオカミの恋と殺人」杉野遥亮が初主演 福原遥が殺人鬼に初挑戦 血しぶき舞う異色ラブコメ

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の場面写真(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の場面写真(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

 俳優の杉野遥亮さん、女優の福原遥さんダブル主演の映画「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督)が11月29日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。原作は、マンガアプリ「マンガボックス」で連載された裸村さんのスプラッター・ラブコメディーマンガ「穴殺人」。連続殺人鬼の女性と、その隣に住む自殺願望を持つ青年の恋愛模様を描く。自殺志願の男・黒須越郎役の杉野さんは映画初主演。福原さんは殺人鬼役に初挑戦で、美少女・宮市莉央を演じている。

 大学受験に失敗し、予備校もやめて引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野さん)は、首つり自殺をはかるが失敗。その弾みで偶然開いてしまった壁の穴をのぞくと、美人で清楚(せいそ)な隣人・宮市(福原さん)の生活が丸見えになる。

 黒須は穴をのぞくことが生きがいになり、宮市のとりこになっていくが、ある日、彼女が部屋で凄惨(せいさん)な殺人行為をしているのを目撃し、声を上げてしまう。のぞき行為が見つかった黒須は、宮市に愛を告白。殺されるかと思いきや、付き合うことに。幸せをかみしめる黒須だったが、宮市はデート中も構わず殺人を犯し……。

 タイトルを見てミステリーものなのかと思っていたら、まさかのラブコメ。猟奇殺人と恋愛、コメディー要素を融合させた異色作で、エッジが効き過ぎている分、リアリティーを気にせず、ぶっ飛んだ物語を純粋に楽しめる。杉野さん演じる黒須と福原さん演じる宮市の胸キュンシーンがあったと思えば、その直後には殺人が……という展開はシュール。感情を揺さぶられ続ける体験は新鮮で興味深かった。

 自殺志願者と殺人鬼という極端な2人だが、相手のことを好きだけど譲れない、互いの価値観を尊重し合うといった、現代の恋愛の在り方のようなものを考えさせられる一面も。ただ全体としてはラブコメ色が強く、そんなことを真剣に考えた自分さえも笑ってしまう展開。血しぶきが多めのため、スプラッターが苦手な人には少しつらいかもしれないが、それにしても福原さんの殺人鬼役は、アクションを含め、とても美しかった。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

福原遥、念願の殺人鬼役 「こんなに早くできるんだ」と喜び 完成披露

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の完成披露試写会に出席した福原遥さん
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の完成披露試写会に出席した福原遥さん

 女優の福原遥さんが11月7日、東京都内で行われた映画「羊とオオカミの恋と殺人」(11月29日公開、朝倉加葉子監督)の完成披露試写会に出席。同作で殺人鬼の女子大生という異色の役を演じた福原さんは「オファーをいただいた時、ちょうどそのくらいの時期にずっと殺人鬼をやりたいって取材で話していた。こんなに早くできるんだってビックリです」と念願かなって喜んだ。

 福原さんと杉野さんが共演するのは今回が2度目。約1年ぶりに撮影現場で再会したが、福原さんは「お互い人見知りだから初対面に戻っちゃった」と苦笑い。今回は隣人役とあって、杉野さんは「2人でいる部屋のシーンが多かったので、結構話し合った。そういう時間を密に過ごせたのは大きかった」と振り返っていた。舞台あいさつには江野沢愛美さん、江口のりこさん、朝倉監督も登壇した。

出典:YouTube

【動画】福原遥、杉野遥亮に「返り血浴びてない?」 舌打ちする場面も 映画「羊とオオカミの恋と殺人」ラブリー予告編

出典:YouTube

 俳優の杉野遥亮さんと女優の福原遥さんがダブル主演する映画「羊とオオカミの恋と殺人」(11月29日公開、朝倉加葉子監督)の“ラブリー予告編”「大好き 宮市さん」編が10月9日、解禁された。殺人を行った宮市(福原さん)が、黒須(杉野さん)に「大丈夫? 返り血浴びてない?」と声をかける場面や、女の子を連れてきた黒須に、宮市が舌打ちするシーンなどが収められている。

 同時に、本ビジュアルも公開された。ほほ笑みを浮かべた福原さんが、杉野さんの首元近くに、血に染まったカッターナイフを持っている姿が写し出され、「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」とキャッチコピーが添えられている。

 今回の“ラブリー予告編”のほか、「二人はラブラブ編」「バッサバッサと斬りまくる編」「奇跡のカップル爆誕!編」が順次公開される予定。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の本ビジュアル (C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の本ビジュアル (C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

福原遥、杉野遥亮にカッターナイフ突きつけ… ティザービジュアル公開 追加キャストも

俳優の杉野遥亮さんと女優の福原遥さんがダブル主演する映画「羊とオオカミの恋と殺人」のティザービジュアル(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
俳優の杉野遥亮さんと女優の福原遥さんがダブル主演する映画「羊とオオカミの恋と殺人」のティザービジュアル(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

