CAST: あらすじ

CAST:あらすじ

 映画「CAST:(キャスト)」は、ある日“彼氏の浮気相手“として3人の女性が偶然出会い、映画監督である彼氏に自分との恋愛を勝手に映画にされたことをきっかけに復讐(ふくしゅう)を誓うというストーリーで、“オシャレすぎる復讐劇”が描かれる。女優の飯豊まりえさん、モデルのemma(エマ)さん、4人組バンド「きのこ帝国」の佐藤千亜妃さんがトリプル主演を務める。

 飯豊さんが、薄い顔にコンプレックスを持ち、化粧品メーカーに勤めるリサを演じ、emmaさんが過去のトラウマで甘いものが苦手なパティシエのANNA(アンナ)、佐藤さんが本当の自分を表現できずに苦しむミュージシャン・CARA(カラ)をそれぞれ演じる。「Mr.Children」や米津玄師などのミュージックビデオの演出を手がけてきた映像作家の林響太朗さんが監督および脚本を務める。

映画「CAST:(キャスト)」のあらすじ