サヨナラまでの30分 ニュース

<完成披露>新田真剣佑「まっけんになりたい」男性陣からのラブコールにキメ顔で応戦

映画「サヨナラまでの30分」の完成披露試写会に登場した北村匠海さん(左)と新田真剣佑さん
映画「サヨナラまでの30分」の完成披露試写会に登場した北村匠海さん(左)と新田真剣佑さん

 俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんが12月2日、東京都内で行われたダブル主演を務めた映画「サヨナラまでの30分」(萩原健太郎監督、2020年1月24日公開)の完成披露試写会に出席した。映画の設定にちなみ、司会から「30分、誰かと入れ替われるとしたら、誰と入れ替わりたい?」と投げかけられると、「まっけん」との回答が続出。北村さんも「みんな、(新田さんに)なってみたいですよ」と語るなか、新田さんはキメ顔を披露して会場を笑わせた。

 映画は、メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」のボーカルで、1年前にこの世を去ったアキ(新田さん)が遺したカセットテープを、人と関わることが苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村さん)がたまたま拾ったことから始まる物語。出会うはずのなかった2人だが、テープが再生される30分だけ、颯太とアキは入れ替わり一つの体を共有でき、颯太の体を借りたアキは「ECHOLL」のメンバーに再結成を迫る……というストーリー。イベントには、久保田紗友さん、葉山奨之さん、上杉柊平さん、清原翔さん、萩原監督も出席した。

 葉山さんは「まっけん。このビジュアルさえあれば、渋谷とか歩いてキャーキャー言われる。30分でいいから、まっけんになってみたい。大モテを経験してみたい」と“入れ替わりたい人”として新田さんの名前を上げ、北村さんも「勝手に握手会とかしちゃっていいと思う! 写真、いっぱい撮ろう!」とノリノリ。清原さんも「まっけん」と答え、「胸を触らせてもらったら、ムキムキ」と新田さんの肉体美に驚いていた。すると萩原監督も「僕もまっけん」と笑い、「まっけんが普段しないような変な顔をして歩いてみたい。それでもきっとキャーキャー言われる」と語っていた。

 新田さん自身は「2020年、オリンピックじゃないですか!」と声を上げ、「100メートル走を走り終わって、1位を獲ったあとのその人!」と金メダルを獲得した選手と入れ替わり、「取材とかでありがとうございましたって(言いたい)。気持ちいいだろうね」と楽しそうに憧れを明かしていた。

映画「サヨナラまでの30分」予告編公開 牧瀬里穂&筒井道隆の出演も明らかに

公開された映画「サヨナラまでの30分」のポスタービジュアル (C)2020「サヨナラまでの30分」製作委員会
公開された映画「サヨナラまでの30分」のポスタービジュアル (C)2020「サヨナラまでの30分」製作委員会

 俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」(萩原健太郎監督、2020年1月24日公開)の予告編映像とポスタービジュアルが11月19日、公開された。「この世界からいなくなったアイツが、僕たちの世界を変えたんだ」という北村さん演じる颯太のナレーションから始まる映像では、新田さん演じるアキと颯太、アキの恋人、カナ(久保田紗友さん)の切ない三角関係が描かれている。

 人付き合いが苦手な颯太は、1年前に死んだミュージシャンのアキが残したカセットテープを拾ったことから、アキの姿が見えるようになる。カセットテープが再生される30分だけ颯太とアキは体を共有できるようになったことから、アキは、かつて所属していたバンド「ECHOLL(エコール)」の再結成と、元メンバーで恋人だったカナの笑顔を取り戻すために、颯太の体を借りて行動していく。

 最初は戸惑いつつも、やがて颯太を受け入れ始めるかつての仲間たち。しかし、アキがいなくなって音楽をやめたカナだけは、颯太が歌う姿にアキを重ねてしまい、バンドに戻ってこなかった。颯太の体を使ってカナに再会するアキだったが、やがてに颯太自身がカナに引かれはじめていることに気づく……。予告編では、劇中バンドの「ECHOLL」によるリード曲「瞬間(sayonara ver.)」に加え、もう一つのリード曲で、アキと颯太が歌う「もう二度と」も解禁されている。

 さらに、牧瀬里穂さんがカナに明るく寄り添う母・村瀬しのぶを演じるほか、就活に苦戦する颯太を見守り、そっと背中を押す父・窪田修一役で筒井道隆さん、「ECHOLL」を応援し、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役で松重豊さんの出演も明かされた。