 俳優の杉野遥亮さんと女優の福原遥さんがダブル主演する映画「羊とオオカミの恋と殺人」(11月29日公開、朝倉加葉子監督)のティザービジュアルが公開された。ビジュアルは、福原さんが杉野さんの喉元にカッターナイフを突きつけている衝撃的なカットとなっている。また、江口のりこさん、江野沢愛美さんら追加キャストも発表された。

 映画は、マンガアプリ「マンガボックス」で連載された裸村さんのスプラッターラブコメディーマンガ「穴殺人」を実写映画化するもの。杉野さんが自殺志願の男・黒須越郎、福原さんが殺人鬼の美少女・宮市莉央を演じる。杉野さんは映画初主演を果たす。

 公開されたティザービジュアルは、福原さんと杉野さんが、正面を見据え、寝そべり、頬を寄せ合いながらも、福原さんが杉野さんの喉元に突き付けているカッターナイフには、血のりがベッタリとついている。「え? 僕、殺されるんですか? 大好きな彼女に!?」といったキャッチコピーもあり、インパクトのあるデザインとなっている。

 また、今回公開された追加キャストは、江口さん、江野沢さんのほか、笠松将さん、清水尚弥さん、一ノ瀬ワタルさんの5人。延命寺玲奈役の江口さん、川崎春子役の江野沢さんのコメントは以下の通り。

 ◇江口のりこさんのコメント

 この撮影現場は体力的にハードでした! 連日、撮りこぼしが続いたりもして、我々キャストは不安と疲労が募っていきました。そんな中、杉野君と遥ちゃんはひたすら真っすぐ前を見て、コツコツと芝居を積み重ねていきました。

 この2人がキラリと輝く青春映画になっているといいな、という思いがありましたが、出来上がった映画は見事に2人の映画になっていてうれしかったです。ぜひ劇場でご覧になってください。

 ◇江野沢愛美さんのコメント

 終始、遥が可愛い!!!と感じていただけると思います。殺すよ?でこんなにキュンとしたのは初めてです(笑い)。

 好きな人が殺人鬼、というストーリーの中で私が演じた春子ちゃんはただ、普通の大学生。キャピキャピした大学生という役で難しいなと思うこともあったけど、こんな女の子らしい女の子になりたいと思いました。

 不思議なストーリーですが、その中にも一人一人いろいろな葛藤や感情があるのでぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

福原遥が美しき殺人鬼に 杉野遥亮は自殺志願の引きこもり役 “スプラッターラブコメ”マンガW主演で映画化

杉野遥亮さんと福原遥さんのダブル主演映画「羊とオオカミの恋と殺人」の1シーン(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
杉野遥亮さんと福原遥さんのダブル主演映画「羊とオオカミの恋と殺人」の1シーン(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

 俳優の杉野遥亮さんと女優の福原遥さんが、映画「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督)でダブル主演を務めることが、分かった。マンガアプリ「マンガボックス」で連載された裸村さんのスプラッターラブコメディーマンガ「穴殺人」を実写映画化。杉野さんが自殺志願の男・黒須越郎、福原さんが殺人鬼の美少女・宮市莉央を演じる。杉野さんは映画初主演を果たす。映画は11月29日公開。

 大学受験に失敗し、予備校も辞め引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野さん)は、 壁につけたフックで首つり自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまう。穴をのぞくと、美人で清楚(せいそ)な隣人・宮市(福原さん)の生活が丸見えに。その日から穴をのぞくことが生きがいになり、どんどん宮市のとりこになっていく黒須。しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨(せいさん)な殺人行為を目撃してしまい、声を上げてしまう。

 のぞき行為が見つかってしまった黒須は、宮市に愛を告白する。殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに。アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し……という内容。

出典:YouTube

 今回、特報映像も公開された。「人生なんてクソだ」のテロップと共に、黒須が人生に絶望して自殺を図るも未遂に終わる衝撃的なシーンからスタート。偶然見つけたアパートの隣室ののぞき穴から、隣人・宮市の生活をのぞき見すると一転、「いや、人生は素晴らしい。」のテロップが流れる。さらに、黒須と宮市の仲むつまじいシーン、突然、宮市にカッターで襲われそうになる黒須のシーンなどが収録されている。

 ◇朝倉加葉子監督のコメント

 「隣人を愛せよ、だよ。黒須くん」。殺人鬼の女の子に恋しちゃう自殺志願の男の子、という原作のとっぴな設定にまず心をつかまれました。そして殺人鬼の女の子・宮市さんが自殺志願の男の子・黒須くんに言うこの言葉は、彼女自身にも、私たちにも向けられています。複雑なことが起き続けるこの世界では、果てしなく難しいけれど、その喜びは何にも代えがたい。そこを鋭く描いているのに、どことなく可愛らしい不思議な緩急を持つこの原作の魅力を、主演の2人が体現してくれました。

 ほんわかした杉野くんの存在感と、鋭さと愛をたたえた福原さんのほほ笑みがまぶしい、クセになる青春ラブストーリー(だが人はたくさん死ぬ)です。ぜひ楽しみにしていてください。

(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社
(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社