サヨナラまでの30分 あらすじ

サヨナラまでの30分あらすじ

 映画「サヨナラまでの30分」は、俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演を務める。新田さんが1年前に死んだバンドミュージシャンのアキ、北村さんがアキとは正反対の性格で人と関わることが苦手な大学生・颯太をそれぞれ演じる。ある日、颯太はアキがのこしたカセットテープを拾う。そのカセットテープが再生される30分間だけ、アキは颯太の体を借りることができ、恋人やバンド仲間に会いに行く……という展開の青春ラブストーリー。映画で新田さんは歌唱とギター演奏、北村さんは歌唱とピアノ演奏を披露する。

 映画「東京喰種 トーキョーグール」の萩原健太郎さんが監督を務め、映画「君と100回目の恋」、ドラマ「忘却のサチコ」などの大島里美さんが脚本を担当する。

映画「サヨナラまでの30分」のあらすじ