(C)2020「サヨナラまでの30分」製作委員会
(C)2020「サヨナラまでの30分」製作委員会
出典:YouTube

「サヨナラまでの30分」感動の“音楽フェス”シーン舞台裏

新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」の“音楽フェス”シーンの撮影の様子(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」の“音楽フェス”シーンの撮影の様子(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」(萩原健太郎監督)の“音楽フェス”シーンの撮影が今年夏、長野県松本市のアルプス公園で3日間かけ行われた。実在する音楽フェス「りんご音楽祭」とコラボし、総勢600人のエキストラが参加。新田さん、北村さんに加え、葉山奨之さん、上杉柊平さん、清原翔さん、久保田紗友さんのバンドメンバーは演奏を何度も繰り返したといい、萩原監督は「演奏シーンが圧巻で、それぞれが本気で努力し、自分自身を乗り越えてくれました。映画を通してどんどん魅力的に成長していくみんなの姿には本気で感動しました。ぜひ劇場で見ていただきたいです」と自信をのぞかせている。

 映画は、メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」のボーカルで、1年前にこの世を去ったアキ(新田さん)が遺したカセットテープを、人と関わることが苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村さん)がたまたま拾ったことから始まる物語。出会うはずのなかった2人だが、テープが再生される30分だけ、颯太とアキは入れ替わり一つの体を共有でき、颯太の体を借りたアキは「ECHOLL」のメンバーに再結成を迫る……というストーリー。

 新田さんと北村さんがボーカルとギターを担当し、ギターを葉山さん、ドラムを上杉さん、ベースを清原さん、ピアノを久保田さんが演奏。それぞれがクランクイン前に楽器を猛特訓し、撮影前には東京・下北沢のスタジオに全員で集まって練習し、役柄同様に絆を深めたという。

 “音楽フェス”シーンは、シンガー・ソングライターの米津玄師さんの大ヒット曲「Lemon」のミュージックビデオなどで知られる今村圭佑さんが撮影。全体像だけでなく、新田さん、北村さん、久保田さん、葉山さん、上杉さん、清原さんの演奏する手元や表情も追い、キャスト陣のきらめく瞬間をカメラに収めた。

 特に新田さん、北村さんの繊細な表情、力強い目、歌声が印象的で、萩原監督の「カット!」がかかるたびに、スタッフから「グッときた」「鳥肌が立った」といった声が上がるなど、キャスト陣が本気で挑んだフェスシーンは、躍動感にあふれ、感動的なシーンに仕上がった。

 井手陽子プロデューサーも「印象的だったのは、観客役として集まってくださった多くのエキストラを前にしたときの、ステージに立った俳優たちの変化でした。緊張感がありながらも、自由に、そして、とても楽しそうに演奏する姿は、それまでスタジオで練習していた時よりも、各段に熱を帯びたものでした。何度も同じ演奏を繰り返し撮影していたにもかかわらず、途切れない集中力の高さ、繰り返せば繰り返すほど、その短い時間の中で、さらに上達していくさまに感動すら覚えました」と振り返っている。

(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

映画「サヨナラまでの30分」特報映像公開 楽器を演奏するシーンも

映画「サヨナラまでの30分」のティザービジュアル(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
映画「サヨナラまでの30分」のティザービジュアル(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」(萩原健太郎監督)の特報映像が10月8日、公開された。映像では、1年前に命を落とした明るく物おじしない前向きな性格のアキ(新田さん)と、人と接することが苦手で引っ込み思案の颯太(北村さん)を紹介するカットのほか、共同生活を始めたアキと颯太が入れ替わる瞬間、アキが、かつて所属していたバンド「ECHOLL」のメンバーのカナ(久保田紗友さん)、ヤマケン(葉山奨之さん)、重田(上杉柊平さん)、森(清原翔さん)と楽器を演奏するシーン、颯太がギターを弾く姿なども収められている。

 映画は、ある日、人と関わることが苦手な颯太は、アキが作ったカセットテープを拾う。そのカセットテープが再生されている30分間、颯太とアキは入れ替わり一つの体を共有する。そんな中、颯太の体を借りたアキが、かつて所属していたバンド「ECHOLL」のメンバーのヤマケン、重田、森、カナに再結成を迫る。やがて、1人で音楽をしていた颯太は、アキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知っていく……という展開。

