サヨナラまでの30分 あらすじ

サヨナラまでの30分あらすじ

 映画「サヨナラまでの30分」は、俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演を務める。新田さんが1年前に死んだバンドミュージシャンのアキ、北村さんがアキとは正反対の性格で人と関わることが苦手な大学生・颯太をそれぞれ演じる。映画で新田さんは歌唱とギター演奏、北村さんは歌唱とピアノ演奏を披露する。

 人付き合いが苦手な颯太は、1年前に死んだミュージシャンのアキが残したカセットテープを拾ったことから、アキの姿が見えるようになる。カセットテープが再生される30分だけ颯太とアキは体を共有できるようになったことから、アキは、かつて所属していたバンド「ECHOLL(エコール)」の再結成と、元メンバーで恋人だったカナの笑顔を取り戻すために、颯太の体を借りて行動していく。

 最初は戸惑いつつも、やがて颯太を受け入れ始めるかつての仲間たち。しかし、アキがいなくなって音楽をやめたカナだけは、颯太が歌う姿にアキを重ねてしまい、バンドに戻ってこなかった。颯太の体を使ってカナに再会するアキだったが、やがてに颯太自身がカナに引かれはじめていることに気づく……。

 映画「東京喰種 トーキョーグール」の萩原健太郎さんが監督を務め、映画「君と100回目の恋」、ドラマ「忘却のサチコ」などの大島里美さんが脚本を担当する。

映画「サヨナラまでの30分」のあらすじ