 特報映像と同時に、ティザービジュアルと2020年1月4日に公開されることも発表された。ティザービジュアルには表と裏面があり、表面は、新田さんと北村さんがプールサイドを隔てて座ったビジュアルで、新田さんにはアキの「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」、北村さんには颯太の「大っ嫌いです、あなたみたいな人。」という劇中のせりふがキャッチコピーとして添えられている。裏面は、登場人物たちが肩を組んだ仲良しカットになっている。

(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
出典:YouTube

久保田紗友、注目の若手女優が新田真剣佑、北村匠海と特殊な三角関係 映画「サヨナラまでの30分」ヒロインに

映画「サヨナラまでの30分」でヒロインを演じる久保田紗友さん (C)2020『サヨナラまでの 30 分』製作委員会
映画「サヨナラまでの30分」でヒロインを演じる久保田紗友さん (C)2020『サヨナラまでの 30 分』製作委員会

 NHK連続テレビ小説の「べっぴんさん」や、「過保護のカホコ」(日本テレビ系)などに出演した注目の若手女優、久保田紗友さんが、俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」(萩原健太郎監督、2020年1月公開)のヒロイン・村瀬カナを演じる。映画では久保田さん、新田さん、北村さんによる、特殊な三角関係が描かれるという。

 久保田さん演じるカナはアキ(新田さん)の生前のバンドメンバーで、恋人という設定。久保田さんは劇中で、ピアノ演奏を披露している。

 ◇久保田紗友さんのコメント

 村瀬カナ役を務めさせていただくことになりました久保田紗友です。撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年ほど常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました。

 カナは真っすぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました。見てくださる皆さんの心にも残る作品になると思いますので、ぜひたくさんの方に届いてほしいです。

新田真剣佑&北村匠海がW主演 映画「サヨナラまでの30分」製作 2人が入れ替わる青春ラブストーリー

映画「サヨナラまでの30分」でダブル主演する新田真剣佑さん(左)と北村匠海さん (C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
映画「サヨナラまでの30分」でダブル主演する新田真剣佑さん(左)と北村匠海さん (C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 俳優の新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」が製作され、2020年の正月第2弾映画として公開されることが7月2日、明らかになった。

 新田さんが1年前に死んだバンドミュージシャンのアキ、北村さんがアキとは正反対の性格で人と関わることが苦手な大学生・颯太をそれぞれ演じる。ある日、颯太はアキがのこしたカセットテープを拾う。そのカセットテープが再生される30分間だけ、アキは颯太の体を借りることができ、恋人やバンド仲間に会いに行く……という展開の青春ラブストーリー。映画で新田さんは歌唱とギター演奏、北村さんは歌唱とピアノ演奏を披露する。

 映画「東京喰種 トーキョーグール」の萩原健太郎さんが監督を務め、映画「君と100回目の恋」、ドラマ「忘却のサチコ」などの大島里美さんが脚本を担当する。

 ◇萩原健太郎監督のコメント

 この映画はおかしくも切ない青春映画であり、“存在”の話でもあります。人はいつしか必ず死を迎えるけれど、過ぎてゆく時間の中でその“存在”はこの世界に残り続けることができるのか? それとも誰かに“上書き”されて消えてしまうのか? 死からよみがえったアキと、他者との関わりを絶って生きて来た颯太は、音楽という表現を通して自らの“存在”を人々の心に響かせようとします。才能あふれるアーティストの皆さんが提供してくれたカッコよすぎる楽曲の数々を、新田真剣佑、北村匠海をはじめとする才能あふれる若い俳優たちが全身全霊で奏でる。そんな彼らの姿を通して、この映画が1人でも多くの人とつながれるよう、スタッフキャスト一丸となって撮影に臨みます。公開を楽しみにしていてください。

 ◇井手陽子プロデューサーのコメント

 どんな役柄でも圧倒的な存在感を放ち、目が離せなくなる新田真剣佑さん。役柄に応じた繊細な表情が、いつも見る者の心を掴(つか)む北村匠海さん。同世代で活躍する、全く異なる魅力を持つ二人にこそ、対照的なキャラクターであるアキと颯太を演じてもらいたいと思いました。これまでにも共演経験があるからこそ、二人を真正面からぶつけたとき、一体どんな化学反応が生まれるのか? 気心の知れた仲にしか作れない空気感をとことん突き詰めたとき、今まで見たことのない共鳴が起きるのでは?と、今からワクワクが止まりません。間違いなく、新しい時代を背負っていく若手俳優二人の、今この瞬間にしか見ることができない輝きが、演技や歌、演奏でも見られることを楽しみにしています。